FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2020 031234567891011121314151617181920212223242526272829302020 05

【書籍:歴史】 決戦の時

【評価】★★★★☆

kessen_toki.jpg
著者:遠藤周作
出版:講談社文庫


織田信長の半生を描いた作品ですが、他の「織田信長」小説と異なるのは、かなり大胆に小説で描く事績を取捨選択している点です。
私が読んだ版は、上下2巻組みのものですが、上巻は、信長が尾張を統一し、桶狭間で今川義元を打ち破る、いわゆる「桶狭間の戦い」までが描かれています。

上巻を読み終わったところで、「本の半分を進んだところで、まだ『桶狭間の戦い』までしか進まないのか!?」とびっくりしましたが、下巻はというと、織田信長と浅井長政の関係に焦点を当て、姉川の戦いから浅井長政滅亡を中心に描かれ、ラストは、信長が武田騎馬隊を鉄砲隊で打ち破る、日本戦史上、もっともよく知られている「長篠の戦い」の直前まで来たところで話は終わります。

要約すれば、前半が、親族との間で、激しい骨肉の争いを生じた時代を、後半が、浅井長政の裏切りにより九死に一生を得る経験をした信長が、浅井長政に対して激しい復讐劇を行う話が中心に描かれています。

今まで、色々と織田信長の生涯を描いた作品は読んできましたが、この描き方はなかなか大胆です。織田信長の生涯をある程度知っていないと、少しついていくのが大変な印象もありましたが、骨肉の争いと、復讐劇の2つに焦点を絞って描いたところに、遠藤周作氏の何か意図するところがあったのだろうと感じます。

前半の話では、父・信秀が死ぬ前までは、一般のイメージでは、あまり想像しづらい明るい快活な性格の信長が描かれています。
しかし、父・信秀が死去し、家督を継いだ信長に対して、親族や家臣が叛旗を翻し、血の繋がった弟までも手にかけなければならないという過酷な運命を経るに従って、冷酷で容赦のない信長像が描かれていきます。

そして、桶狭間の戦いで、奇跡の勝利を手にした信長は、自身の運命に自信を持ち、加速度的に冷酷無慈悲な性格に傾いていくわけです。

信長が、戦国時代の終結の大きな原動力になったのは事実であるものの、裏切り者や敵は容赦せず、残忍なまでの殺戮を行ったこととのバランスを考えると、信長に対してどのような評価を下すべきなのか、非常に悩むところです。

本書では、自分の強い運命を信じ(実際、桶狭間の戦いだけでなく、九死に一生を得ている場面も多いようです)、他方、敵は徹底的に殲滅しなければ自分にその運命が跳ね返ってくるという、非常に深い闇を抱えた信長像が描かれているわけですが、深い闇があったからこそ、これほどの大きな事績が残せたのか、それとも、残した事績と心の深い闇は、全く別のものなのか考えさせられるところです。

異常犯罪などを行う者に、サイコパス(能力は高いものの、社会性の欠如や他者への共感能力に欠けるなど社会規範などに価値観を置かない性格)が多いと言われますが、他方、サイコパスは、社会で成功したり、人を支配する立場につくことも多いという説があります。

信長の異常性格と言ってもよい冷酷無比な行動をみると、今で言う、サイコパスに当てはまるのかなとも思います。
サイコパスとしての部分が、非常に恵まれた運と相まって、信長が大きな事績を残すことの要因になったとすると、少々救われない思いもあります。
社会の変革者は、異常な犯罪者と紙一重、もしくは表裏一体なのだとすると、人間社会の業の深さにもつながっているような感じがします。

本書後半は、浅井長政の滅亡と、長政に嫁いだ信長の妹、お市の悲運が軸となっていますが、長政滅亡後、お市が、落城後、行方知れずの幼い息子の助命を信長に行いますが、長政の息子(お市の息子でもあるわけですが)が生きていると知った信長は、幼い息子の行方を探し出し、あっさり処刑してしまいます。

前半では、弟を、後半では妹の息子(甥ですね)を殺すという、全編に渡って親族を殺すという話でつながっており、小説は、改めて、信長の闇の深さというものを感じさせる構成となっています。

現在なら、信長や戦国時代は遠い昔の話なので、信長の事跡を賞賛したりもできますが、現実問題として、もし、信長が国の指導者層に君臨していたら、かなり大変なことになっていそうです。
まぁ、信長に限らず、支配者層にいる人間は、大なり小なり、信長のようなサイコパスな側面というものがあるのかもしれません。
サイコパスな面の闇が猛威を振るわないように、支配者層・指導者層の行動には細心の注意を払って、よく見ておく必要がありそうです。


【『決戦の時』より】
 
信長は戦いを「見切り肝要」と後に語っている。この場合の見切りとは「好機を逃さず」という意である。
 



【その他のレビューブログ】
「適当にかいつまんでエピソードを紹介した様な小説」という評がありましたが、本書は、かなり意図して、描く場面を取捨選択したようです。

新稀少堂日記
http://ameblo.jp/s-kishodo/entry-10389621386.html

ドライブで珈琲&史跡めぐりへ♪
http://blogs.yahoo.co.jp/zzz_pei_zzz/5191750.html

Bの朋友協奏曲
http://blog.livedoor.jp/kannon0018-v.midori.18/archives/32230681.html

ランズエンド
http://landsend-ko.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-af3e-1.html

My feeling(文学、音楽、思想)
http://vorstellung.at.webry.info/200605/article_2.html

アマゾン カスタマーレビュー
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4062618044/ref=dp_top_cm_cr_acr_txt?ie=UTF8&showViewpoints=1

スポンサーサイト



[ 2014/03/27 00:09 ] 歴史 | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
212位
[サブジャンル]: レビュー
106位
カレンダー