FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2020 031234567891011121314151617181920212223242526272829302020 05
月別アーカイブ  [ 2020年04月 ] 

【書籍:軍事】 兵士を見よ

【評価】★★★★☆

look_soldier.jpg
著者:杉山隆男
出版:新潮社


【救難ヘリのパイロット】

「兵士に聞け」の続編。
「兵士に聞け」では、陸海空の自衛隊を網羅的に取材されていましたが、本作は、航空自衛隊に焦点を当て取材がされています。
航空自衛隊と言うと、戦闘機パイロットがイメージされますが、戦闘機乗りだけでなく、救難ヘリのパイロットなども取り上げられており、航空自衛隊の活動の幅広さがうかがえます。

航空自衛隊の中における位置づけは、戦闘機のパイロットが最上位に位置し、救難ヘリのパイロットはかなり格下に考えられているそうで、戦闘機パイロットから救難ヘリのパイロットへの転向は、「F転」と呼ばれ、格落ち、都落ち的に捉えられているようです。
そのため、予算その他、色々な扱いが救難ヘリに対しては、手薄になっており、気の毒というか、寂しいというか。

ただし、救難ヘリの良い点(?)としては、戦闘機パイロットと異なり、実際の事故の救助であり、仕事の達成感は格段に大きい点。
戦争がない日本において、戦闘機パイロットの仕事に実戦がなく、訓練中心となっている点からすると、救難業務の良いところなのでしょう。



【戦闘機パイロットの訓練】

戦闘機パイロットにまつわる話として興味深かったのが、パイロットの技量を高めるため、パイロットの訓練を担当する部署がある点。
訓練の担当というのは、格闘戦の敵側パイロット役(具体的にはソ連空軍役)となり、訓練の相手をするという役割で、普段から、ソ連空軍に徹するため、オフィスにはソ連の国旗が掲げられ、貼り紙などもロシア語で書かれているという徹底ぶり。

そして、訓練を担当する教官は、凄腕揃いで、各航空隊にいるエースパイロットを一ひねりできるくらい、実力差があるそうで、相手に訓練を付けるには、やはり相当の実力差がないとできないということなのでしょう。

こういった訓練の方法は、米軍の訓練方法から導入されたそうで、米軍の訓練もベトナム戦争での戦訓から生まれたものだそう。
ベトナム戦争後半、アメリカ空軍が撃墜される割合が高くなり、敵機の撃墜数より自軍の撃墜数が上回る状況となったことから、その原因などが分析されました。
分析の結果は、十分な訓練を積んだベテランパイロットも訓練時間が少ない新米パイロットも、実戦を10回くぐり抜けると、撃墜割合が少なくなり、撃墜される率はベテランも新米も変わらないというもの。

当初は、訓練時間の足りない新米パイロットを投入したがために、撃墜される率が高まったと思われていたのですが、実は訓練時間はあまり関係なく、実戦に慣れているかどうかが、撃墜との関係が強いという結論で、訓練がほとんど効果を上げていないことがわかったわけです。

分析して、「今までの訓練は効果がなかった」と言い切ってしまう辺り、アメリカのすごさという感じがします。
そして、分析に基づいて生まれたのが、実戦形式の訓練で、これが自衛隊の訓練にまで活かされているというあたり、アメリカの強さの象徴のように感じます。



【戦闘機への体験搭乗】

著者は、パイロットへの取材だけでなく、実際に戦闘機にも体験搭乗をしており、その様子も非常に面白い内容です。
F15戦闘機の戦闘訓練に同乗したわけですが、同乗するには、耐圧訓練を受けることが必要。
訓練室で、気圧を徐々に減らされると、お腹が急激に張り出してきて、おならをして、お腹の空気を抜かないといけないなど、実際に体験した人でないと分からない面白い話もでています。
他にも何名も一緒に訓練を受けていたのですが、みんなで一斉に大きな音のおならをするなんていうのは、なかなかない体験です(笑)。

その他、酸素欠乏により身体(頭脳)機能の低下実験もあり、高度8000mレベルの気圧下で、数字を順番に書いていくだけなのに、きちんと書くことができなくなる、なんていう結果も、予想以上に身体への影響があるんだなぁと驚いた点でした。
まぁ、日常でも酒を飲むと前後不覚になる経験はたくさんしているので、同じようなものでしょうか(同じにするなって!)

こういう訓練の風景を読むだけでも、航空自衛隊の仕事というのは、普通の仕事からはだいぶ違うなぁというのが実感でき、自分が体験したことのない非日常的な業務を日常としている自衛隊が面白そうに感じられました。
私の場合は、非日常を味わうには、お酒を飲んで酩酊するくらいですが、これは時と場所によっては批難の対象なので、あまりしょっちゅう出来ないことが悩みですね(悩むな!)



===============================
【『兵士を見よ』より】
どんな組織でも、その組織にとってより重要とされる部分に金はつぎこまれていく。とすれば、槍の「穂先」と「柄」とでは金のかけ方が違ってきて当然なのだろう。

(書き出し)
その朝も、航空自衛隊のF15戦闘機パイロット、竹路昌修三佐は、出がけに十歳年下の妻の手で清めの塩をかけてもらった。

(結び)
唯一の気がかりは、四十代も折り返し点を過ぎた僕の体力が、彼らの強靭な歩みについてゆけるかということである。
===============================


関連記事
スポンサーサイト



[ 2020/04/07 00:00 ] 軍事 | TrackBack(0) | Comment(0)
ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
234位
[サブジャンル]: レビュー
122位
カレンダー