FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2020 031234567891011121314151617181920212223242526272829302020 05

【書籍:歴史】 反逆(全2巻)

【評価】★★★★★

hangyaku.jpg
著者:遠藤周作
出版:講談社文庫


織田信長に対し謀反を起こした荒木村重、明智光秀を軸にして描いた作品。
荒木村重を主軸に置いた作品は、なかなか珍しいかと思いますが、昨年のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」では、主人公の黒田官兵衛と荒木村重が浅からぬ因縁があったため、ドラマでも荒木村重が結構丁寧に描かれていました。

そのため、元々はあまり馴染みのある人物ではなかったのですが、NHKドラマの影響もあって、親近感を持って読むことができました。

また、織田信長は、私が子供の頃、上杉謙信、織田信長から、戦国時代へ興味を持ったため、織田信長は好きな人物の一人だったのですが、更に深く信長の事績や行動を知るにつれ、あまりの残虐さ、非道さが目に付き、嫌いな人物になってしまいました(上杉謙信は子供の頃から変わらず好きなんですけどね)。

本作は、信長の冷酷ぶり、残忍ぶりが際立って描かれていて、私が、信長を嫌いな理由の部分がよく表れていました。
本作の主役として位置づけられている荒木村重も明智光秀も、信長の、他者を人間ではなく、道具か将棋の駒くらいにしか思っていない部分に振り回され、恐怖や屈辱を味合わされ、ついには反逆へと踏み切ることになります。

ただ、面白かったのが、信長を単なる冷血、残虐な人物という側面だけで描くのでなく、正確にはそういった側面でしか描いていないものの、その冷酷さこそが家臣を惹き付ける強力なカリスマになっているという描き方がされている点でした。

信長は、部屋に蜜柑の皮が一片落ちていただけで、その部屋の担当女中を手打ちにしてしまったり、信長が若かりし頃より、苦難の時期も支えてきた老臣を、「能力的に使えなくなった」という理由で、重臣が集まる面座で恥をかかせた上で、領地を召し上げ追放処分にしたり(追放処分をされた老臣が例外的な1人ではなく、何名もいるのだから、凄まじいところです・・・)、敵だけでなく家臣たちにも、凄まじい恐怖政治を敷いています。

荒木村重の場合は、謀反を企てているという噂が流れ、その噂が信長の耳に入ったと知り、信長が敵や裏切った者に対しては容赦のない仕打ちをすることを知っているだけに、容赦のない仕打ちを受けるよりはと叛旗を翻しますし、光秀も領地を召し上げられ、代わりに敵の毛利が支配している地を領地としてあてがわれたことから、信長に弊履の如く捨てられた老臣達と同じ運命を歩むことになるのではと恐れ、謀反を起こす決断を下す、という描かれ方がされています。

まさに、信長の冷酷な面が、味方を敵に追いやったわけですが、他方で、そのような信長に功績を認められることで、強烈な快感や優越感を覚え、その快感に中毒になるが故に、残酷な扱いを受けながらも、信長に認められたいが故に、恐怖政治に恐れおののきながらも、信長に従っていった光秀や村重の姿も描かれています。
その意味では、信長は、ある種のカリスマであったわけです。

村重も光秀も、信長に対して、畏怖や恐れ、憎しみ、その反面、認められたいという憧憬の気持ち、そして、信長に対するコンプレックスや、その過剰なまでの自信に対しての嫉妬など、色々な感情がない交ぜになりながら、徐々に自分自身を失っていく様は、強烈な人間ドラマでした。

なんだか、ワタミのようなブラック企業に入って抜け出せない人を見るようです。
過酷な労働条件に耐えかねて、心身を壊して辞めてしまったり、中には自殺者まで出るという散々たる状況のワタミでしたが、一方で、従業員の団結や結びつきを強めて、体育会系的なのりで、従業員を鼓舞し、それについていける人のみ、優遇して志気を高め、付いて来られない人は切り捨てていく、まさに織田家中は、そんな感じです。

村重も光秀も、そんなブラック企業体質の中で、上を目指し、能力を認められ優遇されつつも、一方で、常に切り捨ての恐怖に煽られているという構図にあったとも言えるわけです。
ブラック企業体質であったワタミやスキ家なんかは、従業員が大量に離脱して失速してしまったわけですが、織田家中も、軒並み離反や謀反が相次ぎ、ピンチに次ぐピンチを迎える状況を見ると、似たような感じ-というか、それを更に強烈にした感じだったのでしょう。

