FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2020 031234567891011121314151617181920212223242526272829302020 05

【邦画:犯罪映画】 日本で一番悪い奴ら

【評価】★★★★☆

japan_no1_evil.jpg
2016年/日本
監督:白石和彌
主演:綾野剛
原作:稲葉圭昭『恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白』

北海道県警で起きた実際の不祥事を題材とした映画。前々から見たいなぁと思っていたのですが、地元のGEOでは、なぜか、ずーっと準新作扱いにされていて、高値プレミアムが付いていた状態で、旧作に落ちるまで待っていたのでした。ようやく、旧作になっていたので、早速レンタル。

【ストーリー】
========================
高校卒業後、北海道県警に就職した主人公。
真面目一筋で、要領もよくない主人公だったが、先輩警官の「やくざの中に協力者を確保して、その情報を使って検挙実績を上げよ」というアドバイスに従い、やくざとのつながりを深め、拳銃の検挙実績で好成績を上げるようになる。
しかし、検挙実績を上げるため、ロシアから拳銃を購入して検挙実績にするなど、違法捜査や検挙実績を上げることだけを目的とした行動を取るようになり、更に、拳銃を購入する費用を稼ぐため、覚醒剤の密売を仲間のやくざに行わせ、その金で、拳銃を購入し検挙実績とするなど、犯罪行為にどっぷりとはまり込んでいるのだった。
更に、県警内で、200丁の拳銃密輸を摘発するおとり捜査として、40億円相当の覚醒剤の密輸を見逃すという違法捜査に荷担するものの、おとり捜査は失敗し、主人公は左遷されてしまう。
左遷による失意から、自身が取り扱っていた覚醒剤に手を出し、ついには逮捕され、また、違法捜査に荷担していた警官仲間も自殺するが、県警の上層部は、主人公にだけ罪を負わせ、一切の責任を取ることはなかったのだった(完)。
========================



【いやはや、本末転倒】

警察による不祥事は、かなり報道されていて、今やまたか、という感じすらありますが、本作は、警察の不祥事が発生する構造的原因をえぐり出したかのような内容です。

北海道県警の警官である主人公は、拳銃の摘発実績を上げるため、暴力団と通じることで、暴力団から情報を得て拳銃摘発の実績を上げるようになります。
しかし、いつしか、摘発実績を上げるために、拳銃をロシアから購入しだし、更には、その購入資金を手に入れるため、覚醒剤の密売を行うようになり・・・と、何のための拳銃摘発なんだと突っ込みをいれたくなる状況に陥ります。

哲学者ニーチェの著書「善悪の彼岸」の中で、「怪物と戦う者は、自分自身も怪物にならないよう気をつけねばならない。深淵を覗く時、深淵もまたこちらを覗いているのだ」という言葉がありますが、まさにその言葉どおりの展開に・・・。

わざわざニーチェを持ち出さなくても、日本の四文字熟語やことわざにも、「本末転倒」や「ミイラ取りがミイラになる」と言った言葉がありますが、古今東西、こんな境遇に陥る人はめずらしくないのかもしれません。



【ノルマ至上主義】

主人公が、こんな不正に手を染めるようになった理由は、北海道警のノルマと成績至上主義が原因なようです。
なんとしても、拳銃摘発の実績を上げようと、実績さえ上げられれば手段は問わずという風潮となってきます。

県警内ですら、拳銃200丁の密輸を摘発するために、まずは密輸組織が行う麻薬100kgの密輸を目をつぶって通してしまうなんてことをするのですから。
麻薬100kgって、末端価格だと、グラム3万円なら30億円。
それに対し、拳銃200丁は、1丁10万円としても、2000万円ですから、拳銃200丁のために、それよりも明らかにインパクトの大きい麻薬100kgを国内に流通させてしまうのですから、もはや狂っているとしかいいようがない・・・。

ノルマ至上主義のすさまじさと言うしかありません。
そういえば、日本郵政でも、ノルマ至上主義が原因で、保険勧誘・加入で組織的に大規模な不正が発生したなんていう事件が、最近、ニュースを賑わせましたが、過剰なノルマは倫理をぶちこわしてしまうのでしょう。



【公共の安全と市民の平和を・・・】

冒頭、主人公が、なぜ警官になったのかを先輩警官に尋ねられ、警察官の宣誓書か何かに書かれている言葉、「公共の安全を守り、市民の平和と・・・」を思い出しながら答えるシーンは、映画「アンタッチャブル」でも似たような場面があり、東西問わず、警官は、まず、その言葉を暗唱させられるんだなと、印象深く感じました。

本作の主人公は、その後、成績を上げるために、この言葉の意義は忘れてしまい、むしろ、小さな不正は巨悪を摘発するために必要という理屈で、自身の行動を正当化させるための言葉にすらなってしまいます。

