FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2019 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 09

【書籍:歴史】 瀬島龍三 -参謀の昭和史

【評価】★★★★☆

sejima_ryuzou_shouwa.jpg
著者:保阪正康
出版:文藝春秋


【小説「不毛地帯」のモデル】

山崎豊子氏の小説「不毛地帯」の読後、いくつか(と言ってもこれが2冊目ですが)、「不毛地帯」の主人公のモデルとなったと言われる瀬島龍三氏について書いた本を読みましたが、本書が一番(2冊しか読んでなくて一番って、どうかと思いますが)面白かったです。

太平洋戦争時、陸軍の参謀を務め、数々の作戦に関与し、その後、11年間のシベリア抑留生活を経て日本に帰国、伊藤忠商事に入り、あっという間に会長にまで上り詰め、その後、中曽根内閣の元で、政府の行財政改革に裏表で大きな役割を果たしたという人物。

本書は、瀬島龍三氏に対して批判的なスタンスで書かれた本ですが、小説「不毛地帯」とも照らし合わせながら読むと、小説の軌跡とも合致する点も多く、小説の裏話的作品(そういう意味合いの本ではないのですが)としても楽しめます。



【戦後の昭和史】

本書は、戦後、公的な立場で大きな役割を果たした瀬島龍三氏が、自身に戦中・戦後の体験を明らかにせず、歴史を振り返り反省するという姿勢を全く見せないという点に対し、強い批判を行っています。

「歴史は勝者が作るのではなく、記録を多く残した者が作る」というのが真相ではないかなぁと私は思っているのですが、その点から言うと、瀬島龍三氏が、自身の体験を明らかにせず、不確かなことを述べてしまう(というのは本書の主張するところなので、本当にそうなのかは知りませんが)という点については、例え、自身に不都合な情報であろうと、歴史を作るとか関与する折角の機会を放棄してしまうことになり、もったいないとも思います。

そういう状況下で、本書は、瀬島龍三氏への取材はもちろん、周辺の関係者への取材も通じながら、瀬島龍三氏の半生を明らかにすることで、瀬島龍三氏を通じた戦後の昭和史が明らかにされています。

戦後、政治も行政も民主主義というシステムが未熟で、それこそ、戦闘機調達においては、裏側で激しくダーティーな工作が応酬されたり(このあたり、小説「不毛地帯」を読むのが一番わかりやすい気がします)、防衛庁の機密情報が簡単に外部に流出したりと、現在の状況と比べると、政治・行政のシステムが非常に脆弱で成長(?)の過渡期だったんだなぁということがよくわかります。



【台湾沖航空戦】

本書で、個人的に面白かったのは、敗戦濃色の時期に起きた「台湾沖航空戦」を巡る話。
「大本営発表」という言葉は、誇大な成果を発表することで、真実とは全く逆のことを宣伝することの例えとしてよく使われますが、「台湾沖航空戦」においても、「大本営発表」がなされます。

てっきり、国民の戦意喪失を避けるため、「台湾沖航空戦」においても、誇大な戦果が発表されたのかと思ったのですが、そうではなく、現場の戦果確認の不正確さにより、大本営事態が、台湾沖航空戦は、真珠湾攻撃以上の大戦果を得たと誤信してしまったとのこと。

この誤った戦果に基づいて、作戦が変更されたため、日本軍は思わぬ深手を負うことになるという、なかなか笑えない話につながっていきます。

「台湾沖航空戦」の戦果について疑念を抱いた人物もおり、現地から、戦果は誇大報告の可能性大といった電報が打たれますが、瀬島龍三氏が電報を握りつぶしてしまったといった話に触れられています。

電報握りつぶし事件について、本書では強く批判がされていますが、大戦果に沸き返っている大本営の中で、「戦果は誤報」なる電報が一本投げ込まれたところで、何ら変わらなかったのではないかという気もします。
むしろ、電報握りつぶしは、一方に傾くと軌道修正が効かない組織の実態こそを表しているようにも思われました。

台湾沖航空戦のエピソードは、これまで色々と太平洋戦争にまつわる本を読んできた中で初めて聞いた話で(もしかしたら、読んだ本の中にはそういったことが書かれていたのかもしれませんが、記憶には残っていなかった)、むしろ、瀬島龍三氏のエピソードを通じて、「信じたいことを信じてしまう」組織の弱さというのが、むしろ印象的で、非常に貴重な話でした。



===========================
【『瀬島龍三』より】
太平洋戦争は佐官クラスによって引き起こされ、彼らによって負けた、といわれるのはこうした専権的態度をあらわしている。