信長は、離反者や裏切り者は全て殺すという、凄惨な手段でピンチを脱していったわけですが、結局、光秀の謀反によりその方法は行き詰まったわけです。
しかも、強烈な手法を用いていただけに、その反動も凄まじく、信長自身が謀反により自決するという結末・・・。

その信長に運命を巻き込まれた人は、その人生を大いに狂わされたわけで、村重は、謀反を起こすものの、鎮圧され、村重の妻子はもちろん、家臣の妻子も磔(はりつけ)で処刑されるという凄惨な結末となります。
村重は落ち延び、毛利方に逃げ、その後は、武士を捨て茶人となるのですが、道糞(どうふん)-道に落ちている犬の糞という意味の強烈な自虐的な名前を自ら名乗り、世の中への希望を絶ったような余生を送ります。

生き延びてすら、人生が壊されたような生き方になってしまうわけですから、信長に運命を巻き込まれた人って、人間自体を破壊されてしまうのかもしれません。

織田信長が強烈な個性と才能の持ち主であったことは確かですが、信長以外の人にとって、信長と関わることが幸せだったのかというと、ほとんどがそうではなかったのではないかという気がします。

村重や光秀の生涯を見ると、信長という強烈な災禍に巻き込まれた人の人生を見るようで、なんだか哀れさを感じます。


【『反逆』より】
 
信長は彼にとって憎しみと恐れ、コンプレックスと嫉妬、そういう複雑な感情を抱かせる相手だった。
 



【その他のレビューブログ】
「「反逆」を読んだ直後は、この小説の主人公たちに感情移入してしまい、信長ってのは許せんなー、と思いながら読んでしまったので、どうしても過激な文章になってしまった感じでしょうか」という感想がありましたが、反逆に追い込まれる荒木村重の悲惨さと対比する形で、織田信長の残虐さ・冷酷さが際立っていて、「信長ってのは許せんな-」という気持ちになるのも、まさにその通りだと感じます。

LEO幸福人生のすすめ
http://ameblo.jp/space-people/entry-11748615552.html

笑うかどには福きたる
http://blog.goo.ne.jp/roommate/e/d4a0544b912bb968a3556c75149a9f8e

なまずの尾っぽ
http://blogs.yahoo.co.jp/namazuoh/26279240.html

My feeling(文学、音楽、思想)
http://vorstellung.at.webry.info/200603/article_11.html

サムライblog
http://samuraiblog.jp/novel1/1101/

アマゾン カスタマーレビュー
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4061850539/ref=cm_cr_dp_see_all_summary?ie=UTF8&showViewpoints=1&sortBy=byRankDescending
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4061850547/ref=cm_cr_dp_see_all_summary?ie=UTF8&showViewpoints=1&sortBy=byRankDescending

スポンサーサイト



[ 2015/02/07 10:37 ] 歴史 | TrackBack(0) | Comment(2)
お久しぶりです。
私も戦国時代に興味を持ったきっかけは織田信長です。
凄いのは認めるけど、そばには居たくないタイプですな^^;

明智光秀は私が子供のころには「裏切り者」「3日天下」という悪名ばかりがイメージとして根付き「実は非常に優秀な人物だった」と世間で認知されたのは最近のような気がします。

そう考えると信長の評価も時代とともに変わっていくかもしれませんね。

私も根本的には信長公を尊敬していますので、そうなってほしいです。

それでも、やっぱり近寄りたくはないですねw
[ 2015/02/09 17:46 ] [ 編集 ]
Pochiさん、お久しぶりです!
戦国時代は、信長を中心に動きましたから、確実に傑出した人物ですが、自分の上司とかだったりすると、怖いですね(笑)。

信長みたいな人物って、日本の歴史上では見かけないタイプですが、スティーブ・ジョブスはどことなく信長に近い感じがするなぁなんて思ったりしています。

光秀も私の子供の頃は裏切り者という悪名だけでしたが近年は評価が色々と出てきていますね。
信長含め、いろんな人物を色んな視点から見られるようになるのは面白いですよね。

[ 2015/02/12 21:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
212位
[サブジャンル]: レビュー
106位
カレンダー