FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2019 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 02

【邦画:コメディ】 お前はまだグンマを知らない

【評価】★★☆☆☆

gunma_unknow.jpg
2017年/日本
監督:水野格
主演:間宮祥太郎


「群馬の野望」といったゲームも出ていて、群馬ばやりなのか?と思い、ついついレンタル。

【ストーリー】
========================
千葉県から群馬県に転校してきた高校生の主人公。
群馬の独特な風習や、群馬県人の群馬愛の強烈さに戸惑いを覚えつつも、少しずつ、群馬になじんでいく。
そのような中、群馬県人を誹謗する中傷ビラがまかれる事件が発生。
その事件を解決しようとする中で、群馬県と茨城県、栃木県の争いに巻き込まれたり、思わぬ群馬のタブーに触れてしまうなど、トラブルに見舞われるが、事件を無事解決する。
そして、事件解決を通じて、主人公も群馬愛を少々、理解できるようになるのだった(完)。
========================



【起立・注目・礼・着席】

テレビ番組「秘密のケンミンSHOW」でやるような都道府県あるあるネタを映画にしたような作品。というか、たぶん、そういうコンセプトの作品なのでしょう。

群馬県の学校では、「起立・礼・着席」ではなく、「起立・注目・礼・着席」であるというネタは、「ケンミンSHOW」でも紹介されてたネタだなぁなどと思いつつ、トリビア的(?)面白ネタではありますが、それ以外のネタは、「赤城おろしの突風で鍛えられているので、女子の太ももは太い」とか、単なる作ったネタだよなぁというものも多く、他県の人に、「ほほぉ!?」と言わせるネタというのはなかなか多くはなさそうです。



【郷土意識の強さにびっくり】

映画に出てくる群馬県人は、自らを「グンマー」と称して、群馬県愛に溢れていて、郷土愛というべきか、郷土意識がこんなに強いのかとびっくりするやら、感心するやらでした。
だいぶ以前に、福島県の会津地方に住んだことがあり、会津地方も、そこそこ郷土意識の強い地域の印象でしたが、ここまで露骨ではなかったなぁ。

幕末の戊辰戦争の影響で、会津地方と長州藩こと山口県は犬猿の仲といった話もあり、会津地方に住んでいるというと、そういった話題も出ましたが、実際は、都市伝説に近く、むしろ、そういう話をネタに地域の盛り上げ材料にしている感が強かった印象がありました。

映画に出てくる群馬愛に溢れる人々も、どっちかというとかなりネタっぽさ満載ではあります。



【最後はパンチラネタですか】

最後は、赤城山の怒りを、主人公(男子)が下半身を出して沈めるというアホっぽいネタで締めくくられます。
赤城山の神は女神なので、男性が下半身を出すと喜ぶという民話的エピソードを基にした内容ですが、山の神は女神なので・・・という類似エピソードは、全国の山の話として、よく聞く話ですね。

あとは、その対比として、女子のパンチラが、世の争いごとをおさめるというネタも織り交ぜ、メデタシメデタシという、小学生的ネタで締めくくられ、アホっぽさ満載なのであります。
パンチラネタでちょっと笑ったのが、北朝鮮の金正恩とアメリカのトランプ大統領がアメリカ美人のパンチラで和解するというくそネタ(笑)。
アメリカ美人のパンチラと言えば、やはり、マリリン・モンローなのか!?(かなり古すぎ)

しかし、トランプ大統領、パンチラぐらいじゃ収まらない暴れっぷりだから、マリリン・モンローといえども、難しいのかなぁ・・・などと、群馬からだいぶ離れた思索に漂ってしまったのでした。

スポンサーサイト



[ 2020/01/19 00:00 ] コメディ | TrackBack(0) | Comment(0)

