FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2019 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 09

【書籍:軍事】 ノモハンの夏

【評価】★★★☆☆

nomohan_summer.jpg 
著者:半藤一利
出版:文藝春秋


【ノモハン事変について】

太平洋戦争の始まる直前に、満州国とソ連国境で、関東軍とソ連軍が衝突し、関東軍が大敗北を喫した「ノモハン事変」について(宣戦布告が行われずに起こった軍事衝突は事変と言うようです)、日本陸軍の判断ミスや組織的欠点を軸に描いた作品。



【二正面作戦を避けるために】

ノモハン事変、もしくはノモハン事件という言葉は、歴史の教科書なんかで聞いたことはあっても、具体的なことはよく分からず、戦前にあった、ソ連との国境紛争に端を発した軍事衝突くらいのイメージでしかありませんでした。
しかし、本書を読むと、日本の外交やナチスドイツが引き起こそうとしている欧州戦争とも深くかかわる事件で、日本の稚拙な対応が目に余るなぁという印象でした。

中国との泥沼の戦争状態にある日本が、二正面作戦の下手を打たないため、ソ連との衝突はなんとしても避けたいと思っている一方、ソ連も、ドイツと日本の二正面を敵に回す愚を犯したくないという思惑がある中での国境紛争でした。

実は、日本もソ連も本音のところでは、お互いを敵に回さないようにするという考えは一致していますが、その本音を隠しながら、事を有利に運ぶにはどうすれば良いかという点で、日本の戦略は、かなり稚拙な結果に終わったようです。



【ノモハン事変の教訓】

日本は、現場の関東軍と、本国の参謀本部の連携が全く取れていない上に、関東軍は、声が大きく勇猛なことを言う人間の意見に引きずられ、戦力がソ連と比べて不利にもかかわらず、無茶な作戦を実施、4万の死傷者を出し、部隊によっては全滅状態になるなど、散々な結果に終わってしまいます。

ノモハン事変は、軍の装備、火力、運用、戦術面など、色々な課題を浮き彫りにし、実に非常に多くの教訓を得る機会でもありましたが、結局、日本軍は、その教訓を汲み取ることなく、太平洋戦争でも同じような失態を繰り返すことになります。

そのようなことになった原因は、多々あるのでしょうが、教訓を活かせる人や組織に作り替えなかったことが大きな要因という気もします。
結局、ノモハン事変の関東軍の作戦を指導し、我田引水的な発想で失敗をした関東軍の参謀たちは、ほとんどお咎めなしで、太平洋戦争では、中枢の参謀として起用されるなんていうことだったようです。

組織や人が変わることは、そう簡単ではない、「教訓を活かす」ことの難しさを、ノモハン事変を描いた本書からは伝わってくるようです。


===============================
【『ノモハンの夏』より】
大いなる楽観というか、夜郎自大の判断というか。ここでもまたソ連軍軽視がのぞいている。いつでも日本軍は独善的な、主観的な戦いを戦っている。

(書き出し)
古くは加藤清正の上屋敷がそこに建てられていた。

(結び)
そして人は何も過去から学ばないことを思い知らされる。
===============================



スポンサーサイト



[ 2019/04/13 07:07 ] 軍事 | TrackBack(0) | Comment(0)

【書籍:軍事】 局地戦闘機「雷電」 異貌の海鷲

【評価】★★★☆☆

raiden.jpg 
著者:渡辺洋二
出版:文藝春秋



【「屠龍」より読みやすい】

以前に読んだ「屠龍」に比べると、だいぶ読みやすい内容でした。
「屠龍」の場合は、本書の中で、「屠龍」の名前が使われる頻度が少なく、「屠龍」の話なのか、別の航空機の話なのかよく分からなかったところがありましたが、「雷電」の場合は、「雷電」の名前が本書の中で、しっかり使われていたので、流れがだいたい追えたという点があったのかなと思いました。



【専門家向けの飛行機】

雷電は、局地戦闘機という、敵機が襲撃してきた時に、迎撃するための戦闘機という位置づけで、離陸してすぐに、敵機がいる空域に達するよう、高速での上昇力が重要視された戦闘機です。

