FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2020 0112345678910111213141516171819202122232425262728292020 03

【書籍:ルポ】 伝染る「怖い話」

【評価】★★☆☆☆

utsuru_horror.jpg
著者:別冊宝島編集部
出版:宝島社



【少々雑多な話の集まり】

怪談や都市伝説の流布の背景にあるものは何か、といったことを、色々な論者が、それこそ様々な切り口で論じた内容を集めた本。
全体的には、昨今の都市伝説的怪談話を集めただけの話や、ネットでの怪談流布や、オウム事件(本書は編纂されたのがオウム事件が起こって間もない頃ということもあり)をベースとした怪談話の発生など、論者の関心の赴くところ、自由に論じられており、どことなく、方向性がなく、雑多な内容という印象でした。

本書のタイトルからすると、怪談話がどうやって人々の間に流布されるのか-そんなテーマ設定にしたかったように思われますが、ちょっと、そのテーマが徹底していなかったかなぁと言う印象です。



【ネットの中の死後の世界】

興味深かったのは、ネットにまつわる考察。本書が書かれた時期は、ネットが流行始めようとしていた時期なので、そのような背景で、どこまで、今のネット環境を予測できたかということを知ることができ、興味深いところでした。

ブログやサイトを書いていた人が亡くなった後、そのサイトはどのような位置づけになるのかといったことが書かれており、「亡くなった人のサイトがそのまま生前のまま残っているという状況は、人によっては、ネットの中では亡くなった人が生きているようなものであり、ネットは、言ってみれば、死者にとって死後の世界、天国のような存在という意見がある。しかし、実際は、天国ではなく、墓地、霊園のような位置づけではないか」といった趣旨が述べられています。

亡くなった著名人のサイトが死後も存続し続け、ファンの方がコメントを書き込んだりするという状況は(飯島愛さんのサイトなんか、そういったものの走りに思われます)、まさに、本書の指摘が的確だったなぁと言う点で、非常に面白く感じました。



【「座敷女」と「リング」】

実は、本書、大昔に読んで家の書棚に放ってあったものを再度取り出して読んだのですが、当時、Jホラーのブームが起ころうとしていたんだなぁといったことも感じられて懐かしく思いました。

本書では、漫画「座敷女」や小説「リング」についても書かれている項があり、当時、本書でそれらの漫画や本を知って、早速、読んだ記憶があります。
「リング」がここまでブレイクするとはね(もはや「リング」に登場する貞子は、国民的お化けになったと思います)、とあらためて思ったのでした。

残念ながら、漫画「座敷女」の方は、映画化などはされたものの、「リング」ほどのブレイクはせず、明暗が分かれたなぁなんて、本書を再読して感慨深いものを感じました。




====================================
【『伝染る「恐い話」』より】
そんな幽霊話なんか出ない方がいいんだよ。今回は噂が噂を呼んで、ひどいもんになっとる

(書き出し)
三ヵ月ほど前のある日曜日のことである。

(結び)
現代の「恐怖」は、固定化されたカタチを拒否し、さまざまに変貌しつつ、どこまでも漂いつづけていくのだろう。
====================================


関連記事
スポンサーサイト



[ 2020/02/24 00:00 ] その他ルポ | TrackBack(0) | Comment(0)

【書籍:ルポ】 「カルト」の正体。

【評価】★★☆☆☆

karuto_syoutai.jpg
著者:別冊宝島編集部
出版:宝島社



【オウム事件をきっかけとしたカルト排除の動き】

オウム真理教による事件が世間を震撼とさせた時期に、「カルト」という言葉が人々の口の端に上ることが多くなり、その頃、興味があって手にした本。
オウム真理教が引き起こした事件の生々しさがリアルに実感されている時期に読んだので、その時は、本書に出てくるカルト教の異常さにかなり強い危機感や排除すべきという気持ちを持ったことを覚えていますが、再度、今になって読み直すと、だいぶ違った印象を感じました。

