FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09

【アメリカ映画:戦争】 追撃機(THE HUNTERS)

【評価】★★★☆☆

the_hunters.jpg
1958年/アメリカ
監督:ディック・パウエル
主演:ロバート・ミッチャム

先日観た「眼下の敵」のスタッフが結集して作った作品とのことで、期待してレンタル。
「眼下の敵」が非常に良かっただけに、この作品はどんなもにでしょう。

【ストーリー】
=======================
朝鮮戦争の日本。
日本にある米軍基地より、米軍空軍が出撃し、中国空軍と熾烈な争いを繰り広げていた。
主人公は第二次大戦に活躍したエースパイロットとして、朝鮮戦争でも戦闘機パイロットとして活躍をしていた。
そのような中、自分が率いる部隊の部下の妻とロマンスに陥る。
その妻から、戦闘中には自分の夫を守ってほしいと頼まれるが、ある日、その部下が撃墜され敵地で遭難してしまう。
部下を救うため、敵地に降り立った主人公は、その部下を発見。敵の追撃をかわしながら、どうにか味方陣営までたどり着き、部下を救出するのだった。
負傷した部下は、妻と共に本国アメリカに帰還することに。
主人公は、部下の妻との恋を振り切り、別れを告げ、次なる戦場に赴いていくのだった(完)。
=======================


【今回は空戦がテーマ】

前回(?)の作品は、海戦がテーマでしたが、今回は空戦がテーマ。
敵機とのドッグファイトなど、なかなか迫力のあるシーンも多く、見どころも多い作品でした。
ただし、空戦という設定のため、あまり、敵味方の戦闘における駆け引きや頭脳戦といった面はなく、映画「眼下の敵」と比べると、戦闘場面での面白さが数段落ちる印象でした。


【主人公のロマンス】

そして、蛇足かなぁと思ったのが、主人公のロマンスストーリー。
うまく盛り込まれれば、映画の中のメリハリになって良いのかもしれませんが、本作について言うと、惹かれるようなロマンスではなし、ストーリー上、必要性がある感じでもなしと、要すれば、余計だったかなぁ。

そもそも、相手が自分の部下の妻って・・・、子供じゃないので、「不倫はいかん!」とか言うつもりはないですが、応援したくなるような話でもないので、主人公のロマンスに乗り切れずに終わってしまいました。


【ランボー 怒りの脱出】

ラストは、敵地で墜落して遭難した部下を助けるため、主人公も敵地に降り立ち、負傷した部下を担いで、敵陣突破というストーリー。
空戦をテーマにしていたと思ったら、最後は、「ランボー 怒りの脱出」みたいな話になっちゃったぞ(笑)。

話にまとまりをかく展開。
折角、敵側に、強力なパイロットがいるという設定にしていたので、このパイロットと主人公の死闘を描くとか、そんなストーリーにしたら、面白かったのではないかと。

空戦をテーマにしつつ、ラブロマンスに、地上戦にと、余計なテーマを盛り込んでしまって、逆に、ぼやけてしまった印象の作品でした。
1作目が面白いと思って、期待して2作目を見ると、存外期待外れと言う展開は多いですが、この作品も、ちょっと、「2匹目の泥鰌」といった評価になってしまう作品だったかなぁ・・・。


スポンサーサイト



[ 2020/07/27 00:00 ] 現代史 | TrackBack(0) | Comment(0)

【アメリカ映画:戦争】 眼下の敵

【評価】★★★★★

enemy_below.jpg
1957年/アメリカ・西ドイツ
監督:ディック・パウエル
主演:ロバート・ミッチャム

昔の映画ですが、何かタイトルに惹かれるものがあり、レンタル。

【ストーリー】
=====================
第二次世界大戦中の大西洋。
米国の駆逐艦の艦長である主人公は、哨戒活動中、敵国ドイツのUボートを発見。撃沈すべく、追撃を開始する。
Uボートも米国の駆逐艦に追われていることを知り、海中に潜航し、お互いを出し抜き、撃沈しようと虚々実々の駆け引きが開始される。
お互い一歩も引かない駆け引きが繰り広げられるが、米国駆逐艦有利に戦闘は進む。
しかし、一瞬のスキをついて、Uボートが反撃、駆逐艦に魚雷が命中する。
Uボートがとどめを刺そうと浮上した隙をつき、駆逐艦も砲撃を命中させ、Uボート、駆逐艦双方が沈む、引き分けとなる。
駆逐艦の救助艇で脱出した主人公は、Uボートから脱出したドイツ兵も救助し、米兵、ドイツ兵ともに、お互いの健闘を称え合うのだった(完)。
=====================



