FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2019 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 02

【邦画:コメディ】 お前はまだグンマを知らない

【評価】★★☆☆☆

gunma_unknow.jpg
2017年/日本
監督:水野格
主演:間宮祥太郎


「群馬の野望」といったゲームも出ていて、群馬ばやりなのか?と思い、ついついレンタル。

【ストーリー】
========================
千葉県から群馬県に転校してきた高校生の主人公。
群馬の独特な風習や、群馬県人の群馬愛の強烈さに戸惑いを覚えつつも、少しずつ、群馬になじんでいく。
そのような中、群馬県人を誹謗する中傷ビラがまかれる事件が発生。
その事件を解決しようとする中で、群馬県と茨城県、栃木県の争いに巻き込まれたり、思わぬ群馬のタブーに触れてしまうなど、トラブルに見舞われるが、事件を無事解決する。
そして、事件解決を通じて、主人公も群馬愛を少々、理解できるようになるのだった(完)。
========================



【起立・注目・礼・着席】

テレビ番組「秘密のケンミンSHOW」でやるような都道府県あるあるネタを映画にしたような作品。というか、たぶん、そういうコンセプトの作品なのでしょう。

群馬県の学校では、「起立・礼・着席」ではなく、「起立・注目・礼・着席」であるというネタは、「ケンミンSHOW」でも紹介されてたネタだなぁなどと思いつつ、トリビア的(?)面白ネタではありますが、それ以外のネタは、「赤城おろしの突風で鍛えられているので、女子の太ももは太い」とか、単なる作ったネタだよなぁというものも多く、他県の人に、「ほほぉ!?」と言わせるネタというのはなかなか多くはなさそうです。



【郷土意識の強さにびっくり】

映画に出てくる群馬県人は、自らを「グンマー」と称して、群馬県愛に溢れていて、郷土愛というべきか、郷土意識がこんなに強いのかとびっくりするやら、感心するやらでした。
だいぶ以前に、福島県の会津地方に住んだことがあり、会津地方も、そこそこ郷土意識の強い地域の印象でしたが、ここまで露骨ではなかったなぁ。

幕末の戊辰戦争の影響で、会津地方と長州藩こと山口県は犬猿の仲といった話もあり、会津地方に住んでいるというと、そういった話題も出ましたが、実際は、都市伝説に近く、むしろ、そういう話をネタに地域の盛り上げ材料にしている感が強かった印象がありました。

映画に出てくる群馬愛に溢れる人々も、どっちかというとかなりネタっぽさ満載ではあります。



【最後はパンチラネタですか】

最後は、赤城山の怒りを、主人公(男子)が下半身を出して沈めるというアホっぽいネタで締めくくられます。
赤城山の神は女神なので、男性が下半身を出すと喜ぶという民話的エピソードを基にした内容ですが、山の神は女神なので・・・という類似エピソードは、全国の山の話として、よく聞く話ですね。

あとは、その対比として、女子のパンチラが、世の争いごとをおさめるというネタも織り交ぜ、メデタシメデタシという、小学生的ネタで締めくくられ、アホっぽさ満載なのであります。
パンチラネタでちょっと笑ったのが、北朝鮮の金正恩とアメリカのトランプ大統領がアメリカ美人のパンチラで和解するというくそネタ(笑)。
アメリカ美人のパンチラと言えば、やはり、マリリン・モンローなのか!?(かなり古すぎ)

しかし、トランプ大統領、パンチラぐらいじゃ収まらない暴れっぷりだから、マリリン・モンローといえども、難しいのかなぁ・・・などと、群馬からだいぶ離れた思索に漂ってしまったのでした。

スポンサーサイト



[ 2020/01/19 00:00 ] コメディ | TrackBack(0) | Comment(0)

【邦画:犯罪映画】 日本で一番悪い奴ら

【評価】★★★★☆

japan_no1_evil.jpg
2016年/日本
監督:白石和彌
主演:綾野剛
原作:稲葉圭昭『恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白』

北海道県警で起きた実際の不祥事を題材とした映画。前々から見たいなぁと思っていたのですが、地元のGEOでは、なぜか、ずーっと準新作扱いにされていて、高値プレミアムが付いていた状態で、旧作に落ちるまで待っていたのでした。ようやく、旧作になっていたので、早速レンタル。