結局、主人公が追求したことは、巨悪の摘発でもなんでもなく、善悪関係なく成績を上げることとという、非常に矮小化した自己目的の追求だったわけで、目的や本来の意味を見失ってしまうと、こうも堕落してしまうのだなぁと、恐ろしさを感じる作品でした。



スポンサーサイト



【洋画:ギャング映画】 レジェンド -狂気の美学

【評価】★★★☆☆

legendo_kyouki.jpg 
2015年/イギリス
監督:ブライアン・ヘルゲランド
主演:トム・ハーディ

イギリスの実在のギャングを映画いた作品。
どうも、自分には無縁の世界を描いた作品に興味を惹かれてしまうところがあり、レンタル。

【ストーリー】
=====================
1960年代にイギリス、ロンドンに実在した双子のギャング、レジナルド・クレイ、ロナルド・クレイの半生を描いた作品。
理性的で知性のあるロナルドと、凶暴で統合失調症も患っているレジナルドの双子の兄弟は、ロンドン・イーストエンドの地から台頭し、ギャングとしてのし上がっていく。
ロナルドは、一人の女性に恋をし、結婚をする。彼女は、ロナルドがギャングから足を洗うことを望むが、現実は、その願いとは反対に、ますます、ギャングとしての地位を固めていく。
そのような状況が亀裂を生み、彼女はロナルドと離別し、自殺してしまう。
その後、ロナルドとレジナルドは、対立するギャングや、裏切った仲間を自らの手で殺すなど、事件を引き起こし、2人とも警察に逮捕され、その生涯を刑務所の中で終えることになる(完)。
=====================



【双子のギャング】

実在したギャングを描いた作品。
双子のギャングで、兄は理性的、弟は凶暴と正反対の性格を持ちますが、絶妙なコンビで、暗黒街をのし上がっていくというストーリー。

片一方は理性的、片一方は凶暴というのは、典型的なコンビパターンなのでしょう。

例えると、警察で、容疑者の取り調べをする際、一方は脅し役、一方の警官はなだめ役、こんな感じでしょうか(ギャングを警官に例えるのはいかがなものか)。



【ギャング映画っぽさは薄い】

映画は、実在ギャングを描いているものの、ギャング同士の抗争や、裏社会の話というよりは、双子の片割れの兄と恋人との関係を軸に描いています。
そのため、ギャングっぽい凶暴さや裏社会的な印象はなく、まっとうなビジネスをやっている人に見えなくもない。

できれば、裏社会での抗争とか、ギャング界を牛耳っていく過程が描かれていると、ギャング映画としての面白さがあったのになぁ、と残念なところでした。

ただ、弟のやばい雰囲気はよく出ていたように思います。



【最後の転落】

後半は、兄と恋人(妻)との関係破綻、警察に逮捕され転落するという終わりですが、双子の二人が転落する過程も、もうちょっと丁寧に描いていると、色々と感じられる部分もあったのではと思います。

最後に二人が人生を転落する過程も、突然、切れて殺人を行い、逮捕される、という急展開な転落だったので、ちょっと唐突に感じられました。

ギャングとかって、ファミリーというくらいなので、血縁関係が重視されるので、こういう双子でギャングやってます、っていう例もあるのでしょうか。いろいろなギャングがいるんだなぁと、その点は、興味深く見たのでした。



【洋画:ドキュメント】 カルテル・ランド

【評価】★★★★☆

karuter_land.jpg 
2016年/メキシコ、アメリカ
監督:マシュー・ハイネマン

メキシコの麻薬カルテルを巡るドキュメンタリー。本でもメキシコの麻薬カルテルについて、読んだことがあり、その衝撃に驚きでしたので、更に実情を知りたくレンタル。

【ストーリー】
=======================
麻薬カルテルがはびこるメキシコ。
政府すら信用がおけず、警察がカルテルと癒着し、カルテル絡みの大量殺人などの犯罪も取り締まられることはなく、無法状態で一般市民はカルテルの脅威にさらされている。
そのような中、自らの手で安全を取り戻そうと、一般市民が自警団を結成し、町からカルテルを追い出す動きが出始める。
自警団とカルテルの間で銃撃戦が起こるなど過激さも増すが、カルテルの脅威にさらされている人の中には、自警団に賛同する人も多くいた。
しかし、政府は、市民が勝手に武装し暴力行為に及ぶことを危険視し、自警団を鎮圧しようとするが、市民の後押しがある自警団を潰すことはできなかった。そこで、政府は、自警団を取り込むため、警察の直属組織になることを持ちかける。
自警団を主導していたリーダーは、政府は信用できないとして、その申し入れを拒否しようとするが、自警団のメンバーは、政府組織となる魅力に抗しきれず、リーダーを追放し、政府組織に加わるのだった。
追放されたリーダーは、武器の不法所持の理由で、逮捕、投獄されてしまうのだった(完)
=======================



