FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2019 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 02

【書籍:歴史】 最低の軍師

【評価】★★★☆☆

saitei_gunshi.jpg
著者:蓑輪諒
出版:祥伝社文庫



【埋もれた史実】

上杉謙信が北条家を攻めたときの臼井城戦を題材にした作品。
舞台は史実として、登場人物は架空の人物なのかと思いきや、実際、史実に登場した人物だったというのは、驚きでした。
小説の題材になる史実は有名なものが多いので、知っている話も多いわけですが、こういった作品を読むと、まだまだ知らない、埋もれた史実はあるのだなぁと思います。



【消息不明の主人公】

本作の主人公は、臼井城戦で、臼井城側の軍師となった白井浄三。
白井浄三は、歴史書では、この臼井城戦でしか名前は出てこず、それ以外の面は一切消息不明の人物だそうで、そのような経歴から、小説で空想を働かせて書くにはうってつけの人物と言えそうです。

ただ、本書は、すごい筆を走らせてしまっていて、白井浄三の過去なども、あまりに悲惨な過去などを作り込み過ぎて、なんだか、漫画「ワンピース」のキャラクターにありそうな過去を持つ人物なのでした(笑)。



【上杉謙信と足利義輝の密約】

本作、中後半くらいまで、白井浄三の作り込みすぎの過去話などに費やされ、実際の籠城戦の場面は、最後の最後に描かれ、もうちょっと、この当たりを充実して書いてくれると面白かったかなぁなどと思います。
子供の頃読んだ、楠木正成の千早城の籠城戦の話は、非常にわくわくしたものですが、もうちょっと作戦面や心理面などを微細に描いてもらえると、千早城の攻防戦に匹敵する面白さになったかも。

ラストは、敵側の上杉謙信の「義」という信念を逆手にとった、籠城戦を超えた外交戦術で勝利を収めることになりますが、実は、上杉謙信と室町幕府の将軍・足利義輝の間には、天下の騒乱をおさめるための秘密の盟約があったなんていう、ちょっと面白い話も付与されています。

実際、上杉謙信と足利義輝に本書に書かれたような密約があったかは不明ですが、もしかしてと思わせる当たり、歴史小説の醍醐味です。



=====================
【『最低の軍師』より】
武士の嘘は、嘘ではなく武略と申すべきもの。

(書き出し)
雪に覆われた山道を、大軍が粛々と進んでいた。

(結び)
常勝の名将たる上杉謙信の野望を打ち砕いた、謎多き軍師の名は、数多の伝承の中にのみ残り、後世へと語り継がれた。
=====================

スポンサーサイト



[ 2019/09/19 00:00 ] 歴史 | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
239位
[サブジャンル]: レビュー
121位
カレンダー