この本に名前が挙がっている団体は、問題があることは間違いないと思いますが、ただし、本書による批判が、この団体はカルトだから問題がある、そしてカルトであるから排除すべき、という感じで、団体のどの当たりに問題があるかが、明確に述べられていないように感じられ、「生理的にいけ好かないので排除」的な排除側の論理も、一方的に思える印象でした。



【排除の論理】

本書でも述べられていますが、「カルト」という言葉の意味がはっきりしない問題、カルトというレッテル貼りにより、異質なものを何でもかんでも排除する風潮など、日本人の同質性を好む性質が、如実にカルト問題に現れているようでした。

カルト系の団体に入った人をどうやって救出(洗脳やマインドコントロールを解く)したかといった実例がいくつも載っているのですが、読んでいて、少々違和感を感じるのが、救助側の思考が結局のところ、自分の倫理観や宗教観と異なる行動を徹底的に排除したいという視点から、カルト団体に入った妻や子供を救助するという盲目的な正義感につながっているだけではと思われた点でした。

本書の中に、カルトとどうやって対応すべきかという問いに対し、「まずは、普通の話をしてみれば?」と答えている点がありましたが、相手がカルトだと、多様性とか異質性とかを認めた上でという前提がなく、白か黒かで決着を付けたくなってしまうというのが、問題という感じもします。



【問題の原因の単純化】

そして、妻や子供がカルトに入ったことで家庭が崩壊したという話も書かれていますが、それらは、カルトに入ったことが原因で家庭環境が壊れたというよりは、元々、家庭の中で妻子との関係に問題が内在していたことが、カルト団体への入信という形で現れただけではないかなぁとも思えるのでした。

どうも、問題の原因をカルト入信が原因だ、というように、ごく単純なことに求めたがるのが人間なのかもしれません。
問題の原因を単純化して捕らえれば、例えば、カルトから脱しさえすれば問題は解決する、というよに、単純化した問題の原因さえ解決すれば全て丸く収まると錯覚してしまうという弊害が生じるようです。

実際、本書で、妻子をカルトから取り戻しても、妻子との関係が修復することはなく、また、その原因をカルト入信の後遺症という風にしてしまっていますが、結局、問題の本質はもっと根深いところにあったり、複雑だったりするところを、カルト入信に集約することで直視することを避けている感じです。

こういう思考に結構陥りがちだなぁと思いながら読んでいましたが、問題の当事者は、ついついこうやって単純化することで、答えを手早く得たいと考えてしまうのかもしれません。



===================================
【『「カルト」の正体。』より】
「カルトとは、ある人物あるいは組織の教えに絶対的な価値を置き、現代社会が共有する価値観―財産・教育・結婚・知る権利などの基本的な人権や家族の信頼関係といった道徳観―を否定する集団である」

(書き出し)
グルを自称するライフスペースの高橋弘二とその信奉者たちが、1999年1月に19人(企業、団体含む)を名誉毀損で訴えた。

(結び)
鎌倉仏教だって、できたときはカルトだったんだからさ。そこを押さえとかないと、この反カルトのカルト性の座談会だって、不毛なだけなんだよ。
===================================

関連記事
[ 2020/02/23 02:21 ] その他ルポ | TrackBack(0) | Comment(0)

【書籍:ルポ】 硯の中の地球を歩く

【評価】★★★☆☆

suzuri_earth.jpg
著者:青柳貴史
出版:左右社


【手彫りで作られる硯】

硯職人である著者の、硯作りにまつわる、職業ルポ的な作品。
硯と言うと、小中学校の頃の習字の授業くらいでしか接する機会はなかったので、どちらかというと、真四角な画一的な工業製品っぽいイメージでしたが、一つ一つ、手彫りで作る硯というものが、今もあるのだなぁと、目から鱗でした。

確かに、書家の方が使う硯は、学校の授業で使っていたような無機質な硯のわけはなく、ある種、芸術品のような硯を使っているんだろうなぁというのは、ちょっと想像すれば分かることだったかもしれません。