【邦画:コメディ】 土竜の唄 ー香港狂騒曲

【評価】★★☆☆☆

mogura_song2.jpg 
2016年/日本
監督:三池崇史
主演:生田斗真

1作目は、そこそこ面白かったなぁ(そこそことか言うな)と思ったので、2作目をレンタル。だけど、1作目のストーリー、忘れちゃってるんだけど、大丈夫かなぁ・・・。

【ストーリー】
==========================
潜入捜査官として、暴力団「数寄矢会」への潜入に成功した主人公・菊川玲二。
数寄矢会の会長を逮捕するため、潜入調査を続ける菊川だったが、一方で、数寄矢会の会長や幹部に認められ、数寄矢会の杯をもらうことになる。
そして、やくざの若頭として、敵対する中国マフィアをつぶす仕事をすることとなる。
中国マフィアは香港で人身売買を行っていることを突き止め、人身売買のオークション会場に乗り込み、人身売買の黒幕ごと叩き潰すことに菊川は成功するが、菊川がやくざの若頭として世間の目に触れたことにより、国際指名手配をされてしまうことになるのだった(完)。
==========================



【思い出すまでに30分かかる】

前作のストーリーをすっかり忘れてしまっていたので、登場人物の人間関係とかを思い出すので、30分ほどキャッチアップの時間が必要でした。
ハリーポッターもそうですが、続きものって、続けてみないと、前の話を忘れて、思い出すまでに苦労しますね。

本作も30分かけて思い出すことにおおよそ成功しましたが、本作は、前作に比べると、潜入捜査官という設定がほとんど生かされず、たんなるヤクザムービーになってしまっている印象。



【下ネタオンパレードで苦笑い】

それから、もう一つ残った印象として、下ネタオンパレードな作品になったなぁというもの。
下ネタ、お色気ネタを盛り込もうという流れは、どうも日本のVシネ的な感じですね。本作品も、Vシネ的な雰囲気が濃厚になってきたような・・・。

まぁ、いい加減、よい大人なんで、下ネタがオンパレードでも、「見ていて恥ずかしいわ(照)」とかなりませんが(笑)、下ネタで喜ぶほど、思春期の厨二病でもないので(そういうのを厨二病とは言わない!)、見ていて冷めるというか白けるというところが多々あったなぁという印象。
どっちかというと、苦笑いせざる得ない状況に追い込まれたような(笑)。



【裏幕の正体】

ストーリーはというと、潜入捜査をしている数寄矢会に敵対する中国マフィアをぶっつぶすという展開ですが、中国マフィアの裏にいたのは、警視庁のエリート幹部だったというオチ。
まぁ、展開は読めはしましたが、なんか強引かなぁというか、エリート幹部が、裏社会を牛耳っている理由というか動機づけが、警官であった父親をやくざに殺された恨みがうんたらかんたら・・・と、いまいちよく分かりませんでした。

あまり凝らずに、単なる金銭欲にまみれた汚職警官という設定くらいの単純さの方が、すっきりして分かりやすかったなぁと思います。



【お茶らけてしまった結果でしょうか】

全体的には、潜入捜査官という設定がほとんど生きてこないストーリーや、設定が時にはシリアスでリアルな一方、時には、漫画チックで現実を超越していたり(一人で100人のヤクザをぶっ飛ばすとか、ドラゴンボールのキャラ並みの強さ(笑))、都合都合でぶれるのも、見ていてちょっと白けるかなぁなんて思いました。

あまり、おちゃらけずに、真面目に作りこんだらもうちょい面白い作品になったのかなという印象。
例えると、笑い話を話す人自身が笑ってしまっているのを見て、聞いている側は、逆に笑えなくなる・・・そんなところでしょうか。





[ 2019/02/28 00:00 ] コメディ | TrackBack(0) | Comment(0)

【邦画:コメディ】 TOO YOUNG TO DIE 若くして死ぬ

【評価】★★★☆☆

tooyoung_toodie.jpg 
2016年/日本
監督:宮藤官九郎
主演:長瀬智也、神木隆之介

妻が、クドカンの映画を久々に見たいということでレンタル。
クドカンと三谷幸喜、どっちの作品かいつも間違えてしまうんですが、少し下品な方がクドカンと覚えておけば間違いなし?