【ストーリー】
========================
高校卒業後、北海道県警に就職した主人公。
真面目一筋で、要領もよくない主人公だったが、先輩警官の「やくざの中に協力者を確保して、その情報を使って検挙実績を上げよ」というアドバイスに従い、やくざとのつながりを深め、拳銃の検挙実績で好成績を上げるようになる。
しかし、検挙実績を上げるため、ロシアから拳銃を購入して検挙実績にするなど、違法捜査や検挙実績を上げることだけを目的とした行動を取るようになり、更に、拳銃を購入する費用を稼ぐため、覚醒剤の密売を仲間のやくざに行わせ、その金で、拳銃を購入し検挙実績とするなど、犯罪行為にどっぷりとはまり込んでいるのだった。
更に、県警内で、200丁の拳銃密輸を摘発するおとり捜査として、40億円相当の覚醒剤の密輸を見逃すという違法捜査に荷担するものの、おとり捜査は失敗し、主人公は左遷されてしまう。
左遷による失意から、自身が取り扱っていた覚醒剤に手を出し、ついには逮捕され、また、違法捜査に荷担していた警官仲間も自殺するが、県警の上層部は、主人公にだけ罪を負わせ、一切の責任を取ることはなかったのだった(完)。
========================



【いやはや、本末転倒】

警察による不祥事は、かなり報道されていて、今やまたか、という感じすらありますが、本作は、警察の不祥事が発生する構造的原因をえぐり出したかのような内容です。

北海道県警の警官である主人公は、拳銃の摘発実績を上げるため、暴力団と通じることで、暴力団から情報を得て拳銃摘発の実績を上げるようになります。
しかし、いつしか、摘発実績を上げるために、拳銃をロシアから購入しだし、更には、その購入資金を手に入れるため、覚醒剤の密売を行うようになり・・・と、何のための拳銃摘発なんだと突っ込みをいれたくなる状況に陥ります。

哲学者ニーチェの著書「善悪の彼岸」の中で、「怪物と戦う者は、自分自身も怪物にならないよう気をつけねばならない。深淵を覗く時、深淵もまたこちらを覗いているのだ」という言葉がありますが、まさにその言葉どおりの展開に・・・。

わざわざニーチェを持ち出さなくても、日本の四文字熟語やことわざにも、「本末転倒」や「ミイラ取りがミイラになる」と言った言葉がありますが、古今東西、こんな境遇に陥る人はめずらしくないのかもしれません。



【ノルマ至上主義】

主人公が、こんな不正に手を染めるようになった理由は、北海道警のノルマと成績至上主義が原因なようです。
なんとしても、拳銃摘発の実績を上げようと、実績さえ上げられれば手段は問わずという風潮となってきます。

県警内ですら、拳銃200丁の密輸を摘発するために、まずは密輸組織が行う麻薬100kgの密輸を目をつぶって通してしまうなんてことをするのですから。
麻薬100kgって、末端価格だと、グラム3万円なら30億円。
それに対し、拳銃200丁は、1丁10万円としても、2000万円ですから、拳銃200丁のために、それよりも明らかにインパクトの大きい麻薬100kgを国内に流通させてしまうのですから、もはや狂っているとしかいいようがない・・・。

ノルマ至上主義のすさまじさと言うしかありません。
そういえば、日本郵政でも、ノルマ至上主義が原因で、保険勧誘・加入で組織的に大規模な不正が発生したなんていう事件が、最近、ニュースを賑わせましたが、過剰なノルマは倫理をぶちこわしてしまうのでしょう。



【公共の安全と市民の平和を・・・】

冒頭、主人公が、なぜ警官になったのかを先輩警官に尋ねられ、警察官の宣誓書か何かに書かれている言葉、「公共の安全を守り、市民の平和と・・・」を思い出しながら答えるシーンは、映画「アンタッチャブル」でも似たような場面があり、東西問わず、警官は、まず、その言葉を暗唱させられるんだなと、印象深く感じました。

本作の主人公は、その後、成績を上げるために、この言葉の意義は忘れてしまい、むしろ、小さな不正は巨悪を摘発するために必要という理屈で、自身の行動を正当化させるための言葉にすらなってしまいます。

結局、主人公が追求したことは、巨悪の摘発でもなんでもなく、善悪関係なく成績を上げることとという、非常に矮小化した自己目的の追求だったわけで、目的や本来の意味を見失ってしまうと、こうも堕落してしまうのだなぁと、恐ろしさを感じる作品でした。



【邦画:ヒューマン系】 博士の愛した数式(映画)

【評価】★★★★☆

hakase_lovemath_mov.jpg
2005年/日本
監督:小泉堯史
主演:深津絵里、寺尾聰


最近続けている、本で読んだことある作品の映画化シリーズ視聴。普通だったら手にしないジャンルの作品ですが、こういう縛りがあるので(どうでもいい縛りですが)、レンタルすることに。

