FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2020 0112345678910111213141516171819202122232425262728292020 03

【邦画:歴史】 忍びの国

【評価】★★★☆☆

shinobi_iga_mov.jpg
2017年/日本
監督:中村義洋
主演:大野智

こちらも以前、本で読んだ作品の映画化。
小説は、ドラゴンボールかっ!と突っ込みを入れながら読んだ覚えがあるので、映像化するには適した作品のような気がします。

【ストーリー】
==========================
時は戦国時代。織田信長の天下統一が着々と進み、伊賀の国にも信長の魔の手が忍び寄りつつあった。
伊賀を統べる上忍達は、信長に対抗すべく戦いの策を講じる。
しかし、信長と戦っても金にならないと思った下忍達は、戦いが始まると逃散してしまう。
主人公の下忍・無門もいち早く逃げ出すが、ちょっとした心境の変化から、信長の軍と戦う決意をし、他の下忍たちにも報酬を払う約束で、戦いに引き入れる。
忍者らしい神出鬼没の作戦と、普段からの鍛錬に鍛え抜かれた身体能力によって、3倍を超す信長軍を撃破することに成功する。
この敗戦に怒り心頭に達した信長は、10倍近い兵力差で攻め込み、伊賀の国を滅ぼすが、伊賀の忍者達は、国が滅んでも、生き延びて日本全国に散っていくのだった(完)。
==========================



【天正伊賀の乱】

戦国時代の信長による伊賀の国攻め-天正伊賀の乱を題材にした作品。
金、金、金でまとまりのない伊賀の忍者達が、意外な団結力で数倍に及ぶ信長の軍勢を撃破するという内容ですが、歴史的な内容というよりは、コメディーとアクションが織り混ざったような内容になっています。



【ごり押し気味の作戦】

主人公の下人・無門が小説と同様、無茶な身体能力を発揮して、信長軍の兵士達をなぎ倒すというような展開になっていきます。
なので、作戦も何もあったもんではなく、ただただごり押しで信長軍を圧倒できるので、ゲームで言うと、ちょっとした無敵状態で、その点、面白さにかけるところがあります。
忍者集団なので、奇抜な作戦やあっと驚く罠とかがあると面白かったかも。

一応、序盤、伊賀の上忍達が信長軍をだまくらかして、城を築かせた後、爆破して壊してしまうという、少々、謎な駆け引きもありましたが、城を爆破するより、乗っ取った方が効果的な気がする・・・。
小説では、もうちょっと意味のある作戦だった気がしますが、映画だとちょっと分かりづらかったかなぁ。



【お金大好き!】

ラストは、信長軍を撃破するも、上忍達の下忍を搾取する構造にも怒りの刃が向けられ、上忍ふざけんな!的な結末にもなりますが、全体的に、みんな「お金大好き!」な性格で、お金を稼ぐことに命を燃やしていますが、目先のことだけで、結局、損してない?なんて気がします。

しかし、現実の世の中にも、目先の利益に目がくらんで、結局、損をしているよね、なんていう事件はよくあるので、本作の忍者達も、現在の日本にもよくある姿なのかも。


スポンサーサイト



[ 2019/09/21 00:00 ] 東洋史 | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
134位
[サブジャンル]: レビュー
76位
カレンダー