【ストーリー】
=======================
高校生の主人公は、修学旅行のバス事故で死亡。なぜか地獄に堕ちてしまう。
好きだった同級生がどうなったか気になる主人公は、転生して現世に戻り、同級生の消息を知ろうと考えるが、転生できるのは7回まで。しかも、人間に転生できる可能性は低く、そこはエンマ大王の匙加減。
更に、地獄での1週間は、現世の10年に該当するため、早くしなければ、現世の時間が経ってしまうという制約付き。
転生を試みるも、ザリガニやアシカ、インコなど、動物にしか転生できず、1度は人間に転生できたものの、転生が精子から始まったため、人間に生まれ落ちることはできず。
結局、7回の転生は全て失敗するが、同級生はバス事故から生き残り、長寿を全うしていることを主人公は知り、自身の思いも年老いた彼女に伝えることができたのだった(完)。
=======================



【下ネタ多いのね・・・】

宮藤官九郎は、コメディー映画を作る人という情報くらいしかもっていなかったので(この情報が正しいかよく分かりませんが・・・)、同じようなイメージの三谷幸喜とごっちゃになっていましたが、今回、工藤官九郎作品を見て、クドカンは、結構、下ネタ多いのね・・・ということを知りました。

クドカンと三谷幸喜の違い、それは下ネタありかなしかということのようです。



【小ネタを楽しむ作品】

死んで、地獄に堕ちた高校生が、転生して現世にいる好きな人に会おうと奮闘するという展開。
7度まで転生できるも、望み通り、人間には転生できず、カマキリだったり、インコだったり、ザリガニだったりと、無茶な畜生ばかりに転生させられ、そのドタバタが喜劇調に描かれます。

下ネタ系の小ネタも多く、好き嫌いが分かれるところかも。

カマキリに転生した時には、同じようにカマキリに転生した不細工女子に交尾の末、喰われてしまい、地獄に戻ってくると、鬼たちから「童貞卒業おめでとう」と祝福される、シュールでバカバカしい小ネタが展開されたり、基本、小ネタを楽しむ作品という雰囲気。



【中学生かっ!】

7回の転生のうち、1度だけ人間に転生しますが、その転生は、精子状態から。
他の精子との競争を勝ち抜かねばならず、猛ダッシュで、トップを走って飛び出せば、そこはティッシュの中。
オナニーで浪費させられ、人間になる前に死亡(?)で地獄戻りという、中学生的下ネタ展開だったりと、全般的に、中二病作品(中二病って、そういう意味ではないですが)なのかもしれません。

中学生男子が面白いネタを集めて作品作れと言われたら、こんな作品になるのかも。

男同士で、酒でも飲みながら、馬鹿話をしながら、見る作品という感じですね。
素面で見ていたので、ちょっと微妙な感じでした、酒でも飲まねばやってられん!



[ 2018/11/05 00:00 ] コメディ | TrackBack(0) | Comment(0)

【洋画:コメディ】 帰ってきたヒトラー

【評価】★★★★☆

return_hitler.jpg 
2015年/ドイツ
監督:ダーヴィト・ヴネント
主演:オリヴァー・マスッチ

DVDの予告で気になった作品。ドイツでヒトラーに関する映画というのは、禁忌なのかと思っていただけに、どんな映画だろうと思い視聴。

【ストーリー】
==================
2014年のドイツ。ヒトラーが何かの拍子にタイムスリップしてやってきてしまう。
タイムスリップしてきたヒトラーは、当初、その状況がつかめなかったが、事情を掴むや、テレビを通じ、人心を把握し始める。
テレビや世間の人々も、本物のヒトラーとは思わず、ヒトラーの物まねをする芸人と思い、その鋭い舌鋒、魅了的な語り口に称賛を贈り、ヒトラーは、現代でも、その地歩を固め始めるのだった。
そして、ヒトラーは、自身を主人公とした映画まで作成し、ヒトラーの考え方や行動を支持する人々は増え続けるのだった(完)
==================