【ストーリー】
=========================
事故ににより、記憶を80分しか保てない数学者の家政婦をすることになった主人公。
日常生活に支障をきたすような記憶障害を持ちながら、純粋に数学を愛し、穏やかに過ごす数学者と主人公の間に、心の交流が芽生える。
80分の記憶しかないため、毎日、初対面のような状態の主人公と数学者だったが、シングルマザーである主人公の息子も数学者との交流が生まれ、息子と数学者の間にも尊敬の念で結ばれる関係が生まれる。
数学者と日々を過ごす中で、息子も成長をし、大人になると数学の教員となり、子供たちに数学者と過ごした日々を語るのだった(完)。
=========================



【博士並みの記憶力】

小川洋子さんの小説が原作の映画。
小説が非常に良かったので、今回、映画を借りたのですが、実は、小説の内容、すっかり忘れていました(笑)。
これじゃあ、博士なみの記憶力じゃないか(博士は、事故により、80分しか記憶が保てない)。

じゃあ、なんで、「非常に良かった」と思ったかと言うと、家の本棚に、小川洋子さんの「博士の愛した数式」が置いてあって、たいていの本は読んだら捨ててしまう中、本棚に置いてあるのは、よっぽど面白いとおもったものだけなので、そういう事情から、「非常に面白い」と思ったに違いないと推察したわけです。
こんな風に書くと、ほんと、博士並みの記憶力だなと、思ってしまうわけで(笑)。



【数学が良いアクセント】

映画は、記憶障害を持つ数学者と主人公とその息子の交流が描かれます。
何か特別なことが起こるわけではありませんが、3人の心の交流が、時折混ざる数学の話が良いアクセントになって、心地よく観ることができました。

学生時代に数学を専攻していたので、今でも、数学が関わってくる話は少し気になって、おそらくそれで、小川洋子さんの小説も読んだんだろうと思いますが(この他人事感が、博士の記憶障害と相通ずるところがある気がする(笑))、この映画についても、おそらく、数学の話が入ってこなかったら、単なるよくある人情映画かなくらいの感想になっていたかもしれません。
自分の気になることが、少しでも入ってくると、途端に興味が持てるようになりますね。



【やっかいな数式が・・・】

数学については、学生時代、結局、非常に難しくて自分には歯が立たないという思いにしかならず、どちらかというと数学には挫折して卒業したという認識の方が強かったので、数学に精通ているわけではなく、卒業から大分立った今では、大方忘れてしまっているのですが、それでも、数学の話が出てくると、できる・できないは別として、懐かしさやら、興味が惹かれるものがあります。

しかし、この映画を見ていて、ほんと、数学はすっかり忘れているなぁと思ったは、「e」が出てきた時。
映画ではネイピア数と紹介されいていましたが、「日本語だと、なんて言ったっけ・・・」とずーっと思いながら見ていました(高校では、自然対数の底という言い方をする)。
ほんと、博士の記憶障害とタメを張るなぁ、この忘れっぷり(笑)。

それから、もうひとつ感慨深かったのは、「e(πi乗)=-1」の数式。
数学では、非常に奇麗な式として有名で、本作でも、そういった扱いで出てきましたが、学生時代は、この式が成り立つことの証明をしたりしないといけなかったため、正直、やっかいさと面倒さの象徴でしかなかった印象が(笑)。

今回、観ていて、成り立ちが全く異なる3つの無理数が、-1になるというのは、非常に不思議で驚きだなぁなんて感じました。たぶん、証明をする必要がない心の余裕がそう思わせるのかも(笑)。
学生時代、この数式をやっかいとしか思っていなかったあたり、数学にはほとほと向いていなかったんだなぁと、ちょっと苦い思いを噛みしめながら本作を見終わりました。

この感想を書く前に、小川洋子さんの小説「博士の愛した数式」についてどんな感想を持っていたか、このブログを読み返そうと思ったのですが、ブログに感想が書いてなかった・・・。
記憶障害により(?)読んだ内容もすっかり忘れていたので、これを機会に読み直して、このブログにも感想を書いてみることにしよう・・・(記憶障害で忘れていなければ(笑))。


【邦画:スポーツ】 ボックス!(映画)

【評価】★★★☆☆

box_mov.jpg
2010年/日本
監督:李闘士男
主演:市原隼人、高良健吾


百田尚樹氏の小説が原作の作品。こちらも、本で読んだことあるシリーズということで、レンタル。

【ストーリー】
==========================
優等生の木樽は、幼なじみの鏑矢と再会し、ボクシング部に入部することとなる。
ボクシングの才能にあふれる鏑矢を追いかけるように練習に励む木樽は、持ち前の努力精神から、めきめきと実力を付け始める。
一方、鏑矢は自分の才能に慢心し、公式大会でライバルの沢木と対戦、敗北を喫し、ボクシングを辞めてしまう。
木樽は鏑矢が辞めた後も黙々と練習を続け実力を上げる中、木樽を支援する形で鏑矢もボクシング部に復帰。
次の大会では、木樽と鏑矢は同じ階級で出場し、木樽が鏑矢を破って、ライバルの沢木と戦うが、木樽も沢木に対して敗北を喫してしまう。
更に、次の大会で、鏑矢は沢木と対戦。接戦の末、沢木を破るが、鏑矢も拳を骨折しボクシングからは引退することとなるのだった(完)。
==========================