(書き出し)
昭和史を巨視的に眺めた場合、昭和56年の春から58年春にかけての二年間は、あるひとつの政治機関が威をふるったきわめて特異な時代ということができるのではなかろうか。

(結び)
その昭和史をいつまでも語らないのはなぜだろう、と、私は瀬島の柔和に見える顔を凝視しながら考えつづけていた。
===========================


関連記事
[ 2019/08/14 00:39 ] 歴史 | TrackBack(0) | Comment(0)

【洋画:ホラー】 プリースト

【評価】★★★☆☆

priest_mov.jpg
2011年/アメリカ
監督:スコット・スチュワート
主演:ポール・ベタニー

ヴァンパイアと人間の戦いを描いた作品。妻に、「また、厨二病だ」と言われるのを覚悟でのレンタルです(笑)。

【ストーリー】
==========================
ヴァンパイアと人間が殺し合いを続ける世界。
長い戦いの歴史の中、人間は、プリーストと呼ばれる強力な戦士を生み出し、ヴァンパイアを圧倒。敗北したヴァンパイアは、いくつかの居留区に閉じ込められるが、長い戦いによる大地の荒廃で、人間も壁に囲まれた都市へと引きこもり、貧しい人々のみが荒廃した土地に残って生活する姿となってしまった。
そのような中、荒廃した大地に住む人々がヴァンパイアに襲撃される事件が発生。
プリーストである主人公は、さらわれた人を救うため、襲撃を行ったヴァンパイアの追跡を開始する。追跡の過程で、居留区を脱出したヴァンパイアが一大勢力を築いていることが判明、更には、元プリーストが強力なヴァンパイアに変化し裏で糸を引いていることも判明する。死闘の末、元プリーストを倒すことには成功するが、ヴァンパイアの女王は取り逃がしてしまい、ヴァンパイアと人間の戦争の幕開けが予感されるのだった(完)。
==========================



【技術力軽視の設定なのか】

映像が「ブレードランナー」っぽい近未来感があって結構良かったです。

ヴァンパイアと人間の戦いを描く作品ですが、ヴァンパイア、プリースト、人間の技術力(武器)の力関係が適当で、強さ関係は、プリースト>ヴァンパイア>武装した人間という、目覚ましい武器・技術力も、鍛え抜かれた人間(=プリースト)やヴァンパイアには敵わないという、なんだかドラゴンボール的世界観が、どうも納得いかないなぁなんて思ってしまいます。

人間がどんなに技術力を高めても、技術力を持たないヴァンパイアには勝てないって、一体どういうことなのかと・・、技術力を信奉する現代人としては大いに納得いかない話なのであります(笑)。



【人間+ヴァンパイア】

映画では、いったん、人間に屈服したヴァンパイアが、密かに勢力を蓄積し反旗を翻し、その勢力に主人公が戦いを挑むという設定。

ヴァンパイアが、エイリアンを劣化させたような獣チックな姿で、ちょっと残念ではあります。単に凶暴な獣といった風情で、人間の脅威となる存在としては、ちと物足りないかなぁ。

他方で、今回の映画の黒幕となったのは、主人公の元同僚で、主人公のミス(?)でヴァンパイアの巣の中に落っこちて餌食となって死んでしまったと思われていた元プリースト。
ヴァンパイアの餌食となったのですが、神の奇跡(?)で、ヴァンパイアの長所と人間の長所の両方を兼ね備えた存在になっていたのでした。

人間の知性を持ち合わせつつ、ヴァンパイアの超人的パワーを持ち、太陽に対してもへっちゃら・・・って、ほぼ完ぺきな存在じゃないですか。
むしろ、人間でいるより、「人間ヴァンパイア」(元プリーストは、自分のことをこんなダサいネーミングをしておりました(笑))になりたいって。

というか、「人間ヴァンパイア」の存在って、人間とヴァンパイアの種族間の平和をもたらすカギになりそうな気がしますが。



【続編に続くとなるか・・・?】

とは言いつつ、「人間ヴァンパイア」が誕生したので、人間とヴァンパイアの間に平和が訪れましたでは、話が成り立たないので、「人間ヴァンパイア」はヴァンパイアの側に立って、人類打倒の旗振り役になるわけです。

結果的には、主人公が人間ヴァンパイアを倒してしまうのですが、人間ヴァンパイアが担ぎ出した女王ヴァンパイアは取り逃がし、なんとなく、次回に続く的な終わり方となります。

明らかに超最強の人間ヴァンパイアがあっさり倒されて、強さ的にはかなり落ちる女王ヴァンパイアが逃げたからとて、うまく続編につなげられるかなぁ・・・。

関連記事

【邦画:ヒューマン系】 南極料理人(映画)

【評価】★★★★☆

nankyoku_cook_mov.jpg
2009年/日本
監督:冲田修一
主演:堺雅人

読んだ本の映画化作品を観てみようシリーズということで、今回は、「南極料理人」をチョイス。この手の作品、映画化難しそうですが、出来栄えは如何?