そのため、格闘戦の能力は劣るため、俊敏性に欠ける爆撃機に対しては、ある程度の攻撃力は発するものの、敏捷な戦闘機との格闘は不利で一撃離脱戦法を取らないといけないなど、航空機としての運用は、難しさもあったようです。

著者は、ゼロ戦を万能型で、いわばどのようなことにでも使える十得ナイフのようなものだが、それぞれの分野の専門家にはかなわない一方、「雷電」は、専門家のための道具のようなもので、普通の人が使いこなし、その性能を引き出すことは難しいが、精通した人が使えば、高い効果を発揮する、そんな評価をしています。



【多発する事故死】


専門家向けの飛行機という評価ではあるものの、その使いづらさは相当のもののようで、着陸時には、視界が悪すぎるため、座席から腰を浮かし前かがみにならないと、前方が見えないなんていう作りだったそうで、専門家以前に、すさまじく、操縦が難しい飛行機のようです。

実際、本書は、戦闘機としての戦いの話も出てくるものの、おそらく、一番多く占めているのは、練習中などでの事故死の話だった印象です。

戦時中の緊急時とは言え、こんなに事故死するものなのかと、かなり驚きでした。
雷電が配属されると、「週に一回は葬式が行われる」なんて揶揄されたなんていう話も載っており、命がけの飛行機という印象でもありました。



【事故死か特攻死か】

事故死を乗り越えた人でないと扱えない飛行機というのは、確かに専門家向けの飛行機と言えそうですが、それでは、なかなか実戦で活躍するのは難しいのだろうなぁと思うところでもありました。

救いは、それだけ扱いにくい飛行機であったことにより、特攻機として使われることはほとんどなかった点でしょうか。

事故死か特攻死か、二者選択になるような日本軍の戦術は酷すぎますが、当時の日本の技術力が足りなかったことが、こういった選択肢を生み出さざる得なかったのかもしれません。

戦争は、つくづく技術力の競争なのだなと痛感するのでした。




========================
【『局地戦闘機「雷電」』より】
人間を機械に合わせてしまったアメリカ人と、機械を人間に会わさなければ承知しない日本人の気質の差が、ここに端的に表れている。

(書き出し)
三年八ヵ月にわたった太平洋戦争を、日本海軍戦闘機隊は零戦だけで戦った、と答えてもあながち過言ではあるまい。

(結び)
飛行練習生のとき、初めての場外飛行でまったく逆のコースを飛んだ松本飛曹長にとって、万感、胸に迫ったという。
========================


[ 2018/09/09 00:00 ] 軍事 | TrackBack(0) | Comment(0)

【書籍:軍事】 双発戦闘機「屠龍」 一撃必殺の重爆キラー

【評価】★★☆☆☆

toryu.jpg 
著者:渡辺洋二
出版:文藝春秋



【素人には難しすぎるか】

太平洋戦争時に日本軍が開発した、エンジンを二機積んだ双発戦闘機「屠龍」をテーマにした作品。
読んだ感想としては、専門的過ぎるためか、全体像などもあまりよくわからなかったなぁという印象。

そもそも「屠龍」という名前が付いているものの、ほとんど、その名が使われておらず、戦闘機が符号で呼ばれており、更に、色々と改良が加えられると、符号も変わってくるので、どれが「屠龍」なのかすら、よく分からなかったです。

戦闘機マニアの人向けの作品といったところでした。



【対飛行機 特攻】

おそらく、本書は「屠龍」のことを書いているといいつつ、「屠龍」を巡る戦況なども絡めて描かれているため、他の戦闘機の動向なども記されており、それが、内容的に混然とした印象になったのかもしれません。

それにしても、太平洋戦争の話を読んで暗然となるのは、アメリカの技術力に対抗できなくなる太平洋戦争中盤から後半には、「体当たり攻撃しかない」という判断に一気に日本が傾いていってしまうところ。

