FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09

【コメディ:邦画】 記憶にございません

【評価】★★★☆☆

kiokunigozimasen.jpeg
2019年/日本
監督:三谷幸喜
主演:中井喜一

政治をテーマにしたコメディ。実在の政治家もパロったりしているようなので、政治に関心のある人には面白いかも。私はというと・・・見てわかるかなぁ・・?

【ストーリー】
======================
史上最低の支持率をたたき出した総理・黒田は、民衆からの投石を頭に受け昏倒し、目覚めると総理であることも含め記憶を失っていたのだった。
その事態に慌てた側近たちは、黒田が記憶喪失になったことを隠して、総理に復帰させる。
記憶を失い、過去のしがらみがなくなった黒田は、過去の自分のひどい政治に我ながら呆れかえり、政治や私生活を良い方向に変えていこうと努力し始める。
利権を守るために進めていた政策を廃止し、失われていた家族との絆も取り戻そうとする中、妻の浮気が雑誌にスクープされてしまう。
自分が、妻をかまわず、ないがしろにしていたことが原因と知った黒田は、国会のTV中継で妻へ愛の告白をするという、前代未聞の行動を取るのだった。
その後、記憶を取り戻した黒田は、昔の自分に帰ることはなく、新しい自分のまま、総理の職を突き進むのだった。
これにより、支持率もうなぎ上りに回復すると思いきや、相変わらずの低空飛行のままであった(完)。
======================


【支持率3%って・・・・】

支持率3%を切る、史上最低の視聴率を誇る(・・・誇っちゃいないですが)総理・黒田が、記憶喪失をきっかけに、理想の総理を目指すというストーリー。
支持率3%になるまで、よく政権を維持できたのもだと逆に関心してしまう設定ですが(笑)、ほぼ、全ての国民にNOを突き付けられているわけで、ここまで全ての人に嫌われるというのは、これは、これですごい人物のような気がします。


【政界パロディ】

そんな総理が、記憶喪失をきっかけに、理想の総理像を目指していくことになりますが、そこに、総理周辺の様々な人が関わってくることになります。
その関わるエピソードや人物が、実在の政治家をモチーフにしているなと思われるものもいくつか出てきます。

総理夫人が、政府の広報予算を使って、超個人的趣味な、自身が出演する広報番組を作ったという話は、おそらく、公私混同が話題になった昭恵総理夫人をイメージしたのでしょうし、国会で、総理を「総理!」と厳しく追及する女性議員は、明らかに蓮舫議員だろうしと、パロっているものが、現実のどのあたりなのかというのを考えながら見るのも面白いと思います。


【毒に欠けるが・・・】

政界パロディが脇のエピソードだとすると、本筋は、良い方向に目覚めた総理がどのように変わっていくのかという点。
権力や利権漁りでがんじがらめだった総理・黒田が、そんなことはすっかり忘れてしまったので、「間違ってるんじゃないの?」と思うことは、今までの経緯を抜きにしてひっくり返していくことで、徐々に、政界にも新しい風が吹き込んでくることになります。

そんな変わりようを示す総理に賛同を示す人々も出てきて、それらの人の力も借りながら、世の中を変えていこうと動き始めることになります。
本音をぶつけることで、アメリカ大統領との関係も改善し、今まで頭の上がらなかった影の支配者である官房長官と戦い追い落としに成功するなど、全般的には上手く行きすぎる展開で、ちょっと、毒に欠ける感じもありますが、閉塞した世情を思えば、これくらいのことは、起こってもらいたい気もします。

そして、印象的だったのが、記憶を取り戻した総理が、前の総理に戻ることなく、理想を追求する新しい総理の姿のままであったという点。

人は、誰しも、変わりたいという思いをもっているのかもしれないなぁと思います。
何かのきっかけで変わることができれば、昔の自分に戻ることなく、新しい自分として生きてみたい、そういう思いを人は持っているのかもしれません。
そういった姿を、本作の総理・黒田が示しているように感じたのでした。


スポンサーサイト



[ 2020/08/10 00:00 ] コメディ | TrackBack(0) | Comment(0)

【邦画:コメディー】 帝一の國

【評価】★★★★★

teiichi_country.jpg
2017年/日本
監督:永井聡
主演:菅田将暉

妻が、「意外にも面白いよ」とご推奨する作品だったので、「本当か?」と思いつつ視聴。
あれっ、予想外に面白い!?