【全身を使っての硯つくり】

著者が作る硯は、一つ一つ手彫りの作品で、一月に作れる作品数は3つほどと言うことで、まさに芸術品に近い作品と言えるのかもしれません。
硯作りの一端も、本書に記載されていましたが、石を鑿(のみ)などの道具を使って、手で彫るんですね。

彫ると言っても、木版画のようにはいかないので、腕だけでなく、鑿の握りを肩に押し当てて、体全体を使って彫るそうで(彫っている写真も載っています)、かなりの力が必要となりそうです。
そのため、右肩の筋肉が異様に発達してしまうそうで、硯というと、どことなく、ちんまりとしたかわいらしい雰囲気がありますが、それを作るまでの作業は、そんな雰囲気からは想像しがたいものがあるのでした。



【ロッククライミングが意外にも役立つ】

本書では、硯の原料となる石を探す話もかなり割かれています。
硯職人になってから、趣味で始めるようになったロッククライミングが、意外にも、硯つくりの仕事に役に立ったというのは、驚く話でした。

硯の原料は石であるわけですが、石に触れたり、石の感触を感じ取る力が、ロッククライミングで岩肌に触れ、向き合うという体験を通じて得られたというのは、確かに、納得できる話ではあります。
ただ、意外な趣味が、仕事に通じてくることがある、というのは面白い話でした。

硯作りというと、どことなく、工房に閉じこもって、一日中、座り仕事で石を彫るようなイメージでしたが、中国の山奥に石を探しにいったり、日本国内にもよい石がないか、採石業者や地質学者から情報を聞きに回ったりと、外にでてアドベンチャーなことをすることも多いというのも、面白い話でした。


==========================
【『硯の中の地球を歩く』より】
良いものはちょっとしか出てこない。不思議と地球はそういう風にできている。

(書き出し)
ぼくには妻が二人いる。

(結び)
そして、硯だけをつくっていれば良い世の中になれば、きっと祖父も、「良い時代にしたな」と言ってくれるだろう。
==========================


関連記事
[ 2020/02/12 00:00 ] その他ルポ | TrackBack(0) | Comment(0)

【書籍:ルポ】 洗脳体験

【評価】★★★★☆

brain_wash.jpg
著者:二澤雅喜、島田裕巳
出版:宝島社文庫



【バブル時代の世相が反映】

バブル時期の1990年頃に大流行していた「自己啓発セミナー」への参加体験を綴った本。
バブルの頃は、「24時間戦えますか」といったCMが流行り、会社の研修でも軍隊式の研修が行われたりと、一種異様な高揚感に包まれた世相だった気がしますが、その世相の後押しを受け、自己を変革し新しい自分に生まれ変わるといった目的のセミナーとして、「自己啓発セミナー」が大流行でした。

1週間近い研修を30万円という高額を払って参加するという、まさにバブリーなものでありましたが、その内容は、心理学のテクニックを使った内容で、日常では体験できないだろう感情を味わえるという意味では、貴重な内容かもしれません。



【海外旅行と同質の体験】

本書では、4日間の初級コース(10万円)、1週間の中級コース(30万円)に、自腹でセミナー費を払い、参加した体験が詳細に描かれています。

参加者の固定概念を突き崩すための様々な仕掛け、参加者同士による秘密の告白によってセミナー参加者の距離感を縮めていくテクニック、感情を爆発させ、非日常の体験を実感させるなど、アメリカで主に研究が進んだ心理学のテクニックが使われながら、参加者の価値観や意識を変えさせる内容です。

正直、結構、面白そうなセミナーだと思いながら読みました。
秘密を告白するなどハードルが非常に高く感じられる内容である反面、自分を解放して日常では味わえない体験ができるという意味では、30万円払って海外旅行に行くのと、ある種同質な体験かもしれないなぁと思いながら読みました。



【エンターテイメントとしての体験】

海外旅行でも、現地にはまってそのまま移住してしまうという人もたまにいますが、体験をどれだけ自分自身が客観視できるかで、日常への影響の度合いに違いがでそうです。

本書の著者は、セミナーについて、「観客参加の、良質なエンターテイメントのように思われた」という感想を述べていますが、エンターテイメントとしてみると、なかなか面白そうだし、エンターテイメントと割り切れば、海外旅行レベルの体験型のアトラクションであり、満足感も高いように思います。