【メキシコ麻薬戦争の壮絶さ】

メキシコの麻薬戦争の状況は、本や他のドキュメンタリー映画などでも見たことがあるので、その凄まじさは分かっていたつもりですが、やはり、この題材を扱った作品を読んだり見たりすると、その凄まじさは新鮮さを持って迫ってきます。

今回の作品は、麻薬カルテルに支配された街を取り戻そうと、市民が自警団を結成して立ち上がったという話のドキュメンタリー。
眼には眼を、歯には歯を、銃には銃を。
そんな世界の話です。



【麻薬カルテルの残忍さの数々】

まず、何より衝撃を受けるのは、麻薬カルテルの残忍さ。
麻薬カルテルが行った数々の大量殺人、残虐行為についても、今作品では、映像、インタビューで触れらていますが、殺害した相手の首を切り落とし、路上に転がすという行為(実際、いくつもの転がった首を映した写真も、本作品では出てきます)、罪のない人々を生きたまま焼き殺したり、残虐な拷問の末殺害したりといったことについてのインタビューなど、まぁ、それは人間のなせる業なのかと思わざる得ません。

そんな組織が跋扈する街を取り戻そうと立ち上がるということは勇気のあることであり、多くの人々から支持を受けるのも納得という気がします。



【自警団の結成】

自警団というからには、日本のように拍子木を打ち鳴らして、「火の用心」と言って町々を回るような平和的なものではなく、武装して、麻薬カルテルのアジトを突き止め、襲撃し、時には銃撃戦に及び、カルテルのメンバーの身柄を確保し、警察当局に引き渡す-ある種暴力的な面も持ち合わせることになります。

難しいのが、自警団が結成時のように、純粋な目的で動く人ばかりではなく、武力を手にしたことにより、麻薬カルテルと同じような行為をする人も出始めるという点。

権力や武力を手にすると、その扱い方が分からない人というのは結構いるというお話。



【自警団を潰そうとする動き】

自警団も規模が大きくなるにつれ、活動の範囲、幅が広がるとともに、組織のあり様も変節してくるという、どんな組織でも陥る病理を抱えることになります。

そして、自警団の動きを警戒した政府-政府もまたかなり腐敗していて、麻薬カルテルと癒着していたりするのですが-は、自警団を潰そうと動き出すことになります。

しかし、市民の信用を全く得ていない政府は、自警団を潰すことができず、逆に取り込むことを画策。
自警団を政府の一組織として認め、指揮下に収めようと働きかけを行います。

自警団の中も、非合法な活動でなく政府に認められた方がよいとする人、政府が信用できないから自警団を立ち上げたのに、政府に組み込まれては意味がないとする人、それぞれで対立が生じ、結局、反政府派の自警団リーダーは追放、逮捕され、自警団は、政府の中に組み込まれてしまうという結末を迎えます。



【政府の統治能力のなさ】

結局、政府のガバナンスが機能しておらず、市民から一切信用されていないことが、メキシコの麻薬戦争を巡る悲劇を巻き起こしていると言えます。
政府の立て直しができない限り、メキシコの麻薬戦争の悲劇は永続的に続き、本作品のように市民の中から立ち上がることでしか、解決策がないのかもしれません。

ただ、市民が決起するというのは、その先には革命や反政府運動などにもつながる可能性があり、国自体の存立すら危ういのでは、そんな危機感を抱かせる作品です。




【洋画:ギャング映画】 ボーダーライン

【評価】★★★☆☆

boder_line.jpg
2015年/アメリカ
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
主演:エミリー・ブラント


DVDの予告で面白そうだったのでレンタル。善と悪の境界線は・・・・といったテーマの話は、案外と好きなんです。

【ストーリー】
======================

FBI捜査官のケイトは、麻薬カルテル撲滅捜査のため、国防省やCIAと共同での作戦に参加することになる。
国防省の作戦は、隣国メキシコを拠点とする麻薬カルテルを叩き潰すために、メキシコに潜入し、麻薬カルテル関係者の射殺や拉致・誘拐による情報収集活動など、明らかに違法な行動であった。
超法規的な行動をとるCIAや関係者に不信感を抱くケイトであったが、麻薬カルテルの撲滅には、そこまでしないと効果がないことも分かっており、その矛盾に葛藤を覚えるのだった。
そして、麻薬カルテル撲滅の最大の作戦が実施される。
アメリカ国内に潜伏する麻薬カルテルのボスをメキシコにおびき寄せ、メキシコでボスや幹部クラスを一掃するというもの。
しかし、作戦の結果、麻薬の密売をCIAの管理下に置くことを目論んでいるものだということを知り、正義感から作戦を止めようとするが、逆に銃で撃たれてしまう。
そして、CIAの協力者として作戦に加わっていた男は、メキシコに戻ったボスを捉えて利用、さらに組織の頂点に君臨するボスの元にたどり着き、そのボスを家族もろとも皆殺しにすることで、作戦は成功裡に終わるのだった(完)。