【頭脳戦】

第二次大戦を舞台に、アメリカの駆逐艦とドイツのUボートの白熱の戦いを描いた作品。
駆逐艦とUボートが、それぞれの利点を活かして、相手の策を読み合いながら戦う展開は、予想外に面白い内容でした。

特に、不利な戦況に追い込まれたUボートが、駆逐艦の動きを読み切って、魚雷を命中させるという展開、作戦の読み合いの面白さが十分に味わえ、頭脳戦を堪能できる、面白い作品でした。



【まさかの引き分け】

魚雷を命中させられ、沈没必至となった駆逐艦が、これまた、火災炎上したとUボートに思わせ、Uボートに対しても一矢むくいて、最終的には、両方とも沈没するという、引き分けというオチは、結構びっくりな展開でした。

今の映画だったら、どっちもがんばったから、引き分け、しかもお互い逃げ切るのではなく、どっちも沈むという逆パターンで締めくくるなんてことは考えられないでしょう。

昔の映画ならではのおおらかな展開というか、ゆるいというか、こういう展開もたまには良いものですね。



【スポーツマンシップ】

引き分け展開でもびっくりでしたが、もっとびっくりだったのが、両艦沈没の後、主人公側の米軍が、ドイツ兵を救助するという展開。
ドイツ兵を捕虜にするため助けたというより、お互いがんばったという健闘の意味―スポーツマンシップに則って助けたような雰囲気で、戦争も、スポーツのように描写する映画も、今では考えられないことでしょう。

戦争の悲惨さとか、非人間的な面を描写する-こういう要素が戦争映画では一般的かなと思いますが、まさか、スポーツ的に描くというのは、やはり昔の映画はおおらかだなぁなんて思うのでした。
ただし、こういう描き方であるが故に、深刻にならずに楽しめる作品となっていたと感じました。


[ 2020/07/26 02:40 ] 第二次大戦 | TrackBack(0) | Comment(0)

【邦画:歴史】 殿、利息でござる!

【評価】★★★☆☆

tono-risoku.jpg
2016年/日本
監督:中村義洋
主演:阿部サダヲ、瑛太

歴史コメディっぽい話かなぁと思い、何気なくレンタル。実は、実話だった(ダジャレではない!)。

【ストーリー】
==================
時は江戸時代。
仙台藩のある宿場町は、藩が課した税や荷役のせいで疲弊し、夜逃げする住民も多く、年々、衰退をしていた。
宿場町の窮状を救いたいと考えていた穀田屋は、町の知恵者から、殿様に金を貸し、その利息を使って、町の負担を減らせば良いとのアイディアを聞き、実行に移す決意をする。
殿様に貸す金-千両を集めるため、町の人々の協力を得るため奔走したり苦労するが、ようやくお金を集めることが叶う。
しかし、仙台藩は、町から金を借りることを拒否。
一旦はあきらめかけるものの、実は、このアイディアは、穀田屋の父も40年ほど前に考え、そのお金をこつこつと貯めていた事実を知り、また、藩も町の窮状をおもんばかり、町から金を借りことに同意。
町は毎年入る利息により、なんとか再建することができたのだった(完)。
==================


【なんと、本当の話】

てっきり、時代劇コメディかと思って借りて観たら、確かにテイストはコメディチックなところが多分にあったものの、実は、実際にあった史実を元に作られた作品だったと知ってびっくり。
町の窮状をすくための金稼ぎの手段として、お殿様にお金を貸して、利子を取るという発想が、江戸時代の封建社会において成りたったというのが驚きでした。


【善人ばっかり】

作品では、殿様に貸すお金千両(=3億円くらい)をどうやって集めるかとか、集めた金をお殿様が借りてくれるのかいったあたりが、面白おかしく描かれています。
ただ、ちょいと物足りなかったのが、登場人物が全員、善人。
藩の役人ですら、みな善人で、この金貸しプロジェクトにみな協力的なのです。

全員、ここまで協力的だと、失敗のしようがないような・・・。
この辺り、プロジェクトの成否は!?、という緊迫感に欠け、面白みに少々欠いたかなという印象。


【金貸しが一番】

しかし、一番身につまされるのが、「貧乏になるか、ならないかの差は、金を貸す側になるか、借りる側になるかの違いだ」という、なんともシビアな論理が根底にあるということ。

数年前、日本で、経済学者トマ・ピケティの「21世紀の資本」という本がブームになるという、謎の事件(?)がありましたが、その本の中で、実労働よりも、金融資産(株とか金貸し)の方が儲かるといった趣旨なことが書かれており、まさに、本作も、その理論にぴったり当てはまっている話で、いやはや、江戸時代も今も変わらないということかと、意気消沈の気分になったのでした。

