FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2020 0112345678910111213141516171819202122232425262728292020 03

【洋画:ファンタジー】 ジャングル・ブック

【評価】★★★★☆

jungle_bool.jpg 
2016年/アメリカ
監督:ジョン・ファヴロー
主演:ニール・セティ

「ジャングル・ブック」って、名前は知っているのですが、内容は全然知らなかったことに気づいたので、手っ取り早く内容を知るため、レンタルしたのでした。

【ストーリー】
=====================
モーグリは、赤ん坊の頃、ジャングルで親を失ってしまったが、狼に拾われ、狼の一員として育てられた。
少年となり、野生児として狼とともにジャングルを駆け回っていたが、人間を敵視する虎、シア・カーンに目を付けられてしまう。
狼たちは、モーグルをシア・カーンから守るため、モーグルを人間の村に送り届ける。
怒ったシア・カーンは、狼のボスを殺し、狼の群れを支配下におさめてしまう。
狼のボスが殺されたと聞いたモーグルは、仇を取るため、再び、シア・カーンのいるジャングルに向かい対決するのだった。
モーグルは、知恵を使い、シア・カーンを森林火災の起こっている森におびき寄せ、見事、シア・カーンを業火に巻き込み、仕留めるのだった(完)。
=====================



【主人公以外全部動物!】

狼に育てられた少年が、育ての親の狼を殺した虎を退治する話。

本作で新鮮だったのは、登場人物のうち、主人公以外はみんな動物だったという点。登場人物ではなく、登場動物と言うべきでしょうが。
話の設定上、当たり前と言えば当たり前ですが、人間が全く出てこない展開は、妙に新鮮でした。

更に、最初、主人公が登場する動物たちと会話を交わすのを見て、「おおおお・・・動物がしゃべってる」と結構びっくりしたのですが、言葉が交わせなければ、ストーリー展開や登場人物(動物)の心理描写が描けなくなってしまうので、これも当たり前の設定ですね。

そう考えると、言葉って、とても偉大だなと思います。
本来、言葉をしゃべらない動物を描くのにも、言葉をしゃべらせると、よく理解できてしまうわけですから。



【人間らしくても良いじゃない】

人間を目の敵にする虎、シア・カーンに命を狙われ、主人公の少年は、ジャングルから立ち去り、人間の村に逃げることとなります。
しかし、途中で、熊に遭遇、熊と一緒にジャングルの外れで過ごすことになり、そこで、「人間なんだから、別に狼の真似をせず、人間らしい行動を取ればいいんじゃない?」と言われ、主人公は自我に目覚めていくことになります。

今まで主人公は、道具を使ったり人間のような行動を取ると、育ての親の狼から、「狼らしくしなければいけない」と怒られていましたが、クマとの生活によって、人間らしく、道具を使ってトラブルや問題を解決するようになります。

道具を使えるというのが、人間の優位性なんだということを再認識です。



【火を使えるのが人間】

その後、「人間になりた~い」と、常に思い続けている巨大猿と対決したりと(妖怪人間ベムのようですな・・・)、ひと騒動を経た後、育ての親の狼を殺した猛虎シア・カーンと少年は対決することになります。
ちなみに、人間になりたい巨大猿は、ゲーム「モンスター・ハンター」に出てくるケチャワチャ(巨大猿のモンスター)みたいで、実は、シア・カーンより強いんじゃない?なんて思いながら見ていました。

うーん、なんだかんだ言って、人間を始めとする霊長類が一番強いのかも?

そんなケチャワチャもどきを一蹴した少年、実は、シア・カーンは端から敵ではなかったのかもしれません。

最初、松明を用意して、火を使ってシア・カーンを退治しようとしますが、「火を使うのか。やはり、お前はジャングルに災いをもたらす人間でしかないな」というシア・カーンの挑発に乗って、松明を棄ててしまいます。
そうです、おら、こいやー!と、素手で戦おうとう無謀な判断。
完全に無謀すぎます。

しかし、結局、シア・カーンを、森林火災の起きている森に誘い込み、猛火を使って退治。
結局、火を使って倒しちゃいましたね・・・。

人間、火が使えるというのが、やはり最大の強みだなぁと、人間と動物の違いを実感したのでした。


【その他のレビューブログ】
「子役とCG動物との演技上のからみには、まったく違和感など感じられない。」という感想がありましたが、主人公以外すべてCGという構成にも拘らず、CG感を一切感じさせなかったのはびっくりでした。この動物たち、本物なんじゃない?と思いながら見ていました。

映画批評

dmenu映画

“俺が出版とかマジ無理じゃね?”

東京ディズニーランド&ディズニーシー大好きブログ

ただ文句が言いたくて

映画レビュー

アマゾン カスタマーレビュー
https://www.amazon.co.jp/ジャングル・ブック-MovieNEX-デジタルコピー-MovieNEXワールド-Blu-ray/product-reviews/B01LY19Q7E/ref=cm_cr_dp_d_show_all_top?ie=UTF8&reviewerType=all_reviews

スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
134位
[サブジャンル]: レビュー
76位
カレンダー