【ストーリー】
=========================
南極の日本基地に、料理人として派遣された主人公。
南極の基地は、様々な役割を担う濃い男たちが集う男集団のむさい場所であった。
日本から遠く離れた場所で隔離生活を8名の男が送るため、日々トラブルや軋轢が生じるのも当たり前だが、その中で、主人公は、日々の食事に工夫を凝らしながら、男ばかりの集団に憩いを与えるのだった。
中には、南極の生活にうんざりし、気力を失う隊員もいたが、ぶつかり合いながら乗り切り、皆、無事に日本に帰還するのだった(完)。
=========================



【むさくるしく暑苦しい集団】

本作、何か具体的なストーリーがあるわけではないですが、中年の男だけの集団(むさくるしい(笑)が、隔離された過酷な環境下で、むさくるしくも暑苦しい(同じだ!)生活を過ごす姿を描いた作品です。

過酷な環境下とは、南極基地のことですが、主人公は、その中で、料理人として基地に派遣され、毎日、8名のメンバーの料理作りにいそしみます。



【車両担当者のぼやき】

南極基地には、極地研究のために派遣された研究者もいれば、基地の日常機能を維持するために派遣された人もいます。
主人公は、料理人ですから、日常機能を維持する役割でありますが、同じような役割の人として、基地の車両をメンテナンスするため自動車メーカーから派遣された人がいます。

この人が、「なんだって、南極なんかに派遣されなきゃなんないんだろう。左遷も左遷、大左遷だよ。早く日本に帰りてぇ~」とぼやき、映画後半では、メンタル的にやられて部屋に閉じこもってしまうシーンも出てきます。

確かに、自動車メーカーに勤めていて、南極派遣じゃ、目的意識とか使命感とか感じづらいかもしれないなぁと思います。

南極基地にとっては重要かつ必要な仕事ではあるものの、自動車メーカーからすると重要とは思えないミッションであり、自動車メーカーの立場から物を考えると、やる気も失せてしまうよなぁと、見ていてちょっと同情してしまいました。



【南極赴任を命じられたら】

本作を見ていて思ったことは、仮に会社から南極赴任を命じられたら(絶対ない設定ではありますが・・)、どうするかなぁということ。
珍しい場所に行けるのは面白そうなので、行こうという気持ちになると思いますが、赴任期間2年とか3年は、相当長いだろうなぁ・・・。
3ヶ月くらいなら喜んで行くと思うのですが、南極基地に派遣される人は2年とか3年派遣されていて、面白そうだけでは、なかなか覚悟はつかないだろうなと。

映画で、主人公が南極派遣が決まり、主人公の家族が、「こんな遠くにいくんだ(爆笑)」といったシーンが出てきましたが、うちの家族も同じような反応しそうだなぁと思いながら見ていました。
とりあえず、笑っちゃうしかない、という反応というか。

南極から無事帰還し、日本で数か月日常生活を送ると、「果たして、南極に行っていたというのは事実だったんだろうか」と思ってしまうほど、南極での苦労や体験が薄れてしまう主人公の実感も、非常にリアルに感じました。

南極、行ってみたい!・・・かなぁ(笑)。


関連記事

【書籍:ルポ】 怪しいアジアの歩き方 ―怒号と波乱の人間不信紀行

【評価】★★☆☆☆

ajia_walking.jpg
著者:クローン黒沢、ポッチン下条
出版:KKベストセラーズ



【下世話な旅行記】

前回読んだ著者の旅行記と同様、下世話な旅行記。
半分くらいは、風俗、売春に関する話題のような(苦笑)・・・・。
サブタイトルに「人間不信紀行」とあるだけに、旅行先の国の悪口です(笑)。



【「深夜特急」裏バージョン?】

人間不信に陥るような現地での体験談が、短いエピソードとして書き連ねてあり、全体的に断片的な話を集めたような作品。
この断片的なエピソードを上手く関連付けて、一つのストーリーとして作品にすることができると、沢木耕太郎氏の名著「深夜特急」の裏バージョン的な作品になりそうな気もします。
あくまでも裏バージョンですが(笑)。



【格安旅館に現地日本料理店】

風俗以外には、旅館や食堂にまつわるエピソードもあり、断片的ながら興味深い話も結構あります。
宿泊情報として、超格安ゲストハウスの話が結構、載っていますが、夜中隣の部屋から猛烈な男の叫び声が聞こえ続けて眠ることすらできなくて、後で事情を聞いたら、食中毒で七転八倒していたイタリア人旅行客の苦痛の声だったとか、どうでもいい話でありながら、なかなか体験できないような話も載っており、興味深いのでした(・・・興味深いか(笑)?)