【スポーツ映画と言うよりは青春映画】

アマチュアボクシングをテーマにした作品ですが、スポーツ映画というよりは、青春映画の色合いが濃い作品。
主人公木樽が、ひょんなきっかけから、ボクシングを始め、強くなっていくさまは、ボクシング漫画「はじめの一歩」をちょっとイメージさせる点もありますが、「はじめの一歩」ほど、ボクシングに特化していない印象。



【ライバル沢木は・・・】

主人公木樽、幼なじみの鏑矢、ライバルの沢木の3人が軸になりますが、沢木が非常に影が薄いのがもったいない感じがします。
超強力なライバルのはずですが、全然強い感じがしない。そのため、鏑矢が強気の発言をして負けてばっかり(主人公木樽に負け、一度は沢木にも負け・・・)のところは、沢木が強いというよりは、鏑矢が口だけっぽい感じがしなくもない。
沢木は、どことなく、脇役キャラという印象でした。



【努力家が一番?】

途中、ボクシング部の女子マネージャーが持病で亡くなったりするエピソードも出てきますが、「スクールウォーズ」のイソップネタだなぁ、なんて思いながら観ましたが、スポーツ作品には、こういうイソップネタって定番だなぁ・・・。

とまぁ、とりとめない感想しか出てきませんでしたが、結局のところ、学校一の成績を誇る優等生で、ボクシングも強い主人公木樽が、鼻持ちならないほど、優秀という結論かも(笑)。
最終的には、努力家には勝てないということか・・・。


[ 2019/09/08 09:30 ] スポーツ | TrackBack(0) | Comment(0)

【邦画:ヒューマン系】 まほろ駅前多田便利軒(映画)

【評価】★★★☆☆

mahoroeki_mov.jpg
2011年/日本
監督:大森立嗣
主演:瑛太、松田龍平

以前読んだ本の映画化シリーズの第?弾。この本も確かに映画化しやすそうだなぁと思ったら、映画化どころか、それ以前にドラマにもなっていたんですね。意識しないと、そういう情報が自分の認識の中に入ってこないですね。

【ストーリー】
================================
まほろま町駅前でしがない便利屋を営む主人公多田。
ある日、中学の同級生・行天が転がり込んできて、便利屋の事務所で2人で生活しながら、まほろま町で起こる些細な事件に、便利屋稼業を通じて関わっていくことになる。
多田と行天は捨てられた飼い犬の新たな飼い主捜しからはじまり、そこからのつながりで、いつしか、町の覚醒剤取引に関わってしまった小学生の問題にまで関わることになる。
人付き合いが苦手な二人が、不器用ながらも、事件を通じて町の人と関わり、事件を解決することで、少しだけ、町と共に生きる存在となっていくのだった(完)。
================================



【原作を忠実に再現】

原作の本は、それほど面白いなぁとは思わなかったのですが(←こらっ!)、それは脇に置いておくとして、映画は、原作の雰囲気や内容をかなり忠実に再現している感じがあり、原作が良かったと思った人は、この映画も良いと思うのではと思います。

ストーリーは簡単に表すと、人間関係に不器用な二人が、町で起こる些細な出来事に関わって少しだけ人間関係を築いていく、そんなところでしょうか。



【意外と重いテーマ】

内容は、原作と変わらないので、感想も基本的には原作本と変わらないものになりますが、話は些細な感じがするものの、突き詰めて考えると、覚醒剤取引の片棒を担ぐ小学生とか、覚醒剤の売人と娼婦のトラブルとか、結構、重いテーマだったりします。

自分の住んでいる町は、さすがにこんなことはないだろうなぁと思いつつ、町のことは表面的なことしかわからないので、実は、奥深く関わると、こんなディープな世界があったりしたら嫌だなぁと思ったりしながら、本映画を見たのでした。



【美人でびっくり】

それから、どうでも良い感想ですが、本作に登場するコロンビア人娼婦、映画では結構美人の女優さんが演じていて、びっくり。こんな人だったら良いかななんて思ったり(一体、何が良いんだ 笑)
原作本を読んだイメージでは、IKKOさんあたりのイメージだったので、映画でのギャップに結構驚きだったのでした(IKKOさんに失礼だろ)。



ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
239位
[サブジャンル]: レビュー
121位
カレンダー