FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2019 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 09

【洋画:伝記】 完全なるチェックメイト

【評価】★★★☆☆

perfect_checmait.jpg
2014年/アメリカ
監督:エドワード・ズウィック
主演:トビー・マグワイア


天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーを描いた作品。
ボビー・フィッシャーについては、以前、ドキュメンタリー映画「ボビー・フィッシャー 世界と闘った男」を見ていたこともあり、この映画も気になっていたところ。ようやくのレンタルです。

【ストーリー】
====================

1960年代のアメリカ。
ボビー・フィッシャーは、小さな頃からチェスに熱中し、チェスの差し手として抜きん出た存在だった。
また、集中すると、チェスのことしか頭になくなり、奇行も目立ったが、15歳にして、アメリカのチェス王者になる。
その後、ヨーロッパ各国の王者なども打ち破り、注目を浴びる存在になるが、一方で、奇行や過激な言動も目立つようになり、様々な意味で注目を集める存在だった。
当時、チェスは、ソ連が断トツの強さを誇り、世界王者はソ連のスパスキーが君臨していたが、1972年、ついにフィッシャーは、王者スパスキーと王者の座を賭けて対戦する機会が巡ってくる。勝負は24番勝負であったが、当初、大局を拒否するなど騒ぎを起こすものの、最終的には、勝ち越し、世界王者になるのだった(完)。

====================



【フィッシャーの天才性を描いた作品】


以前観た、ボビー・フィッシャーのドキュメンタリー映画「ボビー・フィッシャー 世界と闘う男」では、ずば抜けた才能と表裏一体のように、精神不安を抱えていて、奇行や衝動的な行動の末、優れた才能を長く活用することができずに、没落するような形で死んでしまう姿が描かれていましたが、本作では、フィシャーの後半生のダーク面は描かれず、フィッシャーの人生の頂点とも言える、世界王者獲得までが描かれています。

その意味では、フィッシャーの天才性に着目した作品と言えます。



【奇行ぶりはボクサーに近いか・・・】


最近、日本では、将棋界で、中学生の藤井四段が注目を浴びていますが、多少、変ったところがあるようにも思えるものの、テレビや報道で知る限りは、予想の範囲内の変人ぶりという印象でしょうか。
大して、フィッシャーの方は、子供のこそ、チェスへの集中度合いが凄まじいという意味での変人ぶりはあったものの、大人になるにつれ、全てにおいて気まぐれで、予想外、理解不能な部分が目立ち始め、奇人がたまたまチェスの才能があった、そんな印象となってきます。

フィッシャーの奇人ぶりは、日本の棋士なんかにはなかなか見受けられない凄まじさがあります。

ビッグマウスだったり、周りを意に介さない奔放ぶりというのは、どことなく、ボクサーをほうふつとさせるような・・・。
凄まじい闘争心があるという点では、ボクサーに近いタイプなのかもしれません。



【ラストは奇行に重きを置く描き方】


映画は、フィッシャーの奇行振りと、天才性を織り交ぜながら描かれていきます。
子供の頃は、チェス一筋のようなイメージでしたが、大人になるにつれ、チェス以外の何かを求めているようでもあり、純粋さが失われつつあるところが、何とも寂しいような、何かもったいないような印象をフィッシャーから受けるのでした。

映画のクライマックスでは、世界王者のスパスキーと、世界王者の座を賭けて24番勝負が繰り広げられます。
・・・24番勝負って、長すぎじゃない?、と思うところですが、その長すぎる勝負で勝ち越しを決め、見事、世界王者の栄冠をフィッシャーを勝ち取ります。

しかし、映画では、試合の白熱振りよりは、試合を巡る奇行に重きを置くような描かれ方で、天才性にもう少し比重を置いた描き方をしても良かったのではと思いました。

しかも、24番勝負、描くには長すぎると思ったのか、最初の2,3番、それも奇行が目立つ対局を取り上げての描き方だったので、ちょっともったいないなぁと思うところでした。

フィッシャー自身は、天才性と異常性の双方を持った人物なので、描き方が難しい人物ではあります。
以前観たドキュメント映画は、天才性と異常性の表裏一体の姿を上手に描いていましたが、本作は、焦点が少し絞りきれてなかったかなという印象もあり、少し期待を外してしまったかなぁと言う結論でした。


【その他のレビューブログ】
「意外と“普通の伝記モノ”で拍子抜けした」なんていう感想がありましたが、チェスから連想する知的スリリングさにちと欠ける印象でしょうか。

三角絞めでつかまえて
https://ameblo.jp/kamiyamaz/entry-12123121729.html

超映画批評
http://movie.maeda-y.com/movie/02047.htm

LUCKY NOW
http://luckynow.pics/kanzennaru-checkmate/

モンキー的映画のススメ
http://www.monkey1119.com/entry/2015/12/26/200506

ただ文句が言いたくて
https://www.tadamonkugaiitakute.com/15051.html

映画ベース
http://eigabase.puroya.jp/movie.php?ID=57199

アマゾン カスタマーレビュー
https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B01DCZHQK6/ref=cm_cr_dp_see_all_summary/356-9569688-6548069?ie=UTF8&reviewerType=all_reviews&showViewpoints=1&sortBy=helpful

スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
168位
[サブジャンル]: レビュー
82位
カレンダー