FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2019 051234567891011121314151617181920212223242526272829302019 07

【書籍:歴史】 奴隷のしつけ方

【評価】★★★★☆

dorei_education.jpg
著者:マルクス・シドニウス・ファルクス(ジェリー・トナー)
出版:太田出版



【ローマ帝国の貴族が記した本】

本書の著者は、「マルクス・シドニウス・ファルクス」となっていますが、この著者は、架空のローマ帝国の貴族という設定で、この貴族が書いたローマ帝国における奴隷のしつけ方という本を訳したという設定になっています。

実際は、本当の著者であるジェリー・トナー氏が、ローマ帝国の歴史や古書などの研究成果を元に、当時の奴隷制度やその扱いをまとめたものになっています。



【社会を支える奴隷労働】

ローマ帝国時代、スパルタクスの乱など、奴隷(剣闘士)叛乱が起こったという歴史は多少は知ってはいましたが、ローマ帝国自体が、奴隷制度に支えられていたというのは認識がなく、かなりの驚きでした。

もちろん、全ての市民が奴隷を所有していたわけでもないのですが、貴族など、大土地所有者は奴隷の労働力で農園を維持したり、邸宅の管理に奴隷を使っていたりと、奴隷の労働力が社会基盤を支える、もしくは富裕層を支える仕組みになっているようでした。

現代社会は、ローマ時代に奴隷労働が担っていた仕事を機械などで代用されるようになり、現代から見ると非人道的としか思えない制度がなくなっているのは、社会の進歩と言えそうです。




【自分の子供も奴隷】

本書は、貴族の目線での奴隷管理の方法が描かれていますが、奴隷を人間として扱うといった思想が書かれている部分もありますが、全般的には、同じ人間として扱わないという流れがあるようです。

その最たるものが、女性の奴隷に産ませた自分の子供は、奴隷として扱うというもの。
奴隷が生んだ子供は、誰が父親であれ奴隷であるという思想で、自分の子供であれ、奴隷としかみなさないというのも、凄まじいなぁと思うところでした。

自分の血を引いた奴隷は扱いやすいので、自分の子供(奴隷に産ませた子供ではなく、いわゆる嫡出子)の子守をさせるのにうってつけであるとか、市民と奴隷という線引きが非常に強烈で、現在からすると、なかなか理解しづらい考え方です。



【組織マネジメントには使わない方が】

奴隷を効率よく働かせるには、鞭だけに頼ってはうまくいかない、とか、奴隷の働きの功績に報いて報酬を与えるべしとか、会社や組織のマネジメントにも通じそうな話もありますが、奴隷管理を元にした組織マネジメントは、なんか嫌です(笑)。

この手の本は、組織マネジメントに生かそうなんて思って読むものではなく、あくまで、ローマ帝国の当時の事情を興味深く知るために読んだ方がよさそうです。



=============================
【『奴隷のしつけ方』より】
初めて奴隷を買う人は鞭があれば足りると思いがちだが、代々奴隷を所有してきた家の者は鞭に頼れば奴隷が疲弊するだけだと知っている。

(書き出し)
数ヶ月前のこと、わたしの郊外の別荘である出来事があった。

(結び)
現代社会には、古代ローマのどの時代よりも多くの奴隷がいるのです。
=============================


関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/06/22 13:03 ] 歴史 | TrackBack(0) | Comment(0)

【洋画:歴史】 ヴァイキング ー誇り高き戦士たち

【評価】★★★☆☆

viking_roshia.jpg
2016年/ロシア
監督:アンドレイ・クラフチュク
主演:ダニーラ・コズロフスキー

タイトルは、「ヴィキング」ですが、内容は、900年代のロシアにあったキエフ公国を巡る歴史ストーリー。日本では、ロシアの歴史はあまりなじみがないので、興味を引きそうな「ヴァイキング」というタイトルにしたのかもしれません。

【ストーリー】
========================
970年頃のロシア。キエフ公国の王が死去し、領土を長男ヤロポルク、 次男オーヴルチ、三男ウラジーミルがそれぞれ継承する。
しかし、兄弟間の確執から、次男オーヴルチが長男ヤロボルクに殺されたことから、三男ウラジーミルと長男ヤロボルクの間にも争いが起こり、ウラジーミルがヤロボルクを殺し、キエフ公国の王の地位につく。
しかし、国内の不協和と外敵からの攻撃により窮地に立たされる。そこで、ローマ帝国との同盟を強めることで苦境から脱しようとするが、ローマ帝国は、その条件として、ローマに反旗を翻す都市を制圧することを要求してくるのだった。
その要求を受け入れ、堅固な城壁に囲まれた都市の攻略に乗り出す。正攻法では攻略が難しいことから、都市への水の手を絶つことで、都市の攻略に成功する。
この戦いの課程で、キリスト教に目覚めたウラジーミルは、キリスト教に改宗するのだった(完)。
========================