たしかに、金貸しって、世間からはよくは見られないものの、いつの時代でも一番儲かる商売なわけで、額に汗水かいて働くことがバカバカしくなっちゃうという気分も分かる気がします。

問題の解決策が、金を貸すことかぁ・・・・。
[ 2020/07/23 03:55 ] 東洋史 | TrackBack(0) | Comment(0)

【中国ドラマ:歴史】 三国志 -司馬懿 軍師連盟(全86話)

【評価】★★★★★

sangokushi_shibai.jpg
2017年/中国
監督:張永新
主演:于和偉(ウー・ショウポー)


三国志の本場、中国で作られた作品。全86話、DVDにすると43巻と、なかなかのボリュームなので、少々、躊躇するも、思い切って借りてみることに。3か月近く、借り続けて完了。

【ストーリー】
=========================
後漢末期の争乱の中国。
群雄割拠する中、曹操が勢力を伸ばし始める中、司馬家の次男・司馬懿は、その才能を見込まれ、曹家に仕官することになる。
司馬懿は、曹操の息子・曹丕に仕えたことにより、曹丕と曹植の後継者争いに巻き込まれ、その才覚で曹丕を曹操の後継者にすることに貢献する。
その功績の大きさに、曹丕に強い信頼を得ると同時に、強い警戒心も持たれることになる。
早世した曹丕の後を継いだ曹叡からも、才能を買われながらも強い警戒を持たれ、魏の中で、危うい権力闘争の綱渡りをしながら、地位を確実にしていく。
そして、曹叡も早世し、次の代では、曹家の一族から憎悪されその地位を追われるが、知略によって曹家一族の隙をついてクーデターを起こし、曹家一族を粛清、魏の中で、絶大な権力を得ることに成功する。
司馬懿の死後、絶大な力を持った司馬家は、司馬懿の孫・司馬炎が魏を乗っ取り、晋を建国するのだった(完)。
=========================

【赤壁の戦いが描かれない三国志】

三国志と言えば、前半は曹操の台頭、後半は諸葛孔明を中心とした魏・呉・蜀三国の争いがメインになるのが定番で、一番の見どころは、孔明が主導して呉・蜀連合軍が、魏を破った赤壁の戦いだったりするわけですが、本作は、そんな定番はぶっちぎり、まったく違った切り口で三国志を描いています。

まずもって、赤壁の戦いは描かれませんし、魏・呉・蜀の争いもほとんど、描かれず。
もっぱら、魏の曹家一族内の権力闘争が中心で、主人公の司馬懿が、その争いの渦中で、他の軍師と知略戦を繰り広げるという展開。

普通に考えると、「こんなのは三国志じゃない!」と思ってしまいそうですが、予想に反して、めちゃくちゃ面白い。
序盤は、曹操の跡目争いを巡って、司馬懿と楊修の戦い。
まさか、司馬懿のライバルに楊修を持ってくるあたり、意表を突かれましたが、楊修も三国志の中では、その智謀が高く評価されつつ、才気走った性格が災いして曹操に殺されるという生涯を送りますが、そんな辺りが、本作のストーリーの中に、ピタッとはまっていて、目の離せない展開となっています。


【司馬懿の妻はソクラテスの妻?】

司馬懿は、曹家一族の権力争いの中で、司馬家が滅ぼされぬよう、細心の注意を払いながら、権力闘争を潜り抜けていきますが、司馬家の人々の描き方も、ストーリーに深みを持たせる一因となっていました。
特に注目は、司馬懿の奥方でしょうか。

その描かれ方は、どちらかというと悪妻と言ってよいかと思います。

時には、奥方の内助の功はありはするものの、慎重、深慮遠謀の司馬懿に対して、その深慮が分からず、暴走したり感情に走って動いたりすることで、司馬懿が窮地に立たされることもしばしば。
その悪妻ぶりは、ソクラテスの妻と言ったところでしょうか。

後半は、司馬懿の息子たち、特に次男・司馬昭が、ちょっと違った形で、悪妻の役割を継承し、司馬懿の足を引っ張るという展開も多くなります。
家族に悩まされる司馬懿の姿が気の毒に思いつつも、その展開がやはり目が離せず、面白さを高めています。


【老齢の権力者】

本作の最後は、司馬懿がクーデターを起こし、曹家一族を粛清し、魏において絶大な権力を握る姿が描かれます。
クーデーターを起こす前までは、どれだけ虐げられようとも、私心を見せることなく、魏に忠義を尽くす姿が強調されていましたが、クーデーター後は一変、自身に反抗する勢力は徹底的に壊滅し、反旗を翻した者の一族を根絶やしで殺すなど、権力に執着する醜悪な姿へと変わってしまいます。