以前、妻が、市役所からの誘いで参加したワークショップみたいなものが、車座になって、みんなが順番につらい体験を話して、それを聞いて泣くという内容だったということがありました。
妻曰く、「久々に人のつらい体験話を聞いて、思いっきり泣いて、すっきりした」ということでしたが、これも、ある種このセミナーの手法の一部を使ったものだなぁと思いました。

意外と、日常でも、心理学の手法を使ったプチ体験的なものがあるんだなぁと、本書を読んで思ったことでした。



==================================
【『洗脳体験』より】
しかし、実際にセミナーを体験してみると、それは四日間に及ぶ、観客参加の、良質なエンターテイメントのように思われた。

(書き出し)
「最近、妙なセミナーが流行ってるんだけど知ってる?」と複数の友人に訊かれた。

(結び)
不満があっても、この自分と長く付き合っていく他はない。もし、セミナーの体験を通して、そういったことに気づくことができるのであれば、それはとても貴重な人生のエピソードのひとつとなるのだ。
==================================


関連記事
[ 2020/02/11 00:00 ] その他ルポ | TrackBack(0) | Comment(0)

【書籍:体験談】 突然、僕は殺人犯にされた -ネット中傷被害を受けた10年間

【評価】★★★★★

smily_kikuchi_net.jpg
著者:スマイリーキクチ
出版:竹書房



【社会に警鐘を鳴らした事件】

ネット中傷事件として非常に有名になった話で、一度、この本を読んでみようと思いつつも、なかなか機会がなかったのですが、今回、図書館で借りることができたので、読むことができました。

今でこそ、ネット中傷の問題が社会問題として取り上げられるようになり、警察の捜査もある程度行われる状況でしたが、スマイリーキクチさんの時は、ネットの影響力や仕組みへの理解がまだ十分ではなく、問題解決への動きも非常ににぶいという状況でした。

ただし、スマイリーキクチさんの努力もあり、この問題が社会に鳴らした警鐘は非常に大きく、意義があったのではと思います。



【多くの無責任と無関心】

本書を読むと、至る方面での人の無責任さ、無関心さを痛感させられます。
まず、一番は、ネットに中傷を書き込む人。
真偽も確かめず、もしくは真偽など関係なく、ただ人を叩くきっかけを待ち構えている人がいるということ。
他人に対する痛みなどの想像力に欠けているのでしょうし、誹謗中傷行為をしても、自分が責められることはないという無責任さなど、ありとあらゆる点で卑怯さしか感じられません。

また、捜査サイドも、「ブログをやめればいいんじゃない?」「ネットを見なければいいじゃない」という、安直でその場しのぎの回答でごまかそうとしたりと、面倒くさそうな話は、とりあえず、なんとかいなして、自分の身に降りかからないようにしようという意図が透けて見えて、悲しくさえなってしまいます。

ただ、仕事や日常生活で、そういった態度を取っていないか・・・我が身を振り返る気持ちにもなりました。



【検察官の問題意識の低さ】

10年にも及ぶ中傷被害の末、警察の中で、親身に動いてくれる刑事さんが出てきて、ようやく物事が動き出し始めます。この刑事さんは、実はネットオタクで、ネットの問題に関心が高かったということも、動いてもらえるきっかけになったようです。

中傷書き込みをした人のうち、特にひどい書き込みをした人物20人近くの身元を特定し、検挙にまで到達します。

しかし、その後、検察庁に送られ、1年近い審議の末、全員不起訴処分。
検察官が、スマイリーキクチさんにその理由を説明しますが、「みなさん、遊び半分ですし」、「あなたがネットやらなければいいんじゃない?」など、明らかにネットを理解していない内容で、今の状況からすると、非常に問題意識の低い、不勉強としかいいようのないものでした。