【ストーリー】
===============================
将来、総理大臣を目指す帝一は、政界に強いコネを持つエリート名門校に入学。将来の布石のため、生徒会会長の座を目指すのだった。
そのために、1年生のうちから生徒会に入り、生徒会長の禅譲を目指すべく、帝一は、生徒会長選挙で、有力候補の一人に肩入れし、その当選を目指すべく尽力する。
相手候補の金権選挙に対し、理念と理想を前面に打ち出し、不利な選挙戦を戦い抜き、支持する候補を見事当選させることに成功する。
選挙戦を経て、成長した帝一は、高校3年で生徒会長選挙に打って出る。
しかし、最後の最後で、対立候補であった親友に生徒会長の座を譲り、全校が感動に包まれる生徒会長選挙となったのだった(完)。
===============================



【予想外に面白い】

映画の雰囲気から、おちゃらけギャグ映画で、たぶん、滑るんだろうなぁ・・・とあまり期待せずに見始めたのですが、ギャグ調な雰囲気でありながら、ストーリーが骨太で、「予想外に面白い」と感じました。

メインストーリーは、高校の生徒会長選挙をめぐる攻防なのですが、票獲得を巡る権謀術数、不利な陣営が戦局をどうやってひっくり返すのかというところが、真面目に描かれていて、ギャグを超えた面白さでした。



【良質なエンターテイメント?】

小説「白い巨塔」もそうですが、選挙を巡る話というのは、盛り上がります。
自分に関係の無い選挙でも、両陣営の駆け引きを知ることが出来ると、駆け引きの巧拙や思いがけない展開が、筋書きのないドラマという感じで、良質な(かどうかは知りませんが)エンターテイメントとなり得ます。

ちまたにも、国政選挙など大きな選挙では、「選挙速報」は欠かさず見るとか、翌日の選挙結果の新聞くまなく読むなんて言う人もいますし、アメリカ大統領選挙もテレビで大きく報道されるので、選挙は多くの人を引きつける面白さがあるのでしょう。



【金権vs理念】

本作で面白いのは、主人公側が不利な選挙戦をどうやってひっくり返すかという点。
相手陣営は、知名度あり、人気あり、金ありと3拍子揃っており、全てにおいて劣勢な自陣営をどうやって立て直していくかが見所。

相手陣営が、だめ押しで金権選挙に手を出したところを逆手にとって、理念に訴えつつという展開は、投票権を持つ生徒達をどうやって理念に共感させるか、生徒会選挙への関心を高めるかという、なかなか考えさせる内容で、ギャグ映画(?)のくせにやるな、と唸らされます。

全く期待せずに見始めただけに、予想外に練られた展開に、ひさびさに感動と面白さを味わいました。

[ 2020/06/09 00:00 ] コメディ | TrackBack(0) | Comment(0)

【邦画:コメディ】 王妃の館

【評価】★★☆☆☆

ouhi_house.jpg
2015年/日本
監督:橋本一
主演:水谷豊


浅田次郎原作の小説を映画化。コメディタッチの小説だったので、喜劇映画的な作品として作りやすいかも、などと思いながらレンタル。

【ストーリー】
==============================
太陽王ルイ14世の寵妃の館を改築した高級ホテルにやってきた海外旅行客ツアー。しかし、そのツアーには裏があり、同じ日程でダブルブッキングされた旅行ツアーがあったのだ。
ダブルブッキングした2つの旅行ツアーを回すことになった旅行会社は、あの手この手で旅行客を言いくるめて、10日間のツアーをなんとか切り抜けようとする。
しかし、その努力もむなしく、二つの旅行ツアーは遭遇してしまい、旅行会社の陰謀はばれてしまう。
窮地に陥る旅行会社だったが、この旅行ツアーに取材のため参加した作家が、このホテル、王妃の館を舞台とした歴史小説を無事書き上げ、その原稿を読んだツアーの面々が感動したことによって、旅行会社の陰謀など吹っ飛んでしまうのだった(完)。
==============================



【ダブルブッキングの設定が・・・】

そもそも、なぜ、わざわざ2つの旅行ツアーをバッティングする計画を立てたのかが腑に落ちない作品であるのですが、これは、原作も納得のいく説明ができていないので、これはどちらかと言うと原作の責任。
一応、旅行代金を稼ぐためだった気がしますが、労多くして効少なしといった計画で、まぁ、当事者にしか分からない事情なのでしょう。
本音のところは、「ダブルブッキングした旅行ツアーという設定だと、ドタバタ感が出て面白い喜劇的な内容になるかも!」という浅田次郎氏の着想ありきの感じがなきにしもあらず。

ただ、最初の方こそ、ダブルブッキングがばれないように四苦八苦する展開ですが、早めに断念気味な傾向となり、ちょっと着想倒れなところがあったかも。



【ドラマ「相棒」の影響】

映画は、「王妃の館」と呼ばれるホテルを舞台に、ツアーに参加した小説家を中心に話が回っていきます。
ツアーを通じて、王妃の館に住まっていた、ルイ14世の息子とその母親の境遇が明らかとなっていき、現在のツアー客ダブルブッキングの騒動と、小説家の書き上げる作品が徐々に出来上がってくるという、2つのストーリーが並行して走っていきます。

