FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09

【書籍:歴史】 宇喜多秀家 -備前物語

【評価】★★★☆☆

ukita_hideie.jpg
著者:津本陽
出版:文春文庫


豊臣秀吉の養子となり、豊臣五大老の一人となった宇喜多秀家を主人公とした作品ですが、実際には、秀家の父、宇喜多直家の話が本書の前半、後半は、秀家の話と言うよりは、秀家が生きた時代、豊臣秀吉を中心とした話になっていて、本書のタイトルはミスマッチという印象でした。

そして、実は一番面白かったのが、秀家の父、直家を描いた前半部分なので、直家を主人公とした作品にしても良かったのではと思いました。

宇喜多直家は、子供の頃に、宇喜多家が、主君の浦上家の懲罰にあい、家が取り潰されてしまいますが、直家が長じた後、浦上家から宇喜多家の再興が許され、その後、浦上家の下で頭角を発揮して、備前(現在の岡山県)で一大勢力にのし上ります。

直家の活躍した時代は、中国地方では、毛利元就が台頭し、大内家を滅ぼし中国地方を制覇しつつあり、毛利元就が尼子家を圧迫、滅ぼそうとしていた時期。そして、元就死後は、毛利家と織田信長の衝突が始まる中で、宇喜多家も生き残りをかけなければいけないという時期を迎える中で、直家は難しい舵取りが求められていました。

先日読んだ「覇道の鷲 毛利元就」では、元就の謀略家っぷりに目を見張りましたが、直家の謀略家っぷりは、元就を上回る凄さ。
ただし、元就が謀略を駆使するも、一定の仁義に筋を通している印象があるのに対し、直家の方は、仁義も何もなく、表裏反復がはなはだしく、全く信用がおけないという印象。
この違いが、同じ謀略家でありながら、元就が中国地方を制覇したのに対して、直家が備前を出ることができず、元就のような大勢力に育たなかった要因のようにも感じました。

直家が、宇喜多家をのし上らせるのに使った主な方法が、暗殺、不意打ち、寝返りといったものばかり。
敵方の将が、衆道(男色)に走っているのに目を付け、美貌の家臣を、敵方の将の衆道相手に送り込み、その家臣に隙を見てその将を暗殺させると言う、ひどくえげつない方法を取ったりします。

また、他家と同盟を結ぶため、他家から嫁を迎えたり、自分の娘を他家に嫁がせたりと、政略結婚が戦国時代では外交手段の一つになっているわけですが、そういった方法で同盟を結んでいても相手の領地や城が欲しくなればお構いなしに裏切って不意を襲ったりすることが何度もあります。
それにより、自分の娘や妻が死んでしまったりするわけですが、乱世の習いだと割り切って省みることのない、かなり非情な性質を持ち合わせています。

元就も政略結婚などを駆使していますが、こちらは、政略結婚で他家を支配下に入れたりと活かす方での謀略に対し、直家の方は、政略結婚で相手を油断させその隙を突いて滅ぼすと言う謀略。
うーん、これでは、味方を増やすこともできないし、信用も得られないので、短期的な利益は得られても、長期的には損ではないかなぁ・・・。

直家は、状況に応じて、毛利に付いたり尼子に付いたりを巧みに行いながら、自家の勢力を拡大し、主家の浦上家も凌ぎ、最後は浦上家を放逐するまでに至ります。
そして、毛利と織田の衝突では、織田方に付き、秀吉と密接な関係を築きますが、毛利と織田の抗争が激化する中で病死してしまいます。

その後の宇喜多家は、直家の妻が秀吉に気に入られ側室のような扱いになったことから、直家と妻の間の子が秀吉の養子として迎えられ、宇喜多家は豊臣政権下で大きく飛躍することになります。
妻を差し出して宇喜多家を大きくするという謀略的な方法で(直家が仕掛けた謀略ではありませんが)、宇喜多家が発展すると言うのも、直家らしい感じです。

直家死後は、子の秀家の話になるわけですが、秀家は、直家と比べると、凄みや器量も見劣りする印象で、豊臣五大老になったとはいえ、正直、あまり見るべき所が少ないなぁと言う印象。

秀家は、秀吉死後、関が原の合戦で、石田三成側に付いて西軍の副大将という立場で戦いますが、西軍の負けにより領地を失ってしまいます。
しかし、東軍の追及を逃れ、島津家に匿われ生き延び、徳川幕府成立後は八丈島に島流しとなり、80歳くらいまでそこで過ごし、生涯を終えます。
関が原の合戦という、人生の転機となる大きなイベントを経験しながらも、その後、80歳くらいまで長寿を全うしたというのも、乱世の人物と言うよりは、治世での人物だったのだなという感じがします。

乱世の梟雄であった父・直家と、その子・秀家のコントラストの違いがくっきりとしていて、親と子でこうも違うのだなという点は非常に面白く感じました。

ちなみに、八丈島に流された宇喜多家は、三代将軍家光の時に赦免されますが、宇喜多家ではそれを断り八丈島に留まり、更に明治維新で誕生した新政府により、再度赦免が行われ、宇喜多家の子孫は八丈島から出て本土に移り住んだのだそうです。
・・・なんて気の長い話だ・・・。


【『宇喜多秀家-備前物語-』より】
 
人には蹴つまずいて転びよるときもあるんじゃ。そげえなときは、下をむいて塞ぎこんでおってはいけん。兵を養うて、また頭をあげりゃあええんじゃ
 



【その他のレビューブログ】
前半の秀家の父、直家の話が魅力的という人が多いようです。

ぱわわぷ日記
http://fuji2000.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-cf0c.html

本と戯れる日々
http://b00000k.blogspot.jp/2014/01/blog-post_24.html

読んだ本のこと
http://blogs.yahoo.co.jp/kbd_right/61031071.html

時代本ファンの読書感想記
http://www.geocities.co.jp/Milkyway/2304/dokusho.html#宇喜多

アモーレと労働法
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/602178/509170/77842729

アマゾン カスタマーレビュー
http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%87%E5%96%9C%E5%A4%9A%E7%A7%80%E5%AE%B6%E2%80%95%E5%82%99%E5%89%8D%E7%89%A9%E8%AA%9E-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%B4%A5%E6%9C%AC-%E9%99%BD/dp/4167314509#cm_cr_dpwidget

スポンサーサイト



[ 2014/09/13 10:46 ] 歴史 | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
154位
[サブジャンル]: レビュー
79位
カレンダー