スマイリーキクチさんが、不起訴理由の適当さに憤りを感じt、「それじゃあ、逆に今度は、私が、検挙された人の名前や住所をネットに書き込んでもいいというわけですか?」と詰め寄ると、「2チャンネルはまずいですけど、あなたのブログにだったら構わないと思いますよ」と驚愕の返事。

当時の認識って、こんなもんだったんだなぁと驚きの返事だったのでした。

警察や検察官、裁判官こそ、世情や世の中のトレンドをしっかりと把握して、時代の一歩先を行った対応をして欲しいものですが、現実は、時代の3歩も4歩も後ろにいるとしか思えない対応で、警察や検察官は、もっとしっかりして欲しいものだ、と本書をよんでつくづく思ったのでした。



================================
【『突然、僕は殺人犯にされた』より】
ネットの中傷を便所の落書きと揶揄する人もいる。確かに落書きレベルの内容だが、便所の落書きは上からペンキを塗ればすぐ消える。でも、ネットの落書きを消すのは容易ではない。

(書き出し)
警察庁には、インターネット上の誹謗中傷に関する相談が年間一万件以上も寄せられています。

(結び)
お世話になった方々に恩返しできるように、その人たちに恥をかかせないように歩んでいければ、これから最高の人生が送れると思う。
================================

関連記事
[ 2020/02/10 00:00 ] その他ルポ | TrackBack(0) | Comment(0)

【邦画:SF】 進撃の巨人(映画)

【評価】★★★☆☆

going_titan.jpg
2015年/日本
監督:樋口真嗣
主演:三浦春馬


アニメの実写版映画を見てみるかぁという、謎の自分縛りを入れてレンタル。
先日は、「テラフォーマーズ」を見たので、今回は、「進撃の巨人」をレンタル。

【ストーリー】
=========================
人類は突如出現した巨人たちに喰われ、滅亡の危機に瀕していた。
巨人からの脅威を逃れるため、三重の防壁に囲まれた土地に逃げ込み、100年が経過しようとしていた。
防壁の外には巨人の存在は感じられず、人々の中で防壁の外に出て行こうという機運が高まる中、突如、巨人たちが襲来、外側の壁が壊され、多くの人々に被害が出てしまう。
主人公は防壁の修復のための決死隊に参加し、巨人討伐と防壁修復に向かう。
その戦いの最中、主人公は突如、巨人に変身、襲ってくる巨人をなぎ倒した後、元の人間の姿に戻ってしまう。
巨人ではないかと疑われる主人公は処刑を免れ、仲間と共に再度、防壁修復に向かうが、巨人たちは、人類の生み出した生物兵器によって、人間自身が巨人化したという事実、防壁の為政者も実は、変身できる巨人であり、人類を支配するため、再度、巨人を集め防壁を襲撃させたという事実を知ることになる。
主人公は、人類を支配していた巨人を倒し、再度、防壁を修復させることに成功するのだった(完)。
=========================



【ウルトラマンでした】

「進撃の巨人」は原作を読んだことはなかったので、断片的な知識しかなかったのですが、前回見た「テラフォーマーズ」が仮面ライダーだとすると、「進撃の巨人」はウルトラマンだったなぁ、というのが、総論的感想でした。
本作は、前編の「ATTACK ON TITAN」と後編の「END OF THE WORLD」の2本立てになっていますが、前編は、人間たちによる巨人討伐の話、後編は、巨人に変身した主人公と巨人たちの戦いとなっています。

前編が、ウルトラ警備隊の活躍を描いているとすれば、後編が変身したウルトラマンと怪獣の戦いという構図で、巨人に変身した主人公に時間制限がある当たりも、ウルトラマンだなぁと思うところだったのでした。



【子供の時と同じ気持ちで・・・】

子供の頃、ウルトラマンが好きでよく見ていましたが、話の前半(というか大半)のウルトラ警備隊や人間中心のドラマは正直退屈で、最後の5分に登場するウルトラマンを見たいという一心でテレビに齧り付いていた記憶があります。

