FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2020 031234567891011121314151617181920212223242526272829302020 05

【邦画:アニメ】 カリオストロの城

【評価】★★★★☆

kriostro_casle.jpg
1972年/日本
監督:宮崎駿

妻が、「なんか、久しぶりにカリオストロの城が見たい」と言い出したので、レンタルショップに早速駆けつけました。そんな古い作品、DVDであるのかしらと思いきや、ちゃんとありました。すごい。


【ストーリー】
==========================
偽札作りに暗躍するカリオストロ公国に潜入し、偽札作りの秘密を暴こうとするルパン三世。そこで、公国の姫が、悪者の伯爵に財宝目当てで無理矢理結婚させられそうになっているのを知って、公国の秘密暴きとともに、姫を助けるために奔走する。
公国に秘められた財宝に秘密を解き明かすとともに、偽札作りの秘密を暴き、公国の姫を助け出すことに成功するのだった(完)。
==========================



【ジブリなんだなぁ】

「カリオストロの城」は、子供の頃、地元の公民館のようなところで上映された時に見た思い出があります。
高所恐怖症気味だったので、城の高いところからの場面が恐いなぁと思った印象は、今でも残っていますが、内容はあまり理解できなかった記憶があります。何せ、子供だったので。

「カリオストロの城」が宮崎駿監督の手によるものだとは、だいぶ大人になってから知りましたが、こうやって、大人になってから見ると、ジブリ感が半端ない作品ですね。
カリオストロ公国の姫が、「天空の城ラピュタ」のシータ、そのまんまだぁと、妙に感動。



【ドリフの影響も大か】

それから、もう一つ印象に残ったのが、とぼけた感じやお笑い(?)のノリが、妙に、ドリフっぽさ満載な点。
「カリオストロの城」って、おそらくドリフ全盛期の頃に作られた作品だったかと思いますが、予想外なところに、ドリフの影響が出ていて、ドリフの影響力の大きさにびっくり。

現代風に例えるなら(?)、ドリフの影響力は、日本のホラー映画に多大な影響を与えた「リング」の貞子と言ったところでしょうか(例え方が、あまり適当でない気が(笑))。

DVDには、本編以外に予告編も収録されていましたが、予告編のキャッチコピーに「おとぼけ感が更にパワーアップ」とか、今だと、売りにならんぞと突っ込みを入れたくなるキャッチコピーが、当時の雰囲気を忍ばせるのでした。
なお、「制作費5億円」とバーンと予告編で出てくるのは、映画の宣伝というよりは、宝くじのCMのようなのも微笑ましい。



【最後の名台詞は】

「カリオストロの城」の名言は、最後に、銭形警部がルパン3世のことを指して、「奴はとんでもないものを盗んでいきました。あなたの心です。」と言うシーンだと思いますが、子供の頃は、全く印象に残らず、この台詞、全然記憶に残っておりませんでした。

さて、大人になってから見ると、いやはや、くさい台詞ですな。マジな顔でこんなことを言われると、かなり照れくさくなりますが、それ故に、印象に残る台詞なのかもしれません。

「天空の城ラピュタ」の名台詞「バルス」と比べると、長すぎて言いづらいことこの上なしなので、「バルス」と比べると、みんなが口に出していいづらい台詞かなぁなんて思います。

ただ、パロって使えそうな台詞なので、何かのタイミングで使って見たい気も。

「奴はとんでもないものを盗んでいきました。あなたの財布です。」・・・スリにあった人に向かって、いつかは言いたい。・・・殴られるな(笑)。



スポンサーサイト



[ 2019/12/22 04:04 ] ジブリ作品 | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
212位
[サブジャンル]: レビュー
106位
カレンダー