FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2020 031234567891011121314151617181920212223242526272829302020 05
月別アーカイブ  [ 2020年04月 ] 

【TVドラマ:歴史】 陰陽師

【評価】★★★☆☆

onmyouji_tv.jpg
2020年/日本
監督:篠原哲雄
主演:佐々木蔵之介

妻の「絶対に観たい!」という強い希望により、一緒に視聴。
野村萬斎版の作品をイメージしてみましたが、だいぶ異なる印象。さてさて・・・。

【ストーリー】
=========================
平安時代中期、900年代後半の頃。
その頃、京の都では、怪異が起こっていた。
陰陽師・安倍晴明は怪異の原因について調査を進める中、全ての出来事が、20年前の平将門の乱に繋がっていることに気づく。
平将門に繋がる者が、鬼と化した将門を復活させんと、画策を行っていたのだった。
その陰謀を食い止めるべく奔走する晴明だったが、将門復活の呪いは成就してしまうのだった。
しかし、復活した将門と対決した晴明は、将門の怒りと悲しみを沈め、将門は人に戻ってあの世へと戻るのだった(完)。
=========================



【平安を舞台とした現代劇】

野村萬斎版の映画「陰陽師」を期待して見ると、だいぶ期待外れに感じてしまうかも。
なんか、雰囲気がそぐわないなぁ・・・と思うのですが、おそらく、本作は、話し方や所作、その他諸々が非常に現代風で、平安時代をテーマにした現代劇を見ている感じ。
その一方で、貴族の顔がおしろいで白塗りという、おそらく当時の風俗を再現したメイクなのでしょうが、明らかにバカ殿だし(苦笑:志村けんさん、ご冥福をお祈りします・・・)。

全体的にちぐはぐな感じが否めず、主役の佐々木蔵之介さんも頑張っているのですが、なんか違うなぁという印象が最後までぬぐえずじまいでした。



【ツンデレトークが・・・】

夢枕獏さんの原作「陰陽師」では、安倍晴明と源博雅の掛け合いが魅力の一つとなっている作品ですが、ちょっと間違えると、男同士でツンデレトークを交わすボーイズラブな雰囲気が出てしまう危険があります。
本作では、原作のやり取りが、なかなか忠実に再現されていましたが、どうしても、男同士でいちゃついているやばい雰囲気だった(笑)。
難しいよね-、そしてやっぱりそうなっちゃった。

晴明と博雅の会話は、よほど工夫しないと、そうなっちゃうよねぇという見本でした。
野村萬斎版では、ボーイズラブ的な雰囲気はなかったけどなぁ・・・。
演じ方によるのかなぁと、ちょっと気恥ずかしく見ておりました。



【誰が一番の適役だったかというと・・・】

ストーリーは、平将門の乱と絡んだ、歴史的に壮大なお話。
わりと面白い話だったなぁと思います。
人間一人、あの世から蘇らせても、世界が滅ぶとは思わないので、(例えば、現在にヒトラーを蘇らせたところで、さほどたいしたことはないのではと思うわけで・・・)平将門を蘇らそうと言う執着は、正直不思議ではありますが、ここはお話なので、平将門が蘇ったら大変なことになるという前提でドラマを見るのが正しい観賞のしかたでしょう。

ストーリーは、定番どおり、結局、平将門、一回蘇るものの、やっぱり、安倍晴明に倒されちゃうというもの。
鬼と化した平将門が、人間に戻って死んでいくという泣ける展開ですが、鬼の将門も人間の将門も、小汚いおっちゃんで変わらなかったのに、ちょっとびっくり(笑)。
人間に戻った時は、もうちょっとこぎれいになって欲しかった。

ちなみに、安倍晴明のライバル、芦屋道満は竹中直人が演じており、最初適役かなと思ったのですが、ちと、エネルギッシュ過ぎて、思ったほど適役ではなかった。怪しげな人間役には竹中直人かなと思ったのですが、意外と難しいもんです。

全体的に、みんな役がはまってなかったなぁと思いましたが、予想外に剛力彩芽の鬼女ぶりだけは、なかなかでした。ZOZOの前社長、前澤氏への怨みがうまく炸裂!?したわけではあるまいな・・・。


関連記事
スポンサーサイト



[ 2020/04/05 03:15 ] 東洋史 | TrackBack(0) | Comment(0)
ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
234位
[サブジャンル]: レビュー
122位
カレンダー