FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2019 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 01

【洋画:歴史】 サムソン -神に選ばれし戦士

【評価】★★★☆☆

samson_god_choise.jpg
2018年/アメリカ、南アフリカ
監督:ブルース・マクドナルド
主演:ジャクソン・ラスボーン

1人vs1000人みたいなキャッチコピーがあったので、ついつい借りてしまいました。
なんか、多勢に無勢でやっつけるみたいな展開、気になるんですよね。

【ストーリー】
========================
紀元前1000年頃のイスラエル。
ユダヤの民は、他の部族の奴隷とされ、苦難の時代を迎えていた。
ユダヤの民の中から、民を苦難から解放する救世主が現れるという予言が信じられており、怪力を誇るサムソンは、人々から救世主であると信じられていた。
しかし、当のサムソンは、救世主たる自覚はなく人々の期待から外れる行動ばかり取るのだった。
そのような中、サムソンは結婚をしようとするが、国王の策略で婚約者を殺されてしまう。その事件に端を発し、サムソンは一人で国王軍1000名と戦い、国王軍を全滅させてしまう。
サムソンの力を恐れた国王は、その後、サムソンの村に手出しをするのを控えるが、サムソンの力の秘密を知り、その力を封じて捕虜として捕らえることに成功する。
そして、城門の前でサムソンを処刑しようとするが、サムソンが怪力を発揮し、城門を倒し、自身といっしょに、国王もろとも、敵兵を城門の下敷きにし国王軍を壊滅させるのだった。
このことに勇気を得たユダヤの民は自由を得るため、武器を手に取り立ち上がるのだった(完)。
========================



【旧約聖書が題材の作品】

映画を見始めて気づきましたが、確か、旧約聖書の中にあるエピソードを題材にしていますね。このエピソードを基にした、他の映画も観た記憶があります(映画「サムソンとデリラ」)。
映画「サムソンとデリラ」の細部はすっかり忘れましたが、最後のオチ(サムソンが城門を崩して自分ごと敵国王をぺしゃんこにしてしまう)は印象的だったので、この場面を見て、「あぁ、この話ね」と思い出しました。

本作を見て、神様がサムソンにユダヤ人を導けと言いつつ、導く方法はこれかい!と、神様の無茶っぷりに突っ込みを入れてしまいましたが、映画「サムソンとデリラ」の感想を読み返してみると、やっぱり似たような感想を書いていたので、サムソンのエピソードは、どうにも神様の無茶っぷりが目に付く話のようです。



【優柔不断でもやもや展開】

本作では、サムソンは神に選ばれし者として、周囲から期待されるものの、本人にその自覚がなく、周りをやきもきさせる上に、怪力という優れた才能をまったく活かし切らないという展開が続きます。

才能や能力があるのに、自堕落でやる気がないのを見ると、周りとしては非常にがっかりさせられますが、本作の後半くらいまで、サムソンはそんな感じなので、どうにも歯がゆく、もやもや感がいっぱいな気持ちになります。

中盤、サムソンがやむにやまれず、国王軍1000名と戦い、一人で壊滅させるという展開もでてきますが、ぜひともその勢いを駆って、国王をぶっ倒してくれと思うわけですが、「そもそも、神との約束で、死者に触れてはいけなかったのだ」などと言って、矛を収めてしまいます。
・・・1000名の兵士を殺しているのだから、十分、死者には触れていると思いますよ。

結局のところ、サムソンはどうにも優柔不断で、決断力や判断力に欠けるなぁと言う印象。
これでは、人を率いるのは難しいだろうなぁ・・・。



【学ぶために苦労することは難しい】

結局、女性に怪力の秘密を漏らし(髪を切ると怪力を失ってしまう)、国王にその秘密を知られ、怪力を封じられ捕虜になり、両目を失って、ようやく神の使命に目覚めるサムソン。

苦労しないと、人は成長しないし、学ばないんだなぁと思うわけですが、サムソンが学ぶのに必要な苦労は、ちょっと常人の苦労とはだいぶレベルの違う苦労のようです。
できれば、少しの苦労で多くを学べる人間となりたいものです・・・。

そして、冒頭でも触れましたが、サムソンがやったことというのは、処刑のため城門に引きずり出されるものの、神の恩寵で怪力が復活、城門を引き倒して、自分もろとも、敵国王や兵士を下敷きにして殺してしまうという結末。
・・・怪力の使い道としては、確かに一番まっとうな使い方ではありますが。やっぱり、こういう結末なのか、とびっくりではあります。

本作では、さすがにそれではどうかと思ったのか、サムソンの自己犠牲的精神に感化されたユダヤの民が自由を得るためにたちが上がるという話につなげています。
やっぱり、何らかの形で民衆の心を動かしました的な結末じゃないと、サムソン、かわいそうですよね。

それにしても、神様というのは残酷というか、意地悪というべきか・・・。



関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/12/31 00:00 ] 西洋史 | TrackBack(0) | Comment(0)
ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
212位
[サブジャンル]: レビュー
106位
カレンダー