【人間関係の把握に苦労】

馴染みのないロシアの歴史ということもあって、ストーリーや人間関係の把握に苦労しましたが(そもそも、一番肝心な、長男、次男、三男の関係を理解できたのが、映画も終盤になる頃だったりと、私の理解力はだいぶ遅くなったのでした・・)、そこはかとなく、ロシアの歴史の雰囲気は掴めたかなぁと思います。

主人公は、三男ウラジーミルなのですが、歴史映画の主役と言えば英雄的人物と相場が決まっていそうですが、本作のウラジーミルは、そのような英雄的側面は薄く、どちらかというと様々な状況に苦戦し、物事がうまく行かない感じで、ちょっとパッとしなかったかも(笑)。



【人の支持を得ることが重要】

兄弟を倒し、キエフ公国の王座に就くウラジーミルですが、母親が奴隷であったという出自から、周囲から軽侮され、ウラジーミルに従うことをこころよしとせず、という人々に反旗を翻されたり、国内の宗教指導者の方が、民衆の支持を得ていて、思うように人々を動かせなかったりと、王になっても、何かと大変という感じです。

王座というのは、人の支持を得て、初めて意味をなすのだなぁと思いながら、映画を見ていたのでした。



【神の恩寵に恵まれた人物】

国内の反ウラジーミル派が、外敵と手を結んで攻め寄せ、いったんは、自分の城も燃え落ちる危険性のある火攻めで、なんとか撃退するものの、外敵の力は一向に衰えず、城陥落は時間の問題という状況にまでなります。
万事休すかと思ったところに、ローマ帝国の使者がキエフ公国を突如訪れたので、いったん休戦状態に。
ローマ帝国の要請を受け入れることで、窮地を逃れる展開になるのですが、多少、他力本願な展開が、気になるところです。主人公、絶体絶命のピンチに見舞われると、幸運に見舞われ窮地を脱するという展開が何度もあり、主人公は神の恩寵に恵まれた人なのかもしれません。

これが伏線になって、映画のラストではキリスト教に改宗するという展開につながったということなんでしょうか。
実は、宗教をテーマにした作品だったのかもしれません。

関連記事
[ 2019/06/17 00:00 ] 西洋史 | TrackBack(0) | Comment(0)

【洋画:ホラー】 サンズ・オブ・ザ・デッド

【評価】★★☆☆☆

suns_dead.jpg
2015年/アメリカ
監督:コリン・ミニハン
主演:ブリタニー・アレン


久々のゾンビ映画をレンタル。妻から、「ゾンビ映画好きだよね。もしかして、ゾンビに憧れてる?ゾンビになりたいとか?」・・・ゾンビになりたいって、そんな人いないでしょ、と思いましたが、ハロウィンで、ゾンビに扮装する人結構いるから、意外と願望あり?

【ストーリー】
===================================
ゾンビが蔓延する世界。
砂漠に取り残された主人公は、飛行場まで徒歩で目指すが、一体のゾンビに付け狙われてしまう。
ゾンビは足が遅いことから、追いつかれないように歩き続ける主人公だったが、ゾンビはあきらめることなく、主人公の後を追い続けるのだった。
途中、主人公は暴漢に襲われるが、ゾンビによって助られ、それをきっかけに主人公とゾンビの間に交流が芽生え、ゾンビをお供に、旅を続けることにする。
しかし、警備をしている軍隊にゾンビが見つかり、ゾンビは瀕死の(?)重傷を負わされ、主人公は自らの手で、ゾンビを始末するのだった。
その後、無事、飛行場についた主人公は、自分の子供が一人、家に取り残されていることを知って、救助に向かう。
子供と無事会えたが、家はゾンビの大群に包囲され、一人果敢にゾンビの群れに立ち向かうのだった(完)。
===================================


【ウサギとカメ?】

映画の終盤くらいまで、主人公と一体のゾンビしか登場しないという、かなり斬新なストーリー建てとなっています。
目的地である飛行場を目指し、砂漠を歩く主人公。その後を執拗に追い続ける一体のゾンビ。
ゾンビは足が遅いのですが、休むことなく着実に歩み続ける姿は、昔話「ウサギとカメ」のような展開。
終盤あたりまで、ただただ歩き続ける主人公とゾンビを映し出すだけの話なので、なかなか退屈なのですが(笑)、「ウサギとカメ」も映画化したら、盛り上がらせるのに苦労するだろうなぁと思いながら見ていました。



【妻の予言が的中】

終盤、暴漢に襲われた主人公を、ゾンビが助けてくれます。
助けたっていうか、暴漢を食糧とみなしたゾンビが襲っただけ、という見解の方が正しいですが。
これをきっかけに、主人公とゾンビの間に心の交流が生まれ、主人公はゾンビを飼い慣らす(?)ことに成功。

映画の冒頭、妻が、「きっと、この映画、主人公とゾンビが恋人同士になる話だよ」と予言していましたが、その予言が的中(恋人同士と言って良いかは分かりませんが)し、こっちの方が衝撃でした。



