FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2019 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 01

【洋画:SF】 マッド・マックス -怒りのデスロード

【評価】★★★★☆

madmax4.jpg
2015年/オーストラリア
監督:ジョージ・ミラー
主演:トム・ハーディ

映画公開時、結構話題になった本作。「マッド・マックス」=「北斗の拳」くらいの認識がなかったので、ブームには便乗せず(?)、公開時は見ていなかったのですが、ブームも落ち着いたこのタイミングで視聴です。

【ストーリー】
============================
核戦争により荒廃し、暴力だけが支配する世界。
マックスは、独裁者が支配する都市の軍団に捕虜として捕まってしまうが、暴力による支配に耐えかねた女性の一団とともに、武装タンクローリーを奪って都市を脱出する。
女性達の脱走に怒り心頭の独裁者は軍団を率いてマックス達を追跡するのだった。
目指すべき地にたどり着いたマックス達だったが、その地もすでに汚染され砂漠の荒野と化していた。
そこで、マックス達は、独裁者の都市を奪うことを決断。逆襲をしかけ、独裁者を倒したマックス達は、都市を奪い、自由な世界を築く一歩を踏み出すのだった(完)。
============================


【マッドな人ばっかりの作品】

「北斗の拳」が映画「マッド・マックス」の世界観に感化され、「マッド・マックス」をモチーフに漫画が描かれたというのは有名な話ですが、本作も、これまでのシリーズに違わず、見ると、「うひょー、北斗の拳だ!」と叫びたくなる雰囲気満載(マッド・マックスを見て、「北斗の拳」だ!と言うのは本末転倒な感想ではありますが)。

相変わらず、マッドな人ばっかり出てくる作品で、ほんと、変わんないなーという感じです(褒めてます)。



【マッドなカーチェイスが展開】

映画の内容はいたって簡単で、マッドな車同士の気違いカーチェイス作品。
主人公マックスたちの車は、馬鹿でかいタンクローリー車。
対する敵側の車は、火を噴く車やら、棒高跳びで他の車に飛び移ることができる、ハイテクと中国雑技団的な身体能力が融合した謎システムの車やら、東京モーターショーに出展したら、入場客は3倍は増えるだろうと思える、魅力的(??)な車が多数登場。

マックスたちの車は馬鹿でかいので、敵の格好の標的になるわけですが、意外と高性能なので、スピードで振り切ったり、明らかにタンクローリーに挑むには危険すぎるだろうと思える、中型車クラスの敵の車は体当たりで破壊したりと、やっぱり、タンクローリー最強説が浮かんでしまうような展開。



【最後まで無茶な・・・】

そんなマッドなカーチェイスばっかり、延々見させられて、ラスト間際でマックス達がたどり着いた目的の地は、汚染により全てが枯れ果て砂漠と化した荒廃の地。
救いがない!と思いきや、マックス、ひらめきます。
「水と緑が豊かな土地ならあるぞ。元々いた場所だ!」
って、また、元の場所に帰るのかーい、と思いっきり突っ込みが入りますが、逃げから攻勢に転じた強みで、敵の独裁者をぶち殺し、見事、都市を奪取することに成功するのでした。

やっぱり、北斗の拳にも共通する、無茶苦茶な映画です(何度も言いますが褒めてます)。



スポンサーサイト



[ 2019/12/03 00:00 ] 冒険 | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
235位
[サブジャンル]: レビュー
116位
カレンダー