FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2020 0112345678910111213141516171819202122232425262728292020 03

【邦画:ホラー】 口裂け女 vs メリーさん2

【評価】★☆☆☆☆

kuchisake_mery.jpg 
2017年/日本
監督:工藤渉
主演:高城亜樹

ホラー映画で対決物と言えば、Z級駄作の可能性大というのは相場が決まっていますが、ついつい怖い物見たさで借りてしまうんですよね。無駄な時間があるほど贅沢と言えるわけですし、贅沢を味わうためにレンタル(強引な理屈付け・・・)

【ストーリー】
====================
謎の連続怪死事件の真相を探っている事件記者の主人公。
事件の真相に近づいた結果、口裂け女とメリーさんの2大都市伝説妖怪に命を狙われる羽目になってしまう。
助かるため、口裂け女とメリーさんの正体を探ると、この2人の妖怪は、一人の男を奪い合って死んでしまった姉妹が妖怪へと転生したという事実に行き当たる。
そして、その男はまだ生きており、その男を巡って、口裂け女とメリーさんが直接対決し、口裂け女が勝利するのだった。
そして、勝ち残った口裂け女は、不実な男を殺し、復讐も果たし終えるのだった。
しかし、その怨念は、主人公に乗り移り、主人公が口裂け女へと変貌してしまうのだった(完)。
====================


【姉妹対決】

VSシリーズ、今回は、口裂け女とメリーさんの対決。
2大妖怪が直接対決する理由が、またすごかった。

口裂け女とメリーさん、実は姉妹で、一人の男を巡って争うという構図。
色々とVSシリーズ見てきましたが、このアイディアは初かなぁ。

斬新でも、それがナイスアイディアなのかは別ですけどね(笑)。



【超能力 VS カマ】

どのVSシリーズでも、展開はだいたい同じで、主人公が事件に巻き込まれたりして、調べていくうちに、もう一つの妖怪にも狙われてしまい、妖怪同士が直接対決する展開。

本作も、だいたい同じですが、調査協力に、口裂け女とメリーさんが奪いあった男が絡んできてしまうことで、男を巡って、口裂け女とメリーさんの戦いが再燃することになります。

メリーさんは、超能力を使って人を操縦できる(ただし、1度に1人しか操縦できない)一方、口裂け女はカマを振り回すだけなので、戦前の下馬評では、断然、メリーさん有利といったところでしょうか。



【口裂け女の勝利】

幽霊(妖怪)なのに、物理攻撃でダメージを喰らう辺りは、大いに疑義があるところで、一緒に見ていた妻も「怨霊なのに、なんで、物理攻撃がきくわけ!?」と疑念の声を発していましたが、まぁ、厳密さを求めてもしょうがないので、多めに見るとしましょう。

対決では、やはり超能力を使えるメリーさんが優勢で、口裂け女がカマで攻撃を仕掛けるも、その腕を超能力で止められ攻撃は届かず、むしろ、自分のカマで自分の体を切りつけさせられてしまい、口裂け女、大いに苦戦します。

こりゃあ、メリーさんの勝利かなと思いきや、メリーさんの超能力を打ち破って、カマで一撃を喰らわせることに成功。そのまま、カマで切りつけメリーさんを倒す口裂け女なのでした。

まぁ、妖怪だから、超能力もなんのそのってところなんでしょうか。

とりあえず、口裂け女とメリーさんでは、口裂け女が強いということが分かって、めでたしでした(投げやりな感想だ(笑))。

スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
134位
[サブジャンル]: レビュー
76位
カレンダー