【ラストはかなり蛇足感あり】

恋人同士(?)になったのもつかの間、ゾンビはゾンビなので、旅の途中で軍隊に見つかり攻撃されてしまい、ゾンビは、動けぬほどの瀕死の重傷を負ってしまいます。瀕死って既に死んではいますが。
動けなくなったゾンビを目の当たりにした主人公、そのまま置いていけず、かと言ってその場にとどまること出来ないことから、自らの手で、ゾンビの頭を岩で叩き潰し、ゾンビの最期を看取るのでした。

こう書くと、すごくヒューマンな感じですが、どっちかっていうと、グロさが先立ちます。
この映画、一個一個の動作が、グチャっと虫を潰したり、使用済み整理用ナプキンで、ゾンビを誘導したりといった感じで、グロさが際立つ作りになっていて、賛否が分かれる演出という感じがします。

ラストは、唐突に自分の子供を助け出しに行く展開になり、子供と共にゾンビの大群に包囲され、大群に突っ込む主人公・・・というところで、映画終了。
最後の「子供救出ミッション」は唐突な上に、最後も主人公がどうなったかはっきりしない終わり方で、かなり蛇足な印象でした。

ゾンビを使った「ウサギとカメ」ストーリー。その点、なかなか異色なゾンビ映画でした。

関連記事

【書籍:ルポ】 沈黙のファイル -「瀬島龍三」とは何だったのか

【評価】★★★☆☆

chinmoku-file.jpg
著者:共同通信社社会部 編
出版:新潮社



【「沈まぬ太陽」の登場人物のモデル】

山崎豊子さんの小説「沈まぬ太陽」を読んだとき、政界のフィクサーとして登場した人物がいましたが、ブックオフでなんとなく、ぶらぶらと本を探していたら、「沈まぬ太陽」の政界フィクサーのモデルとなった人のことを書いた本を発見。
太平洋戦争時の大本営の参謀だった人が昭和の政界の裏側にいたというのは、初めて知りましたが、敗戦によって、戦前と戦後がすっぱり断ち切れたわけではないのだなぁと感じる内容です。



【政界フィクサーの経歴】

本書の主人公である瀬島龍三氏は、戦中、日本陸軍のエリート参謀として活躍、数々の作戦の立案に携わりますが、敗戦時、満州国の関東軍に停戦命令を伝える使者として満州国に渡った際に、ソ連軍の捕虜となり、11年間のシベリア抑留生活を送ることになります。
帰国後、伊藤忠商事に入り、政府絡みの裏(?)ビジネスとも言えそうな、防衛庁の武器調達や戦後賠償ビジネスと呼ばれる仕事に携わり、伊藤忠商事の会長まで上り詰める。そして、その過程で、時の総理や政治家の指南役として、時には、外交の裏舞台で調整役を務めたりしたことにより、政界のフィクサーと目されることとなる・・・こんな人物像です。



【こんな人にまで話を聞けたんだ・・・】

瀬島龍三氏は、11年間のシベリア抑留生活は一切思い出したくないということで、一言も語っておらず、戦後の伊藤忠商事のビジネスについても口をつぐんでいるため、瀬島龍三氏と関りのあった人の証言から、戦後の裏ビジネスのような話が積み上げられています。
そのため、核心にまでなかなか踏み込んで明かすことは出来ていない点もありますが、取材源が、当時の陸軍の参謀だったり、ロシアのシベリア抑留の強制収容所に関わった上層部の責任者のロシア人だったりと、このような人にまで話を聞けたんだという驚きもありました。



【シベリア抑留に関する評価】

巻末に、本書製作のため、取材協力いただいた人の、インタビュー内容も参考資料として載っていますが、興味深かったのが、シベリアの強制収容所の管理に関わったロシア人高官のインタビュー。

シベリア抑留に関する評価について、シベリアに抑留された日本人が職業の訓練を受け、また、民主的な思想を植え付けられたことで、それらの日本人が日本に戻ることで、日本の復興や民主化に大いに貢献した、といったことを述べているのですが、日本人からすると、何と荒唐無稽というか、我田引水な勝手な理屈なんだとあきれ返る理屈だと感じると思います。

他方、この発想って、日本人の中に、日本が戦前行っていた韓国や台湾の植民地政策について、日本の植民地政策が、韓国や台湾の産業発展の基盤づくりに貢献した面も否定できない、なんていうことをいう人がいますが、それと似通った発想だなぁと感じるところもありました。

結局、同じ事象でも、支配者側、被支配者側からは、180度異なる解釈が生まれるわけで、立場が変わると、想像を絶する解釈も出てくるんだなぁと、痛感する点でした。


=============================
【『沈黙のファイル』より】
参謀本部は官僚組織の典型なんですね。失敗から学ばない。後戻りの勇気がない。上がコントロール能力を失っている。その欠陥が今の官僚組織にものの見事に持続している。

(書き出し)
1995年6月3日、東京・中目黒の自衛隊幹部学校で開かれた軍事史学会。

(結び)
チャコールグレーのスーツ姿。ゆっくりとした足取りだった。
=============================


関連記事
[ 2019/06/02 03:43 ] その他ルポ | TrackBack(0) | Comment(0)
ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
168位
[サブジャンル]: レビュー
82位
カレンダー