特攻機による艦船への特攻はよく知られていますが、B-29を撃墜するため、航空機特攻が行われていたというのも、愕然とさせられるものがありました。
敗戦濃色になり追い込まれた日本の発想が、色々なところで歪みを生じさせているのだと改めて実感。



【著者の熱意に感服】

本書、内容は非常に専門家向けで難しいので、内容面では面白いかというと、YESとは言い難いですが、著者の本書にかける熱意や思いは、非常に面白く感じました(後書きが面白い)。

データの扱いや間違いなどへの認識は、素人から見ると、大変些細に思ったりもしますが、著者が熱意をもって追い求めたり、検証したりした様子が、後書きで書かれており、マニア魂(?)を感じさせます。

こういう人がいるからこそ、埋もれてしまう歴史・過去が発掘できるのでしょうね。





===========================
【『双発戦闘機「屠龍」』より】
ものごとにはなんでも、土台が必要である。キ四五の長所と欠点は、続くキ四五改のよき参考になったはずだ。

(書き出し)
「より高く、より速く、より遠く」は、飛行機が登場して以来、基本的な命題であり続けてきた。

(結び)
それは、技術者が、そして空・地両勤務者が血と汗とで築き上げた、日本航空史の重要な一部であった。
===========================


[ 2018/09/08 01:23 ] 軍事 | TrackBack(0) | Comment(0)

【書籍:戦争】 散るぞ悲しき -硫黄島総指揮官・栗林忠道

【評価】★★★★★

chiruzo_kanashiki.jpg 
著者:梯久美子
出版:新潮社



【遺訓の改ざん】

硫黄島の名将・栗林中将の半生を描いた作品。
硫黄島の戦いの前後、また、その人となりを描いた作品ですが、当時の軍部の硫黄島の将兵に対する扱いの酷さと、栗林中将や将兵の立派さが対比され、読んでいて目が潤んできます。

本書の冒頭は、硫黄島の将兵の多くが倒れ、最後の決戦に臨むに当たり、栗林中将が東京に遺訓を打電しますが、驚いたことに、打電された遺訓は軍部に改変され、新聞に公表されていたという衝撃の事実から始まります。

遺訓の内容が、軍部の意に沿わないところがあったようで、意に沿うような勇壮で国家・天皇への忠誠心溢れる内容に書き換えての公表。
死を決した最後の遺訓すら、そんな改変してしまうんですね・・・。
昨今、日本を騒がしている財務省の文書改ざん問題のような、厚顔無恥な振る舞いで驚きでした。

こういう人たちがトップにいたんでは、硫黄島の将兵も報われないよな・・・と悲しい思いになります。



【良き家庭人としての一面】

この改ざんの事実は、著者が、当時を知る人や新聞等を丹念に取材した結果浮かび上がった事実で、著者の丁寧な主材力にも感嘆しきりでした。

また、著者は、その丁寧な取材力により、栗林中将の人柄もくっきりと浮かび上がらせていきます。
家族に宛てた手紙などから、その人物像が浮かぶ上がってきますが、子供たちへの冗談交じりのユーモアあふれる手紙や、硫黄島から妻や家族に宛てて、家の隙間風の防ぎ方やお風呂の残り湯をきれいにする方法など、戦場からの手紙とは思えない内容で、戦争がなければ、良き家庭人として過ごしていただろうな、ということが想像されます。

家庭人としての姿と、過酷な戦場での軍人としての姿、それぞれがだぶる状況からは、戦争の悲劇を感じ取ることができます。



【東京への空襲を防ぐ一念で・・・】

硫黄島の戦場は、決して生きて帰ることのできない戦場であり、そのような戦場で戦うことにどのような意義を見出し、将兵に理解を得るのかを、非常に苦心する姿も描かれています。

硫黄島を占領されてしまえば、そこを基地として、日本本土への爆撃が容易になるわけであり、栗林中将もその危険を強く認識していて、家族への手紙に、東京への大空襲が行われる危険性を説き、再三再四、家族に地方への疎開を促しています。