【ヒトラーが現在によみがえったら】

もし、現代のドイツにヒトラーがタイムスリップしてきたらどうなる、というコメディタッチながら、案外と真面目な映画作品。
ドイツというと、ヒトラーやナチスに関する物事は忌避され、ヒトラーを称賛するような言動は、すぐに逮捕されてしまう、そんな印象があったので、ヒトラーの格好をした人物を街中で見かけて、人々が握手を求めたり、一緒に写真を撮ったりする行動をとるのは、ちょっとびっくりでした。

しかし、よく考えれば、日本でも、コスプレ文化が蔓延し、より本物に見えるリアリティのあるコスプレをしている人がいたら、一緒に記念写真を撮ってしまうなんていうことはよくあるので、現在の人々にとって、リアルヒトラーは、いかしたコスプレの一種くらいの印象になっているのかもしれません。



【体制批判の声は魅力的】

本作のヒトラーは放つ、数々の警句、歯に衣着せぬ言動は、人々の称賛、支持を集めるようになります。
現状に不満のある人々にとっては、体制を厳しく批判する意見というのは、魅力的に見える意見なのでしょう。

現在にヒトラーが蘇ったとしても、過去のナチスの悪行を知っている人々からすると、ヒトラーやナチス的な意見は忌避、否定されるかと思いきや、それは楽観的すぎる考えでしかなく、過去に人々が魅了された意見、考えというのは、現在だって、同じように人々を魅了するパワーを持ち合わせているわけです。

ヒトラーが、80年前、ドイツの人々を魅了した声、意見は、現在の人々にとっても、十分魅力的なのかもしれないと思うと、なんとも、寒々しいものを感じさせます。



【加害の歴史を残すことの意義】

映画では、着々と支持者を増やしていくヒトラーですが、手にかみついた犬を射殺する動画が流され、いっきに人気を失い、一時、失速するという展開があります。
過激とも思える意見に熱狂的に称賛を贈る一方、異常性、残虐性がはっきりと目に見えた瞬間、その熱狂は反感にかわるというのも、一般大衆の特徴なのかもしれません。

ヒトラーやナチスの過激な意見に、言葉で抗することが難しい時にでも、その残虐性-ユダヤ人の大虐殺などを映像で示すことが、一般の人々には効果的なもかもしれないなぁ、などと思いながら、このくだりを見ていました。

その意味からすると、ネオナチなど、ナチス的な思想や考え方の台頭をおさえるには、ドイツの負の遺産である、ユダヤ人の虐殺にまつわる、数々の物的品々をきちんと残しておくことが非常に大事であり、ドイツは、そういったことに取り組んできたことは、立派なことだったと感じるのでした。

一方、日本はというと、最近、戦時中の日本を美化するような政治家や知識人の台頭も目に付く気がしますし、旧日本軍が行ったとされる様々な残虐行為を否定する動きも出てきているように思えます。
日本が、原爆など、自身の被害にまつわるものは残してきた一方で、加害の歴史に関する物的品々を残すことには不熱心だったことが、最近の動きにつながっているようにも感じます。

本作を見ると、ドイツの話ではなく、日本でこそ起こりうる話のようで、どうにもウソ寒いものを感じたのでした。

[ 2018/01/12 00:00 ] コメディ | TrackBack(0) | Comment(0)

【洋画:コメディ】 ムーン・ウォーカーズ

【評価】★★★☆☆

moon_walkers.jpg
2015年/アメリカ
監督:アントワーヌ・バルド=ジャケ
主演:ルパート・グリント、ロン・パールマン


アポロ11号の月面着陸を題材にしたコメディー。
アメリカの月面着陸の映像は、本物ではなくスタジオで撮られたものであるという説がありますが、その説を題材とした作品のようです。