本作も、前半のウルトラ警備隊の話(そうじゃないって)は、少々退屈してしまいましたが(子供の時と精神構造が変わっていないようだ(笑))、後半のウルトラマン話(そうじゃない!)は、それなりに楽しめました。

やっぱり、ウルトラマンは、ウルトラマンが登場してナンボですね。



【ラスボスがまさかね!】

ただ、単純なウルトラマン話ではなく、巨人の出現が、人類の生み出した生物兵器のせいで、しかも、同じ人間が巨人化して襲ってきているという、これは、ゾンビ話的な設定だなぁと、ウルトラマン×ゾンビなのか!と、なかなか驚かされたのでした。

そして、一番のびっくりが、ラスボスが、人類を支配する為政者で、しかも、その為政者は変身できる巨人でした、というオチ。
突き詰めると、色々と突っ込みどころがありそうですが、巡り巡って、敵に支配されていたという構図は、なかなかのどんでん返しでした。

えーと、結局、どうすれば良いのか。敵を倒せば良いのか、味方だと思っていた政府を倒せば良いのか。世界は難しくできているようです。

しかし、そんな難しい話も、高い城壁の上から遠くの海を見下ろせば、すっぱり吹き飛ぶという、まさに、青春ですなーというオチも意外に良かったですな(笑)。

関連記事

【書籍:ルポ】 怪しい広告

【評価】★★☆☆☆

ayashi_kokoku.jpg
著者:別冊宝島編集部
出版:宝島社



【アダルト、フーゾク系はそもそも怪しいですよね】

怪しい広告の裏には何があるのかを取材したルポ作品。
ちまたに溢れる怪しい広告の多くは、アダルト、フーゾク系のものなわけで、本書も、アダルト、フーゾク系の広告について割いた章がかなりの割合を占め、まぁ、読みにくいこと(笑)。
電車の中で読んでいると、怪しげな本を読んでいると周りに思われてしまいそうで(半分当たってはいますが)、どうも、内容に集中ができなかった。

後は、アダルト、フーゾク系の怪しい広告の裏にある実態が怪しいのはある種当たり前で、新鮮味、驚きに欠け、この点、アダルト、フーゾク系のネタは面白みに欠けた印象。



【まっとうな商売にも通用するアイディア】

他方、読んでいてなるほどねぇと思ったのが、怪しい広告を出すような分野でも、市場動向、市場調査というのは、非常に重要だということ。

アダルト系の宅配ビデオの商売では、お客さんが対面で商品の支払いをしないで済むように、ポストにお金を入れておけば、宅配する人がお金を確認して商品を入れておいてくれるといった、最近、まっとうな宅配ビジネスでロッカーに荷物を預けるという仕組みに似たような話が出ていたりします。
本書は、10年以上前の本なので、そう考えると、アダルト系の業界の意外なアイディアが、まっとうな商売のアイディアでも充分通用するんだなぁと思うところで、どんな商売でも、アイディア勝負だったりするところは、基本、変わらないところです。



【顧客リストの重要性】

もう一つ、興味深かった内容としては、名簿屋の話。
色々な商売をするのに、ダイレクトメールを送ったりするための顧客リストは非常に重要であるわけですが、自分の商売と関係性の深い顧客リストがあると、商売にとっては非常に有用なわけです。

アダルトグッズを販売する人が、レンタルビデオ屋が持っている顧客リスト(アダルトビデオのレンタル者など)を入手して、非常に商売がうまくいった話が出ていて、内容はあれなわけですが(笑)、顧客リストの重要性を非常に痛感する話でした。

昨今は、企業への不正アクセスで顧客情報が流出して大問題になるということが頻発していますが、裏を返すと、それだけ、顧客リストは宝の山とも言えるわけです。

昔から、顧客リストが商売の鍵であるということが分かる話ではあるわけですが、少々(かなり)怪しげな分野での話が、表のビジネスでも通用するセオリーなんだなぁと考えると、なかなか怪しげな分野の情報も役に立つようです。