栗林中将の決意は、硫黄島で抗戦し続ければ、東京への空襲を防ぎ、市民への被害を軽減できるとの考えのもと、硫黄島での苦しい持久戦を続けることになります。

市民への被害を防ぐという点では、硫黄島に住む住民を早々に本土に避難させ、硫黄島の戦いでは市民が戦いに巻き込まれずに済むという、非常に素晴らしい決断を行っています。

一方、東京への空襲を防ぐという観点では、米軍の行動は栗林中将の予想を上回り、硫黄島の飛行場を占拠した後、硫黄島での戦いが続いている最中に、飛行場を使って、東京大空襲が敢行されます。

硫黄島で戦いが続いている最中でもラジオや無線は通じていたそうなので、戦いの最中、東京が大空襲に見舞われたという情報を耳にした栗林中将の無念さはいかばかりのもであったか図り知れません。



【敵国に名を轟かせる名将】

米軍は5日間で完全の硫黄島を占拠できると予想していましたが、栗林中将の奮闘で30日以上、戦いは続くことになり、米軍にとっても過酷な戦場となり、それ故、米国では硫黄島が非常に有名となり、栗林中将の名前も知られているとのこと。

名将というのは、味方よりも敵にこそ、その真価が知られるということなのかもしれません。
栗林中将もまさに、名将にふさわしく、アメリカでその名がとどろくことになりましたが、本来は、今の日本の礎になってくれた栗林中将含む将兵の方々に対する畏敬と感謝の意をもって、もっと、日本でも知られるべき人物なのだなぁと感じたのでした。



=================================
【『散るぞ悲しき』より】
戦局 最後の関頭に直面せり
敵来攻以来 麾下将兵の敢闘は
真に鬼神を哭しむるものあり

(書き出し)
その電報のことに話が及ぶと、それまで饒舌だった彼がしばし沈黙した。

(結び)
名将と呼ばれた大叔父を持つ栗林家の当主は、うすく被った埃を指先でそっと拭い、丁寧に胸のポケットに仕舞った。
=================================


[ 2018/07/12 00:00 ] 軍事 | TrackBack(0) | Comment(0)

【書籍:軍事】 異端の空 ー太平洋戦争日本軍用機秘録

【評価】★★★☆☆

itan_sky.jpg 
著者:渡辺洋二
出版:文藝春秋



【日本軍の航空機にまつわる7編の作品】

太平洋戦争の時の日本軍の飛行機はゼロ戦が有名ですが、ゼロ戦以外にも数多くの飛行機があり、それらの飛行機の来歴、開発秘話などについて書かれた作品。
7編の短編で構成されており、こんな飛行機があったんだ(時には感嘆、時には唖然)と知ることができます。

短編は以下の7編
「秋水一閃」
「無敵伝説へのプロローグ」
「ユングマンの満州」
「過負担空域に苦闘す」
「大艇、多難のとき」
「最高速レシプロ機「研三」」
「前翼型戦闘機「震電」」



【7編の概要】

7編の中で印象に残ったのは、「秋水一閃」、「前翼型戦闘機『震電』」の2作。
この2作については、後で感想を述べたいと思いますので、残り5編の概要をまずは、記しておきたいと思います。

「無敵伝説へのプロローグ」は、ゼロ戦の初期の中国戦線での活躍を描いた作品。無敵を誇った初期の頃の様子を描いています。

「ユングマンの満州」は、ドイツの名機ユングマンが、日本軍で練習機として活躍した経緯やその末路を描いています。

「過負担空域に苦闘す」は、ゼロ観と呼ばれた、ゼロ式観測機に焦点を当てた作品。本来、偵察・観測が目的の航空機なのですが、日本軍の航空機不足により戦闘にも投入され苦心惨憺な目にあった様子が描かれています。

「大艇、多難のとき」は、日本が開発した飛行艇にまつわる話。またまた、日本軍の運用のまずさで、無断に消費されてしまう飛行艇の運命が描かれます。

「最高速レシプロ機「研三」」は、研究開発目的で製作された「研三」という航空機にまつわる話。研究機ではありますが、プロペラ機としては最高速度を達成したものの、実用機開発には生かされなかったという、当時の日本にありがちな展開が待ち受けます。



