FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2019 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 02

【書籍:社会派小説】 大地の子(全4巻)

【評価】★★★★☆

daichinoko.jpg
著者:山崎豊子
出版:文藝春秋



【日本と中国の関係を描いた大作】

中国残留孤児となった陸一心を主人公に、中国の文化大革命、日中合作による製鉄所建設、残留孤児の肉親捜しと広範なテーマを描いています。
本作も、中国での綿密な取材を元に描かれており、後書きには、中国政府の情報統制による取材の難しさなどにも触れられているので、本作、大作であることの大変さに加え、取材の困難さも加わり、大変な苦心作だったことが、直に伝わってきます。

また、主人公の陸一心は、日本人ではありますが、6歳の時に敗戦となり、満州(中国)に取り残され、中国人として育ったため、中国人的な感覚・文化を持った人物として描かれており、中国人の文化や思想様式を知ることのできる面白さもあります。

そして、製鉄所建設を通じて、日本と中国の考え方の違い、ぶつかり合いなども描かれており、現在とは多少違う面があるとは思いますが、現在も起こっている日中間の相違を考える上でも、参考になる面があるようです。



【文化大革命の嵐】

序盤は、残留孤児となった陸一心が、中国人に拾われ育てられますが、文化大革命が吹き荒れる中国で、日本人の出自であるが故に、それこそ、死線をいくつもかいくぐらなければならない苦難の道を歩むことになります。

特に、中国人の養父・養母によって、苦心して大学まで出してもらったものの、出自が日本人であるということで、強制収容所送りになる展開のすさまじさ。

カンボジアにおいて、ポルポト派が、自国の知識人を全て強制収容所送りや虐殺して、国をボロボロにしたという悪夢がありましたが、本書を読むと文化大革命もその状況にかなり似たような状況だったようです。
毛沢東死後、文化大革命は終結し、その後の指導者によって、「文化大革命によって、中国の発展は30年遅れた」と、文化大革命は痛烈に批判されることになりますが、知識や技術を持つ人を抹殺しようという発想自体が不可解でしかありません。

本書で描かれる強制収容所の様子や、些細な理由から突如としてつるし上げが行われ苛烈な懲罰が加えられるなど、理屈が通らない世界ほど恐ろしいものはありません。
本書では、文化大革命の状況は、一つの大きな山場となっています。



【日中合作の製鉄所建設プロジェクト】

文化大革命が終わり、陸一心は、養父の命がけの働きかけにより、強制収容所から解放され、日中合同による製鉄所建設プロジェクトに携わることになります。

山崎さんが、色々取材しているなぁと感じたことの一つに、日本の製鉄所の様子を描いた1シーン。
「環境規制で、敷地の20パーセントを緑化することが義務づけられている工場であるから、グリーンベルトが多く、しかも煙が殆ど出ていない。」

この記述、今もある日本の工場に規制を掛けている法律、工場立地法に関するものです。
以前、仕事で工場立地法について調べたことがあるので、こんなところまで調べて書いているんだと、びっくりするやら、自分が知っている法律が出てきてうれしい(?)やら。

製鉄所建設プロジェクトは、日中間の考え方の相違、それこそ交渉術から仕事の考え方、情報の扱い方、責任の取り方まで大きく違い、そのぶつかり合いが見所になっています。

特に興味深かったのが、製品品質に関する考え方。
中国側の方が適当なのかと思いきや、中国は製品に錆一つあっても不良品扱いするのに対し、日本は、機能面に問題ないのでそこまで追求する必要はないとの主張。
中国側の主張が無意味に厳しすぎるのではと思う反面、日本の製造業の品質の良さは、細かなところまで気を配っている点にあったのではないかと思うと、日本側の方が少々ルーズで、複雑なところでした。

また、製鉄所建設プロジェクトが、中国側の権力争いの具に利用されたり、純粋な経済活動であるはずの話が、政治に翻弄される当たりも、中国らしいなぁと思うところでした。

本作、文化大革命の嵐から、日中の文化や考え方の違い、中国内の権力闘争まで幅広いテーマが綿密に描かれており、日本と中国の関係を知る上でも非常に面白い作品でした。




===================
【『大地の子』より】
一体、あの日本人たちの精神構造は、どのように成りたっているのだろうか。曾て武力を以て中国大陸を侵略し、無辜の人民まで殺戮しておきながら、国交回復では、『遺憾』という曖昧な表現で、過去の罪業を詫びたのみであった。

(書き出し)
北京の空は、紺青に澄みわたり、秋の陽が眩く地面を照しつけている。

(結び)
一心は、父の胸中を察しつつも、固く口を閉ざした。船は、滔々たる長江を下って行った。
===================


スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
239位
[サブジャンル]: レビュー
121位
カレンダー