FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2020 031234567891011121314151617181920212223242526272829302020 05

【書籍:ルポ】 実録 ヤクザという生き方

【評価】★★☆☆☆

yakuza_life.jpg
著者:朝倉喬司、溝口敦、山之内幸夫他
出版:宝島社文庫



【鉄砲玉となったヤクザたち】

暴力団関係を取り扱う弁護士、暴力団関係の取材を長年しているライターなど、暴力団の事情に詳しい人たちにより書かれた話を集めた本。
まず、印象に残ったのが弁護士の方によって書かれた鉄砲玉(=ヒットマン)となった暴力団組員の事情を記した話。
いくつかの事例が示されていますが、親分に命令されて対抗組織の幹部を殺すという単純な構図ではなく、自分の価値観を組織の中で示したいがために、ヒットマンに志願するとか、敬愛する兄貴分のために行うとか、その事情は色々。

要すれば、自己顕示、名誉欲、忠誠心、仕事意欲など、一般の人が仕事をする際のインセンティブと類似したものが、ヒットマンとなったヤクザの中にもあり、その仕事内容が人殺しという特異なだけで、後の動機付けは似通っているのだなぁと感じました。

ヤクザも一般人の同じ人間なので、仕事に対する動機付けは共通するものがあるわけで、ついついヤクザという特殊な世界だけに、フィルターをかけて観てしまいがちですが、そのフィルターを外すと、もう少し理解できる部分がありそうです。



【山口組-一和会抗争】

その他、面白かったのは、かなり古い話ですが、山口組と一和会の抗争にまつわる話。
山口組・一和会の抗争は私が子供の頃起きた話で、かなり衝撃的な事件で印象に残っていますが、ヤクザの世界の話なので、起承転結について、あまり理解できていなかった覚えがあります。

本書では、抗争の発端から終結まで整理して書かれていて、山口組の中の問題だけでなく、山口組の分裂を画策していた警察の介入も一因となり、抗争まで発展した経緯が記されています。
・・・国家権力恐るべし。

ただし、山口組の壊滅を警察はもくろみましたが、山口組も踏ん張り、解散、壊滅まではいかずということで、国家権力といえども、ヤクザを全滅させることができず、民間(?)パワーをあなどるなかれ、と言ったところでしょうか。



【波谷守之とは・・・】

それから、暴力団というよりは、任侠と言った方が良さそうですが、波谷守之というヤクザの大物に関するエピソードも興味深いものがありました。
世間の一般常識からすると、立派と称するには、はばかりがありますが、獄中で、弁護士を雇う金がない受刑者に大金を渡し助け、その人が波谷氏に対し、不実な行いをしたにも関わらず、お金を渡したことすらすっかり忘れてしまい、とがめ立てすらしないといった話がいくつか記されています。

人から受けた恩は決して忘れず、人に施した恩は忘れ去るようにする-古代の任侠の徒にありそうな行動美に感嘆を覚えましたが、こうありたいと思っても、そのような生き様はできないだろうなぁと思うと、賞賛したくなる気持ちも分かります。

本書では、2人の筆者が、全く別の話の中で、波谷守之氏を取り上げており、本来の意味での任侠道を実践した人なのでしょう。



=============================
【『実録 ヤクザという生き方』より】
それに人を一人殺しておけば、ヤクザ者として生きるうえで大きな自信になって、いつも自分を勇気づけてくれる

(書き出し)
鉄砲玉(ヒットマンとも称される狙撃隊員)の心情というのは、通常の生活をしている人には推測のつきにくいことである。

(結び)
朝倉 そうですね。あの口上だけは、つづけてほしいですね。
=============================

スポンサーサイト



[ 2020/01/29 00:16 ] その他ルポ | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
212位
[サブジャンル]: レビュー
106位
カレンダー