FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2019 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 09

【書籍:ルポ】 メモリークエスト

【評価】★★★☆☆

memory_quest.jpg
著者:高野秀行
出版:幻冬舎


高野秀行さんが、寄せられた他人の思い出(昔、会ったあの人が今、どうしているのか)を調べるという企画。
高野さんに調べてもらうということで、寄せられた思い出は、ほとんどが海外案件ばかりで、本書では、5件の海外案件で、思い出のあの人探しを敢行しています。

探す案件も、10年前に消息が途絶えてしまった人を、当時の住所や名前、写真くらいの情報で探しに行くというのですから、これでは、ほとんど見つけることは無理だろうと思うわけですが、意外にも5件中4件で、任務達成。
いやはやすごい。
そんじょそこらの興信所より、調査能力高いんじゃないかと思います。

案件によっては、あっさり見つかる案件(現地に到着して1日足らずで発見とか・・・)もあり、国々で情報網やネットワークの疎密度合いなども違って、それらが発見日数に影響するようです。
なお、他人の思い出と言いつつ、1件だけは、高野さん自身の思い出案件が混じっています。
実は、5件の話の中で、高野さん絡みの案件が一番面白かったりするのは、ご愛嬌。

高野さん絡みの案件は、10年前、コンゴ動乱で虐殺から逃れるため国外逃亡をしていたコンゴ人と遭遇し、高野さんは、逃亡を支援するため、そのコンゴ人に手持ちのお金を融通(といっても2,3千円程度・・(笑))してあげたことがあり、そのコンゴ人の現在を調べるというもの。

日本に戻った後も、2回ほどメールでやり取りをしたそうですが、南アフリカから届いたメールを最後に音信不通となっていたことから、まずは、最終消息地の南アフリカに赴いて調査を開始するわけです。

正直、見つからないだろうと思うわけです。何せ、国外脱出(不法出入国)をしている人だから、一ヵ所にはとどまらないだろうし、連絡先も途切れがちでしょうから。
と、そう考えるのが普通だと思うわけですが、なんと高野さん、南アフリカに到着1日にして、そのコンゴ人と連絡を取ることに成功、10年ぶりに再会を果たします。

どうやって、コンゴ人を見つけたのか、そこが一番の謎ですが、これがなかなか驚き。
南アフリカに着いてまず行ったのが、宿泊先の確保。
この宿泊先が、奇遇にもコンゴ人だけで経営されているホテルで、ホテルのコンゴ人従業員にダメ元で、探している人間の名前を伝えたら、数時間後に、探し当ててくれたそうです。

なんでも、コンゴ人同士のネットワークがかなり密に形成され、そのネットワークを通じ、色々な国内外の情勢・情報を伝え合っていて、危急の際にはすぐに行動が取れるようになっているそう。
常に周辺に警戒を怠らない、草食動物の群れのようですな。

このネットワークを使って、探し人を見つけ出せたのだから、日本人ではなかなか想像のつかない社会だなと思うわけです。
ちなみに、探し当てたコンゴ人、社会的に成功していて、観光会社の社長をやっていたというオマケ付き。

高野さんと別れた後、色々と苦労したそうですが(逮捕されたり、難民キャンプ送りにされたり・・・)、コンゴで政変が起き、新しく就任した副大統領と、このコンゴ人の親戚がつながりがあったため、副大統領から、親族一同が様々な支援・恩恵が施され、彼にも、そのおこぼれが回ってきて、今の成功につながったということのようです。

こういう話を聞くと、平和な日本では考えられない社会が、世界には広がっているのだなぁと思うわけです。
そして、そういった社会に、海外に飛び込むことで繋がりを持つことができる高野さんという人間の特殊性にも驚き入る、そんな内容なのでした。


【『メモリークエスト』より】
 
探し物を見つける方策もなく、探し物のやめ方もわからない。何もかもわからない。
「世界の中心で、愛をさけぶ」という小説があるが、「世界の辺境で、途方に暮れる」という感じだ。
 
(書き出し)
大学二年生の夏休みに、だらだらと過ごすのはダメだと思って、親友と二人でなぜかタイに行きました。
 
(結び)
メモリークエストはまだ始まったばかりだ。
 





【その他のレビューブログ】
「なんだかテレビ番組的なノリの企画だなあ。」という感想もありましたが、企画はまさに、探偵ナイトスクープとかの企画物のような印象。
そんな企画であっても、高野さんが実行すると一味もふた味も違った結果になるわけなのです。

THE MUSIC PLANT日記
https://themusicplant.blogspot.jp/2016/10/blog-post_18.html

日々の読書を糧にして-備忘録と駄文感想
http://d.hatena.ne.jp/deku_dec/20130726/1374849106

黒夜行
http://blacknightgo.blog.fc2.com/blog-entry-1750.html

しょ~との ほそボソッ…日記…
http://anonet.blog21.fc2.com/blog-entry-877.html

foggyな読書
http://foggykaoru.exblog.jp/18482610/

アマゾン カスタマーレビュー
https://www.amazon.co.jp/product-reviews/4344417038/ref=cm_cr_dp_see_all_summary/354-0059143-2377138?ie=UTF8&reviewerType=all_reviews&showViewpoints=1&sortBy=helpful

スポンサーサイト



[ 2017/03/01 00:00 ] その他ルポ | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
168位
[サブジャンル]: レビュー
82位
カレンダー