【速度を追求した航空機】

印象に残った「秋水一閃」、「前翼型戦闘機『震電』」は、秋水、震電という戦闘機を扱った作品ですが、2機に共通するのは、開発がある程度進んだものの、結局、実用配備には至らなかった点。

秋水は、同盟国ドイツの「メッサーシュミットMe163」の技術を譲り受け、飛行機というよりは、ロケット的な航空機として開発がすすめられます。
一方、震電は、最高速度を追及するプロペラ機として、前翼型という、尾翼に当たる部分が航空機の前にあり、逆にプロペラは後ろにあるという変わった形状で開発が進められた航空機。

両機とも、当時の航空戦の流れとして、速度重視に比重を置いた開発となっていることが特徴ですが、劣勢著しい日本軍の兵力運用の方針として、爆弾を積んで特攻機として活用するという流れとなってしまいます。

新しく開発した航空機でさえ、特攻にしか使いようがない日本は、どうしたって勝ち目がないよなぁと思うわけで、勝ち負けを凌駕したよく分からない発想が、悲劇を生み出すのだなと思うのでした。



【人的資源の損耗が航空機運用にも影響】

秋水、震電の両機とも速度を追求した航空機ですが、その発想が違います。
両方とも、局地戦用(飛来してきた敵機を迎撃目的で戦う航空機)ですが、秋水はロケット型で、敵機が来たら、ロケットを発射する要領で、高速で一気に敵機に近づき、下から銃撃して撃墜、後は燃料が切れてしまうので、滑空飛行で地上に戻ってくるという発想。
飛行から着地まで10分ほどしか飛べない航空機で、上空到達までは3分ほどの飛行時間がありません。

本書の中で、「3分間の間で、敵機を発見できなかったらどうするつもりだろう?」という疑問を持った人もいたとありますが、ごく普通に感じる疑問ではないかと。
こういう当たり前の疑問に目をつぶって、開発に突き進んでしまうあたり、ご都合主義的な日本軍の体質を感じます。

一方の震電は、戦闘機として一定の航空時間も確保された航空機として開発が進められ、速度を活かした一撃離脱(敵機に対し、一往復するため、2回の攻撃チャンスがある)を戦法として航空機とされました。

ただ、戦争末期であるため、搭乗員の技量からすると、一撃離脱の戦法は効果をなさないだろうということで、実戦配備にまでは至らなかったものの、特攻機として活用する方針に転換されます。

結局、特攻など、人的資源を無駄にする風潮、方針が仇となった印象です。

こうやって、当時の日本の航空機開発の歴史を見ると、搭乗員の技量と航空機の性能のミスマッチが度々起こっており、そのチグハグさが、戦況悪化につれ、どんどんと拡大していったように見えます。
劣勢になり負けるということは、こういうことの積み重ねなのでしょう。


その点で言うと、戦争初期の頃のゼロ戦は人の技量・航空機の性能がピタッとマッチし、それ故に、人に語り継がれる名機になったのでしょうし、ゼロ戦は、ある種幸せだったと言えるのかもしれません。






=============================
【『異端の空』中「秋水一閃」より】
「秋水」のそばで動く整備員を望見しつつ、「月光」搭乗員の黒島四朗中尉は「ウーンと上がっていって、三分のあいだにB-29が見つからなかったらどうするんだろう」という、素朴で重要な疑問を感じていた。

(書き出し)
第二次世界大戦で実戦に用いられたあらゆる戦闘機のうち、最も危険なのは、と飛行機通に問えば、少し間をおいて「メッサーシュミットMe163」の返事があると思う。

(結び)
しかし六十余秒の飛行は、犬塚大尉をはじめとする三一二空の隊員、設計・製作、支援に関わった人々の意志と努力を、航空史に主張し続けるだろう。
=============================



[ 2018/06/28 00:00 ] 軍事 | TrackBack(0) | Comment(0)
ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
168位
[サブジャンル]: レビュー
82位
カレンダー