=================================
【『怪しい広告』より】
たしかに法律というのは正義の味方ではない。契約と同じで決まりを守るようにあるだけだともいえる。無知は罪とはよくいったものである。

(書き出し)
スポーツ新聞、夕刊紙の広告欄は謎に満ちている。

(結び)
そしてエステティックの広告やオカルト・グッズの通販広告が宣伝する「より大きな可能性」や「今とは違う本来の私」という商品は、とどのつまり「思いどおりにならない今」から一足飛びに飛躍したいと思う小児的欲望をくすぐり誘う幻にほかならない。
=================================

関連記事
[ 2020/02/03 00:00 ] その他ルポ | TrackBack(0) | Comment(0)

【書籍:犯罪小説】 暗闇商人

【評価】★★★★☆

kurayami_syounin.jpg
著者:深田祐介
出版:文藝春秋



【テロ、拉致、誘拐】

1970年代~80年代に起こった、日本赤軍によるテロ、北朝鮮による日本人拉致、フィリピンでの日本人誘拐事件(若王子事件)といった、日本人に衝撃を与えた事件をベースに書かれた小説。
小説ではありますが、実際の事件を綿密に取材し、事実をベースに書かれているようなので、かなりのリアリティがあり、今読んでも衝撃的です。

特に、話の中心となる北朝鮮による日本人拉致は、これだけ周到に準備され、知人、友人として近づいて、長期間にわたり信頼関係構築を図られた上で、拉致を実行されてしまえば、防ぎようがないなと思わざる得ない展開となっています。

航空機をハイジャックし、北朝鮮に逃げ込んだ日本赤軍のメンバーが、日本人拉致に大きく関わっていたというのは、今や知られたる事実ではありますが、実際にどのような手段で拉致を実行していたかというのを具体的に理解でき、衝撃的でした。



【あの若王子事件も!】

本書では、日本人拉致に関わったメンバーが、テロ活動の資金獲得のために、フィリピンのマニラで、日本の商社の支店長を誘拐するという事件が起こります。
・・・この話は、子供の頃、センセーショナルに報道され、子供心にも強い衝撃を受けた「若王子事件」ではないですか!
「若王子事件」では、身代金を引き出すために、誘拐した日本人の中指を切り落としたと見せかけるトリック写真や、誘拐された日本人の血が付いたハンカチを送りつけてきたりと、事実は小説より奇なりという言葉がぴったりの展開を見せたものですが、本書でも、その当たりの誘拐犯側の事情やトリックの方法、対峙するセキュリティー会社の判断など、誘拐を巡る緊迫した駆け引きが描かれています。

当時の新聞報道では、衝撃的ということだけが印象に残っていますが、本書を読むと(小説ではありますが)、解放を巡って、身代金の駆け引きなど、色々なことが考えられて行われていたんだということを知ることができ、非常に興味深い内容です。



【不法国家・北朝鮮】

北朝鮮による日本人拉致、若王子事件という流れが、最後は、北朝鮮による大韓航空機爆破事件と収束する流れとなっています。
こうやって一連の流れを見ると、今もそうですが、北朝鮮、無法国家としかいいようがないなぁと今更ながら感じます。

そして、外から見ると無法としか言い様がない北朝鮮の政策を熱烈に支持し、なりふり構わず不法行為を実行する人々(北朝鮮の諜報機関のメンバーなど)も存在しています。

私からすると、異常者としか思えないのですが、立場変わればそれが大義だと心から信じるのが人間というわけで、人間の価値観や正義のあり方の脆さを痛感せざる得ません。



===============================
【『暗闇商人』より】
強制連行された人間に、正義を説いても、それはアウシュヴィッツに収容されている人間にナチス党員が正義を説くのとなにほどの違いはあろう。

(書き出し)
天井から顔に冷たいものが落ちてきて、佐久間浩美は眼を覚ました。

(結び)
1987年11月28日、アブダビ発のソウル行き大韓航空858便はバンコク到着直前に爆発、墜落した。
===============================