ちなみに、小説家を演じたのが、水谷豊さん。
すごく良い俳優さんですが、やっぱり、ドラマ「相棒」の印象が強くて、どうしても「相棒」色を強く感じてしまいました。
難しいですね。代表作って強みである一方、その印象が強く残ると、他の作品に出た時に、その色を消すのには非常に苦労することになります。本作も、そんなことを感じながら観ました。



【ルイ15世の話かと思いきや】

ダブルブッキング話があまり盛り上がらなかったり、主役の水谷豊さんが、ドラマ「相棒」だなぁ・・・なんてことに気を取られて、どうも、話にのめり込むことができず、最後まで来てしまいました。

最後は、水谷豊さん演じる小説家の作品が完成するというクライマックス。
小説の中のクライマックスが本映画のクライマックスとリンクするという仕掛けになっています。

小説の中の主人公ルイ14世の息子である少年が、皇太子と、ルイ14世から迎え入れられようとするという場面がそれですが、結局、少年はその申し出を拒否し、市井で生きる決断をします。
実は、この小説、てっきり、ルイ15世の幼少の話を描いていたのかと思っていたので、この結末はびっくりというか拍子抜けしたのでした(確か、浅田次郎さんの小説を読んだ時もそう感じた覚えが(笑))。
実は、ただの人(という言い方は失礼かもしれませんが)を描いた作品だったとは。

色々と、拍子抜けしちゃった作品ではありました。
コメディとも人情話とも付かない中途半端な感じがあまりよくなかったのかも・・・。



[ 2020/02/27 00:00 ] コメディ | TrackBack(0) | Comment(0)

【邦画:コメディ】 翔んで埼玉(映画版)

【評価】★★★★☆

fly_saitama.jpg
2018年/日本
監督:武内英樹
主演:二階堂ふみ


妻が見たいと期待に胸膨らませて見た待望の作品(テレビ放映ですけど)。
以前、漫画(第1巻だけ)を読んだことがありますが、なかなか独特すぎる内容に、映画化など望むべくもないと思いましたが、何でも映画化できちゃうもんなんですね・・・。

【ストーリー】
=================================
その昔、埼玉や千葉、茨城、群馬といった田舎の県は、東京から差別を受け、東京に入るにも通行手形がいるという始末であった。
NY帰りのエリート東京人・麻美は、エリート東京人の通う名門校に入学する。
そこで、東京都知事の息子・壇ノ浦と仲良くなるが、実は麻美は埼玉人であり、埼玉の解放運動を行っていたのだった。
正体がばれてしまった麻美は、壇ノ浦と共に、埼玉に脱出。そこで、埼玉解放の狼煙を上げるのだった。
同じく虐げられていた千葉も東京へ反旗を翻し、麻美や壇ノ浦は、埼玉・千葉連合軍を率いて、東京に進軍し、東京都知事の不正を暴くことで、差別撤廃を勝ち取るのだった(完)。
=================================



【日本アホデミー賞総なめ】

妻が、「日本アカデミー賞」の各賞を総なめにした映画だから、見てみたかったんだよね、ということで、TV放映を一緒に見たのでした。

なるほど、確かに各賞総なめも分かる気がします。「日本アホデミー賞」に相応しい、アホっぷり。いやぁ、さすが!
・・・ん、「日本アホデミー賞」・・・ではなく、「日本アカデミー賞」??
えっ、まじですか。ネットで思わず検索してしまいましたよ(笑)。

この作品、「日本アカデミー賞」を総なめなのかぁ・・・日本アカデミー賞、吹っ切れちゃった??
面白かったですけど、日本アカデミー賞となると、どうなんでしょう、いいですどね(笑)。

妻の感想・・・「まぁ、映画館に行かなくて良かったかな。」

まぁ、そんな感じの映画です。



【そこらへんの草でも喰わせておけっ!】

たぶん、埼玉と千葉を知っている人じゃないとピンと来ない映画だと思います。
幸か不幸か、私は埼玉も千葉も両方とも長く住んだことがあるので、よく分かる内容でした。あまり、分かりたくもありませんが(笑)。
かなり、地域を限定したローカル映画であること間違い無しなので、世界どころか、日本国内にもあまり通用しない内容かも。

しかし、漫画の名言(迷言?)は、迫真の演技で演じられていて、吹きました。
「埼玉県人には、そこらへんの草でも喰わせておけっ!」
って、ベタですが、迫真の演技で聞くと、やっぱり笑ってしまいますね。

その他、所沢に行くことになり、「と、とととととと・・ところざわ!?」と驚く下りなど、そんなに驚かなくてもというほどの迫真の演技で、一体、埼玉ってどんな場所やねん!?と思わずつぶやいてしまいたくなるのでした。



