FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2019 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 01
月別アーカイブ  [ 2019年12月 ] 

【書籍:歴史】 天翔ける女

【評価】★★★★☆

tenkakeru_onna.jpg
著者:白石一郎
出版:文藝春秋



【まさかの実在人物-大浦慶】

幕末に長崎で、外国と茶葉貿易を初めて行った女性を主人公とした作品。
てっきり、創作かなと思ったら、実在の人物。大浦慶という女性。

何せ、没落した油販売の家業から、長崎に出入りする外国商人に日本茶を売ることを思い立ち、当時、茶葉をヨーロッパに輸出する本場である上海の状況を知るため、上海への密航まで行い、長崎で茶葉輸出と言えば大浦慶と言われるまでの大商人になるという、てっきりフィクションとしか思えない人生行路なのですから。

これが男性だったら、「実在の人物かぁ」と感心するくらいだったかもしれませんが、幕末という、女性が活躍するには非常に制限のあった時代で、これだけのことをした女性がいたというから、事実は小説より奇なり。小説以上に小説みたいな話です。



【茶葉を巡る国際貿易】

主人公の大浦慶、茶葉の輸出商人として大成功しますが、他方で、激動の幕末。尊皇攘夷の志士たちとも交流を深め、まだ海のものとも山のものともしれない志士たちを食客として養ったり支援することで、裏から、明治維新を支える役割も担っています。

交流のあった中には、坂本龍馬率いる亀山社中の面々もおり、商売っ気のある坂本龍馬と交流があったというのも面白いところです。

茶葉を通じて、当時の国際貿易の様子を知ることができるのも本書の面白いところであり、大浦慶は、日本茶を中国で生産するのと同じ釜入り製法で、おそらくウーロン茶に近いような茶葉を生産し、中国がアヘン戦争で敗れ、供給能力を失った間隙を突いて、商売を伸ばすことに成功します。
しかし、その後、インドで大量に安い茶葉の生産が行われるようになると、価格競争に勝てなくなり、商売は衰退してしまいます。

なんだか、近年、製造業が、日本から韓国・中国、ベトナムや東南アジアへ中心が移っていった歴史と近似する話で、商売の栄枯盛衰は今も昔も変わらないように思われます。



【成功体験から失敗へ】

晩年、大浦慶は、茶葉の商売が衰退し、さらには、志士たちとの交友で商売で稼いだ金を散財してしまった上に、詐欺にひっかかったりして、茶葉輸出の大商人という面目を失ったまま、亡くなってしまいます。

葬儀には、幕末に世話になり、明治政府では大出世し高官となった政府要人たちが多く駆けつけたそうで、人生、トータルすると、やはり人を支援したり、助けたりすることは、自分にとって大きな財産を残してくれるもののようです。

ただ、晩年の没落を見るにつけ、成功することよりも、それを維持することの難しさが感じられます。
特に、大成功すると、その成功体験にとらわれ、それが原因で失敗に至るというのは、ビジネスの世界では、ダイエーの中内功を思い起こさせますし、歴史的には、旧日本軍の歴史なども想起させます。



==========================
【『天翔ける女』より】
これは賭けなのだ。賭けである以上、勝つとは限らない。

(書き出し)
場所がらに似合わぬ華やいだ挨拶の声をかけて、その女は長崎会所の払方の詰所に入ってきた。

(結び)
いまでは輸出茶から年々しめ出されてゆく九州の黒茶を、お慶はこんどは冥土で売り込むつもりだったのかもしれない。
==========================

関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/12/01 09:57 ] 歴史 | TrackBack(0) | Comment(0)
ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
212位
[サブジャンル]: レビュー
106位
カレンダー