関連記事

【洋画:戦争】 ドローン・オブ・ウォー

【評価】★★★☆☆

dron_of_war.jpg
2015年/アメリカ
監督:アンドリュー・ニコル
主演:イーサン・ホーク

以前、遠隔操作無人攻撃機、いわゆる「殺人ドローン」と呼ばれるアメリカの新型兵器のオペレーターの人が書いた本を読んだことがありましたが、おそらくは、そういった実話を元にして製作された映画だと思われます。現代の戦争の模様を知ることができそうな作品です。

【ストーリー】
============================
空軍のパイロットから、殺人ドローンのオペレーターとなった主人公は、その任務の特殊性に閉塞感を感じていた。
安全な米国本土から、殺人ドローンを操縦し、上空3000mから標的を監視し、ミサイルを撃ち込み殺害するという任務に疑問も感じるのだった。
更に、CIAの任務を殺人ドローンを使って支援することとなるが、CIAの作戦ルールは、民間人も巻き添えにしても標的を殺害するという、軍のルールと比べても大幅に緩いものであることから、その任務に嫌悪感と疑問がますます生じることになるのだった。
そして、CIAの任務で、殺害したテロリスト幹部の葬儀にもミサイルを撃ち込み、無関係な人もろとも殺害するという任務を行うに至り、主人公の精神状態は限界を迎えることになる。
これにより、家庭も崩壊し、追い込まれた主人公は、ドローンによる監視で発見したテロリストではない単なる犯罪者を勝手にミサイルで攻撃した後、軍の任務を放棄してしまうのだった(完)。
============================



【殺人ドローンの実態】

いわゆる「殺人ドローン」なる遠隔操作無人攻撃機については、以前、本で読んだことがあったので、なんとなく自分なりにイメージはできていたつもりですが、本作品を見ると、そのオペレーションや、戦争が、映画「ターミネーター」の世界が現実になりつつあるということが実感できます。

遠く、アメリカ本土のラスベガスの基地から、イラクやアフガニスタンなどの遠くの地を、無人飛行機で監視し、敵を発見するとミサイルを撃ち込んで抹殺する。
攻撃される方は手も足も出ない。あきらかに一方的な攻撃をアメリカから加えられているという実情です。



【戦争に加わることの罪悪感】

安全な場所で危険を感じることなく戦争に興ずることができる立場であれば、ストレスを感じることなく、健康にも良いのではと思ってしまいますが、やはり、方法を変えようとも、戦争であるため、攻撃に加わる人間には、相当の負荷がかかります。

時には、関係のない人を巻き添えにして敵を殺すと言うことも黙認せねばならず、それが遠隔操作であれ何でもあれ、罪悪感や自身の行為に対する蔑みを感じざる得ないわけです。
戦争は、人間が関わる限り、関わり人間に大きな傷跡を残すのだなぁと感じます。



【戦争のルール】

殺人ドローンでの攻撃は、民間人を巻き込まずに攻撃すること、攻撃後の成果評価(要は、どれだけの敵を殺したのかを数えること)をすることなど、戦争のあり方が進歩しているように感じます。

第二次大戦であれば、都市への無差別爆撃で、民間人もろとも敵を壊滅させるという、非人道的な作戦が横行したわけですが、それに比べると、殺す対象者を特定し、できる限り、対象者以外に被害をださないことというルールで攻撃が行われており、できる限り、非人道的にならないよう、注意が払われているように感じます。

それでも、攻撃命令を下す側は、何かと理由をつけ、民間人への巻き添えを正当化するわけで、映画でも、命令を下す軍やCIAの自己正当化は、見ていてムカムカするのでした。

しかし、殺人ドローンを見ていると、戦争と言うよりは、ゴルゴ13のようなスナイパーによる暗殺行為の方が近く、3000m上空で、地上からは肉眼で識別することが困難な位置から、数百m四方を四散させるミサイルを撃ち込まれるんじゃたまらんなぁと思うわけです。


関連記事
[ 2020/02/01 00:00 ] 戦争 | TrackBack(0) | Comment(0)
ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
134位
[サブジャンル]: レビュー
76位
カレンダー