FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2019 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 02
月別アーカイブ  [ 2020年01月 ] 

【書籍:軍事】 専守防衛

【評価】★★★☆☆

著者:外山三郎
出版:芙蓉書房


【専守防衛の戦史紹介】

「専守防衛」という言葉は、冷戦時代に日本の防衛方針のあり方としてよく聞いた言葉だったと思いますが、最近は、この言葉はほとんど聞かなくなったように思います。
「専守防衛」の定義があまりはっきりせず、本書を読んでもその当たりはいまいちはっきりしませんが、広義に取れば侵略戦争を目的とした戦争、狭義に取れば、相手に攻撃を受けて反撃し、かつ、敵国領土には攻撃をしかけない、といったあたりでしょうか。

本書では、専守防衛の戦史紹介、戦史を踏まえた日本の専守防衛のあり方が提言されています。
戦史は、攻め込まれて受け手に回って勝利した側にスポットを当てた内容で、これをもって専守防衛の事例というと、専守防衛の範囲はかなり幅広いことになるなぁという印象。

イギリスの事例は3件と最も多く、スペイン無敵艦隊との戦い、ナポレオン戦争、第二次大戦が取り上げられており、日本と同じ島国でありますが、ヨーロッパ大陸の国々と関わりがあるだけに、置かれている情勢もかなり異なる感じで、外交と戦争の両方をにらみながら、かなり繊細な駆け引きがイギリスには求められていたようです。



【通商破壊作戦】

戦史紹介で興味深かったのが、第一次世界大戦、第二次世界大戦におけるドイツの無制限潜水艦攻撃-いわゆる海上通商破壊作戦に関するもの。

第一次大戦においては、ドイツがもっといち早く、無制限潜水艦攻撃に踏み切っていれば、イギリスを屈服させることができたのではないか、というのが著者の主張ですが、無制限潜水艦作戦が中立国-特にアメリカの対ドイツ参戦を誘発してしまったことを考えると、戦術面では効果はあっても戦略面では失策のきらいがあり、そう簡単ではないでしょう。
戦争が自国と相手国だけの問題ではなく、中立国など利害関係を持つ国も多数ある中で、どれだけ、中立国を味方に付けられるかが、戦争の帰趨を決するということを示唆する事例と思われます。

第二次大戦のドイツのユーボートによる海上通商破壊作戦は、連合国側の対潜水艦技術-ソナー技術開発や空爆による潜水艦攻撃などの技術進歩が、ドイツの作戦を頓挫させており、日米の航空機戦でもそうでしたが、技術開発競争が戦争の行方も左右するという、まさに国家の総力戦こそが第二次大戦であったことを示しているように思われます。



【海上輸送の防衛】

ドイツの通商破壊作戦を戦史の教訓として、本書では専守防衛の要として、海上輸送防衛に主眼を置く軍事力整備を提言しています。
日本が、補給軽視で戦争に敗れたことを踏まえると、海上輸送をきちんと確保する戦略・戦術は非常に重要に思われます。

本書が書かれた当時は、仮想敵国(ソ連)との直接戦争を想定しての海上輸送防衛なので、現在の戦争のあり方からすると、現実とだいぶかけ離れた提言ではあります。
戦争が、国家間の直接戦闘から、テロや破壊活動など正規の軍事力を使わない方法で攪乱を主流とするような状況は、当時からすると考えられないことでしょうから、これは致し方がなく、むしろ、戦争のあり方が大きく変わったことの驚きの方が大きいように思います。

とは言え、通商安全の確保は、現在の日本にとっても、命綱ではあるので、防衛の仕方は変わっても、様々な方法を用いて、通商確保に努めることは重要です。



=============================
【『専守防衛』より】
しかしこれらの事実は、圧倒的な大軍の侵入に対しては、それが地続きの国境を越えてくるときは、究極的には阻止できないことを示したことになる。

(書き出し)
世界史を顧みるとき、大敵の直接侵攻を見事に撃退した大戦争の歴史が燦として輝いている。

(結び)
後者については、日本周辺海域を含め米海軍のシー・パワーに依存しなければならないことを認め、米海軍との協力に万全を期さなければならない。
=============================


関連記事
スポンサーサイト



[ 2020/01/12 14:18 ] 軍事 | TrackBack(0) | Comment(0)
ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
134位
[サブジャンル]: レビュー
76位
カレンダー