【ストーリー】
=====================

アポロ11号を月面着陸させるべく発射させたアメリカ。
しかし、その成功確率はかなり低く、アメリカのCIAは、失敗することに危惧を抱いていた。
そこで、失敗した時の保険として、偽の月面着陸映像を作り、もしもの時はその映像を流すことを考える。
CIAのエージェントが、スタンリー・キューブリック監督に極秘に接触し、映像作成を依頼しようとするが、とんだ手違いで、ボンクラなバンドマネージャー、ジョニーに映像作成を依頼するはめになってしまう。
ジョニーはツテを使って映画監督や役者を集めて映像製作を進めるものの、元がボンクラなだけに上手くいかず、業を煮やしたCIAが乗り込んでくる。
更に、ジョニーにカネを貸していたマフィアも、映画撮影の現場に乗り込んできて、マフィアとCIAの銃撃戦が勃発、相打ちとなってしまう。
それでも、なんとか映像を完成させたジョニーは、その映像を、依頼主であるCIAの上層部に送り届けるが、あまりの出来の酷さにCIA上層部は青ざめるのだった。
しかし、アポロ11号の月面着陸は成功。偽映像はお役御免となり、万事丸く収まったのだった(完)。

=====================



【CIAの陰謀が発端】


アポロ11号による月面着陸の映像は、スタジオで撮られた映像だったという都市伝説(?)を題材にした作品。
アメリカのCIAが、もしもの時のために、月面着陸時の偽映像を作っておこうと考えたという展開は、あながち無い話じゃないなぁなんて思いながら鑑賞しました。

しかし、本作、土台はコメディー。
最初こそ、多少のリアリティはありつつも、その後は、「映像を作るのは、『2001年宇宙の旅』を撮ったキューブリック監督に極秘に依頼しろ」という無茶な展開に進んで行き、更には、キューブリック監督に依頼することに失敗し、どう考えてもダメ人間である主人公ジョニーにそのお鉢が回ってくることに。
こうして、ドタバタな展開の土台が着々と積みあがっていくのでした。



【類は友を呼ぶ】


映像作成をせざる得なくなったジョニーは、知り合いの映画監督を捕まえ、プロジェクトに参加させるのですが、この監督、とんでもないセンスの持ち主で、映像作成は、端から暗雲に乗り上げそうな展開に。

ダメ人間に仕事を依頼すると、芋づる式にダメ人間のネットワークが広がり、ダメさ加減はますます拍車がかかってしまうようです。
いわゆる「類は友を呼ぶ」ですな。
仕事をするにも、よく人を選ばないといけないね、というお話。



【行き詰ったら皆殺し】


更には、映像がなかなか出来上がらないことに業を煮やしたCIAが撮影現場にエージェントを大量に送り込んできて、映像撮影をせっつく訳ですが、そこに、主人公ジョニーと因縁のあるマフィアが乗り込んできて、今度は、CIAとマフィアの銃撃戦が始まります。

その結果、CIAとマフィアが相打ちとなり、彼らは全員死亡。
・・・なんという展開だ。

とりあえず、話の展開に行き詰ったら、皆殺しにしてリセットしてしまおう、というアメリカンな発想が臭い立つ展開なのです(苦笑)。



【余計なことばかりのCIA】


そんな無茶な展開になりながらも、何事もなく、映像は完成。
CIA上層部がその映像を見るわけですが、あまりの出来の悪さに絶句。
映画の撮影中に銃撃戦が起こるは、撮影スタッフのほとんどが麻薬でラリってるはと、これでまともな映像が撮れたら、逆に奇跡です。

CIA上層部は頭を抱えてしまいますが、最終的にはアポロ11号の月面着陸は成功し、この偽映像が日の目を見ることはなくなり、結局、物事全て丸く収まるという結末。

まぁ、主人公が作ったグダグダな映像が使われることがなく良かったわけですが、この映像作成に関わって死んでしまったCIAやマフィアの面々は、ほんと犬死だよなぁ・・・。
CIAが偽映像を作ろうなんていう余計な画策をせずとも、物事は上手く行ったわけで、逆に余計な画策なんかするから、甚大な被害が生じたわけで・・・つまり、CIAって、余計なことばっかりしてるよなぁという風刺が本作品には込められているのかもしれません。

ちなみに、本作の主人公役は、ハリー・ポッターのロン役の俳優さん。
ダメ人間を演じさせると、ピカイチですね。なんだか、ダメ人間専門の役者になりつつあるような・・・。大丈夫なのか!?

[ 2017/07/21 00:00 ] コメディ | TrackBack(0) | Comment(0)
ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
239位
[サブジャンル]: レビュー
121位
カレンダー