老年で権力を手にすると、生い先短いだけに、なりふり構わず、権力を維持し、息子に引き継がせようとするようになるのでしょうか。
この姿、晩年の豊臣秀吉や徳川家康とオーバーラップし、権力に魅入られた人物の、何か空恐ろしい、人ではない姿を見せられたようで、最後、司馬懿をこういった描き方で終わらせるあたり、本作品、只者ではないなぁと思いながら、視聴完了したのでした。

三国志、こういう描き方もあるんだなぁと、全43巻があっという間に感じるほど、引き込まれて見てしまいました。





[ 2020/07/05 02:42 ] 東洋史 | TrackBack(0) | Comment(0)

【邦画:戦争】 アルキメデスの大戦

【評価】★★★☆☆

alkimedes_war.jpg
2019年/日本
監督:山崎貴
主演:菅田将暉

数学の力で、太平洋戦争に突き進もうとする日本の動きを阻止しようとする、こんな話ということで、映画「イミテーション・ゲーム」を想像しつつ視聴。さて、どんな内容なのでしょう?


【ストーリー】
==============================
戦前の日本。
海軍では、次期軍艦の建造を巡り、航空母艦を主張する山本五十六派と、巨大戦艦建造を主張する派で激しい対立が起こっていた。
建造計画会議の場でそれぞれが提出した計画において、巨大戦艦の建造費が非常に安くなっており、山本五十六は、建造費がごまかされているのではないかと疑念を抱く。
この点を追求して、航空母艦建造の採択にこぎ着けたい山本五十六は、数学の天才的能力を持つ櫂(かい)を見つけ出し、彼に、建造費がインチキであることを調べさせる。
軍機に阻まれる中、類い希なる能力で、巨大戦艦の建造費を調べ上げ、会議の場で、そのウソを暴くことに成功する櫂。
しかし、その指摘もむなしく、巨大戦艦建造採択に決する流れに傾くが、今度は、設計上のミスを指摘、これによって巨大戦艦建造計画は撤回され、航空母艦建造が採択される。
それから数年後、巨大戦艦建造計画が再浮上し、建造は実現する。
そして、その巨大戦艦は、「大和」として、戦争末期、国民の希望を打ち砕くように米軍の航空攻撃で撃沈するのだった(完)。
==============================


【社内の企画コンペ】

戦争が背景にあるので、重厚なイメージもありますが、ストーリーは至って簡単で、「競合相手の製品の原価を探り当てる」という話。
競合相手といっても、同じ海軍内の別部署なので、社内の企画コンペがテーマみたいなもんです。

主人公は、天才的数学の才能を買われ、競合相手の製品(巨大戦艦)の原価計算をすることになるわけですが、しきりに、主人公のことを、上司の山本五十六は、「君の天才的な計算能力を持って、巨大戦艦の本当の原価を探り出して欲しい」と言うわけです。

計算能力って・・・なんか、計算が得意のスーパー小学生みたいな扱いで、なんか、ものすごく寂しい気分でした。
数学って、要は計算が速ければいいんでしょ? みたいな勘違いを山本五十六がしているようで(苦笑)。



【数学・・知らないよね?】

で、得意の計算能力が活かされると言えば活かされるのですが、一番の難所は、巨大戦艦の予算額算出根拠となる、積算単価はどうなっているかという話。
その積算単価を探り出すという辺りに話の焦点が当たり、仕事していると、見積もり計算するのに積算単価を調べたりするよねーと、微妙に理解出来てしまうシチュエーションですが、数学の能力関係ないなーと、これまたさみしい話。

最終的には、戦艦建造に使用される鉄の量だけで、建造に係る予算がはじき出されるという、超絶スーパーな計算式が持ちだされるという展開。
さすがに、そんな算式は有り得んだろうと、誰しも突っ込みたくなるところで、数学を知らない人が作っちゃった映画っぽかったです。



【数学=計算?】

巨大戦艦の予算額がごまかされていたのは、「本当の予算額が表に出て、諸外国が知り、その額から、戦艦の能力を知られることがないよう、味方をも欺く作戦なのだ」という、まさかのどんでん返しの話がでてきたり、結局、巨大戦艦が作られるのですが、提案者の本当の意図は、「日本は戦争に負ける。しかし、日本は負け方を知らない。もし、この巨大戦艦が沈められたら、日本国民は目を覚まし、完全に日本民族が滅びる前に負けを認めるだろう。その生け贄なのだ」ということだったり、どちらかというと、見積もり計算の話より、こちらの方が面白かったところでした。

数学=計算、という図式は、ちょっとどうなの、という印象が強く残った作品でした。


[ 2020/05/17 11:50 ] 第二次大戦 | TrackBack(0) | Comment(0)
ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
154位
[サブジャンル]: レビュー
79位
カレンダー