食堂の話も、この本を読む限り、アジアの日本料理店は、安くてまずい料理店か、高いけどやっぱりまずい料理店の2つしかないような錯覚を受けます。

まぁ、外国まで行って、わざわざ日本料理を食べなくてもと思うわけで、アジアで日本料理を求めることが間違っているのではないかなぁとも思うわけです。



================================
【『怪しいアジアの歩き方』より】
バングラデシュは純然たるイスラム国家であり、インドに見られるようなカースト制度による階級差別は表向き存在しないことになっているが、人口に対してあまりにも仕事の数が少なすぎるため、この貧弱ヒゲ男のように「コピーを取るだけのカースト」的な、数多く存在するようである。

(書き出し)
楽しくもあり、不安でもある海外旅行。

(結び)
ここまでコケにされても、男たちはイエローの看板に下半身を熱くたぎらせてしまうのだった。
================================


関連記事

【書籍:ルポ】 怪しいアジアの怪しい人々 -怒濤のアジアに沈んだヤツら

【評価】★★☆☆☆

ajia_ayashii.jpg
著者:クローン黒沢
出版:KKベストセラーズ


【ゴシップ週刊誌の記事】

カンボジアやベトナムの売春地帯にはまり込んでしまった日本人とか、アジアで日本人食堂を開いたものの、珍妙な客に四苦八苦させられる日本人やら、事件を起こして逮捕された日本人など、ディープな人々を取材してまとめた作品。

すごーく、興味深い話なのですが、如何せん、話を盛りに盛り、過激になるように印象、表現を操作の上、低俗、偽悪的表現のてんこ盛りなので、ゴシップ週刊誌の無責任記事をまとめた感じになっているのが残念。



【人探しにテレビCM】

最初の話は、カンボジアの売春宿から身請けした少女(身請けの代金は、日本円で15~20万円くらい)が逃げてしまったので、少女を探すため、新聞やテレビで人探しの広告やCMを打ったという青年の顛末。

なんとまぁ、すごい話だなと思うわけですが、新聞やテレビCMに人探しの広告を出したり、カンボジアからベトナムに少女を捜し歩いたりしても、かかった経費は100万円くらいで、想像以上に、物価安いなぁというのがこの話の一番の驚きポイントでした。

日本でこんなことやったら、桁が一桁か二桁違うよなぁ・・・と思うわけで。
アジアは物価が安いせいか、無茶やる日本人、多いんでしょうか・・・。



【中国てなもんや商社なのか?】

その他、面白かったのは、著者が関わった会社の話で、スーパーファミコンのソフトを違法コピーする機械をアジアで見つけて、国内に輸入し販売したところ大儲けするが、任天堂から警告されることになる・・・といったエピソード。

同業他社から嫌がらせのイタズラ電話が大量にかかってきたり、輸入した機械の作り方が雑過ぎて10台に1台しか動かないと言った、「中国てなもんや商社」的なエピソードもあり、違法な仕事という点に目をつぶれば非常に面白い展開。

しかし、やっぱり、ゴシップ雑誌記事レベルのせいか、任天堂から警告を受けたというところで話は終了・・・その先が面白い展開のはずなのに、なぜ、そこで話を終わりにする・・・。

週刊誌の記事的な、中途半端で終わってしまう内容も多く、全般的に取材不足だったり、話としてまとめようという意思にかけるような本でした・・・。
題材は面白そうなだけに、きちんと作品に仕上げれば、かなり面白い作品になるだろうに、とても残念。



==============================
【『怪しいアジアの怪しい人々』より】
「地球の歩き方」風に書けば、近づかないほうがいい店ナンバーワンだ。

(書き出し)
東南アジアには我々の想像を絶するレベルで、カネに異常なほど執念を燃やす人々が数えきれないほど生息している。

(結び)
会っていきなり慣れ慣れしい奴も最低だが、あまり奥ゆかしいのも考えものである。
==============================

関連記事
[ 2019/08/02 16:31 ] その他ルポ | TrackBack(0) | Comment(0)
ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
168位
[サブジャンル]: レビュー
82位
カレンダー