FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2019 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 01

【書籍:伝記?】 人生の大切なことは泥酔に学んだ

【評価】★★★★☆

deisui_learning.jpg
著者:栗下直也
出版:左右社



【「走れメロス」の衝撃】

本書のタイトルのように、泥酔から人生で大切なことは到底学べないとは思うわけでありますが、古今の著名人たちの泥酔っぷりを知ることは、自分の泥酔による醜態に対する慰めにはなるなぁと思うわけであります。

本書の中で、いちばん驚いたのは、太宰治のエピソード。
太宰の作品「走れメロス」は、教科書にも載るほど、友情と約束の大切さを学べる、非常に教育的な内容ですが、「走れメロス」の作品が生まれたエピソードには、そんな教育的な面とは正反対だったのはなかなかの衝撃。

友人と温泉宿に宿泊し、豪遊して宿のツケが払えなくなった太宰が、「2,3日、待っていてくれ給え。金策をして戻ってくるから」といって友人を人質に宿に残し、東京に戻るのですが、待てど暮らせど帰ってこない。
しびれを切らした宿の主人と友人が、太宰の行方を捜すと、友人宅でのんびり将棋を指していた・・・。
怒り心頭の友人が太宰に詰め寄ると、太宰は、「待つ身が辛いかね、待たせる身が辛いかね」と釈明。

・・・待つ身の方が絶対つらいと思いますが(笑)。

「走れメロス」の元となった太宰の体験では、メロスは約束をすっぽかした上に、言い訳にもならない言い訳をしたというしょうもない結末。「走れメロス」、実は、全く教育的ではなかったということでしょうか。



【宴会禁止】

その他、酒席の接待で、大出世した藤原冬嗣の話も、なかなか興味深く、藤原冬嗣が、あまりに宴会ばっかりやらかすものだから、ついには、「群飲するを禁ずる事」とお触れがでてしまったのだとか。

なんか、昨今も、公務員関係で、飲酒運転だとか接待汚職とかが目に余るので、酒席禁止令を出した自治体があったなんていうニュースが少し前に聞いた気がしますが、酒席に関することは、今も昔も変わらないようです。



【末代までついて回る酒乱の害】

日本の古今の著名人で私が知っている酒乱の人物と言えば、明治維新の元勲・黒田清隆ですが、本書でもやっぱり取り上げられていました。
酔っ払って、軍艦で砲撃したら、島の住民に砲撃が当たって死んでしまったとか、酔っ払って妻を日本刀で斬り殺したとか、酒乱エピソードに事欠かない人物ですが、明治になってから、総理大臣にまでなっているのですから、なかなか衝撃的です。

妻を惨殺した話は、明治政府が必死に隠蔽したなんていう話もあり、今も昔も政府は都合の悪いことはなんとか隠そうとするもののようで(笑)。

なお、黒田清隆の妻を惨殺という話は、政府の隠蔽工作の甲斐なく世間一般に流布されていたようで、黒田清隆の孫が、酒の席で、「黒田さんのそばでお酒を飲むと斬り殺されちゃう~。こわーい。」とからかわれたりしたそうです。

孫の代までそんなエピソードがついて回るとは・・・。
よく、お祓いとかで、「先祖のたたりで不幸に見舞われています」なんていう話がありますが、まさに、これこそ先祖のたたりですな。




==========================
【『人生で大切なことは泥酔に学んだ』より】
悪名は無名に勝るのはどの世界も同じか

(書き出し)
気持ちが悪くて、起きられない。本書を手に取った人は少なからず、その経験者ではないだろうか。

(結び)
また、名前を全て挙げられないが、これまで酒席をともにした皆様や、夜が更けるにつれ明らかにヤバそうになっていく私を温かい目で見守り続けてくれた奇特な方々にも感謝を申し上げたい。
==========================


スポンサーサイト



[ 2019/11/19 00:00 ] その他ルポ | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
235位
[サブジャンル]: レビュー
116位
カレンダー