【埼玉、千葉の人のための作品】

ラストは、同じ田舎県として、ライバル視して対立していた埼玉と千葉が連合して、東京に攻め込み勝利を得るという展開。
埼玉、千葉両方にゆかりのある人間としては、一安心した展開なのでした。

埼玉、千葉以外の県のネタもちらほら出てきて、神奈川県知事が東京都の友好県として加山雄三の真似をして登場したり、東京都の裏金が、群馬県の赤城山の麓に埋蔵されていたり(徳川埋蔵金ネタですな(笑))、あぁ、あのネタね、というご当地ネタも少しばかり出てきて楽しめました。

しかし、やっぱり、圧倒的に、埼玉、千葉にゆかりがないと、なかなか楽しめない映画かもしれません。
また、ラストに、はなわの「埼玉の歌」が流れたのには、懐かしさしかない!という感じで、郷愁をひとしきり感じたのでした。

[ 2020/02/26 00:00 ] コメディ | TrackBack(0) | Comment(0)

【邦画:コメディ】 お前はまだグンマを知らない

【評価】★★☆☆☆

gunma_unknow.jpg
2017年/日本
監督:水野格
主演:間宮祥太郎


「群馬の野望」といったゲームも出ていて、群馬ばやりなのか?と思い、ついついレンタル。

【ストーリー】
========================
千葉県から群馬県に転校してきた高校生の主人公。
群馬の独特な風習や、群馬県人の群馬愛の強烈さに戸惑いを覚えつつも、少しずつ、群馬になじんでいく。
そのような中、群馬県人を誹謗する中傷ビラがまかれる事件が発生。
その事件を解決しようとする中で、群馬県と茨城県、栃木県の争いに巻き込まれたり、思わぬ群馬のタブーに触れてしまうなど、トラブルに見舞われるが、事件を無事解決する。
そして、事件解決を通じて、主人公も群馬愛を少々、理解できるようになるのだった(完)。
========================



【起立・注目・礼・着席】

テレビ番組「秘密のケンミンSHOW」でやるような都道府県あるあるネタを映画にしたような作品。というか、たぶん、そういうコンセプトの作品なのでしょう。

群馬県の学校では、「起立・礼・着席」ではなく、「起立・注目・礼・着席」であるというネタは、「ケンミンSHOW」でも紹介されてたネタだなぁなどと思いつつ、トリビア的(?)面白ネタではありますが、それ以外のネタは、「赤城おろしの突風で鍛えられているので、女子の太ももは太い」とか、単なる作ったネタだよなぁというものも多く、他県の人に、「ほほぉ!?」と言わせるネタというのはなかなか多くはなさそうです。



【郷土意識の強さにびっくり】

映画に出てくる群馬県人は、自らを「グンマー」と称して、群馬県愛に溢れていて、郷土愛というべきか、郷土意識がこんなに強いのかとびっくりするやら、感心するやらでした。
だいぶ以前に、福島県の会津地方に住んだことがあり、会津地方も、そこそこ郷土意識の強い地域の印象でしたが、ここまで露骨ではなかったなぁ。

幕末の戊辰戦争の影響で、会津地方と長州藩こと山口県は犬猿の仲といった話もあり、会津地方に住んでいるというと、そういった話題も出ましたが、実際は、都市伝説に近く、むしろ、そういう話をネタに地域の盛り上げ材料にしている感が強かった印象がありました。

映画に出てくる群馬愛に溢れる人々も、どっちかというとかなりネタっぽさ満載ではあります。



【最後はパンチラネタですか】

最後は、赤城山の怒りを、主人公(男子)が下半身を出して沈めるというアホっぽいネタで締めくくられます。
赤城山の神は女神なので、男性が下半身を出すと喜ぶという民話的エピソードを基にした内容ですが、山の神は女神なので・・・という類似エピソードは、全国の山の話として、よく聞く話ですね。

あとは、その対比として、女子のパンチラが、世の争いごとをおさめるというネタも織り交ぜ、メデタシメデタシという、小学生的ネタで締めくくられ、アホっぽさ満載なのであります。
パンチラネタでちょっと笑ったのが、北朝鮮の金正恩とアメリカのトランプ大統領がアメリカ美人のパンチラで和解するというくそネタ(笑)。
アメリカ美人のパンチラと言えば、やはり、マリリン・モンローなのか!?(かなり古すぎ)

しかし、トランプ大統領、パンチラぐらいじゃ収まらない暴れっぷりだから、マリリン・モンローといえども、難しいのかなぁ・・・などと、群馬からだいぶ離れた思索に漂ってしまったのでした。

[ 2020/01/19 00:00 ] コメディ | TrackBack(0) | Comment(0)
ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
154位
[サブジャンル]: レビュー
79位
カレンダー