======================



【超法規的な作戦】


麻薬カルテルを撲滅するアメリカ政府の作戦を描いた作品。
作戦には、悪名高き諜報機関CIAが加わっていることから、作戦自体が超法規的となり、法律を遵守し市民を守るために働いてきた主人公ケイトは、作戦と自身の正義感の板挟みとなり、葛藤することになります。

麻薬カルテルの撲滅には、法律順守ではなかなか達成できないジレンマも分かりつつも、毎回思うことながら、CIAの無軌道ぶりは、やはり疑問を感じるところです。



【ボーダーラインを踏み越えるか】


超法規的な作戦を前に、主人公は、善悪の境目―映画のタイトルにある「ボーダーライン」(これは邦題であって、原題は「殺し屋」というタイトルだそうですが)をまたぐか、踏みとどまるか迷うことになります。

まぁ、一緒に行動しているCIAの連中は、メキシコの渋滞する道路のど真ん中で、対象者を車ごとハチの巣にしたり、捉えた麻薬カルテルの関係者を拷問により情報を引き出したりと、ボーダーラインの彼方に行っちゃっていますが。

対象が、凶悪な麻薬カルテルなので、「まぁ、これも仕方ないか」なんて思えるかもしれませんが、実際には、敵と見なせば、凶悪であろうと市民であろうとお構いなしに無軌道ぶりを発揮するでしょうから、正直、CIAの超法規的な行動はかなりやばいなぁと思います。
そもそも、他国であるメキシコに入りこんで、好き放題するという辺りから、端から法律順守は頭になさそうで、麻薬カルテル並みに危険という感じがします。



【法令順守は端から無視】


こんな野蛮っぷり全開のCIAと一緒に行動するため、悩みの尽きない主人公ケイトですが、ついに、麻薬カルテル撲滅の最大の作戦が決行されることになります。
アメリカ国内の麻薬カルテルを牛耳るボスの潜伏場所が分からないので、メキシコにおびき寄せて、メキシコ国内で始末してしまおうという作戦。

こらー、最初からメキシコで片をつける気なのか。最初から、法令順守とか外交問題とか全然無視ですな(苦笑)。
そりゃあ、主人公ケイトも苦労しますわ。

ちなみに、「この作戦は、政府上層部のお墨付きだから、超法規的行動とか気にすることないぞ」って、アメリカ政府も無茶苦茶でんがな。



【アメリカの病理―それは暴力至上主義】


この作戦の無茶苦茶ぶりに、切れたケイトは作戦を止めに入りますが、逆に、CIAにちゅうちょなく撃たれてしまいます。防弾チョッキを着ていたので、軽傷で済みましたが、味方だろとお構いなしというのは、すさまじい。

作戦は見事成功、アメリカに潜伏していたボスだけでなく、メキシコに拠点を構える麻薬カルテルの頂点に君臨するボスの暗殺までも成功。
ただ、これで、アメリカの麻薬戦争が終結することはなく、さらなる泥沼に陥っていくのだろうなぁ・・・。

暴力で物事を解決しようとして出来ない、アメリカの病理のようなものを感じさせる作品でした。


【洋画:ギャング映画】 俺たちに明日はない

【評価】★★★★☆

bonycrid.jpg
1967年/アメリカ
監督:アーサー・ペン
主演:フェイ・ダナウェイ、ジーン・ハックマン


以前、現代のボニー&クライドと銘打った作品「ニューヨーク・ギャングスター」を見たら、超ヘボ映画だったので、それだったら、本物のボニー&クライドの映画を見たろうじゃないかということでレンタル。

【ストーリー】
===================

1930年代、不況下のアメリカ。
ボニーとクライドは偶然知り合い、退屈な毎日を吹き飛ばすため、銀行強盗を行う。
思いのほか上手くいった二人は、次々と銀行強盗を繰り返す。
クライドの兄夫婦も仲間に加わるが、襲撃の時に警官を何名も射殺したため、引くに引けな状況に陥る。
警官隊に追われる立場となり、兄夫婦は射殺、逮捕される。
仲間となった前科者の実家を頼って逃げるが、そこで密告をされ、ボニーとクライドは、警官隊の待ち伏せにあい、ハチの巣にされて、その生涯を閉じるのだった(完)。

===================



【疾走感のある作品】


昔の作品なので、演出や表現にあまり技巧が凝らされていない印象ですが、それがスピディーな感じがして、思った以上に疾走感のある作品でした。

内容は、1930年代、アメリカに実在した銀行強盗団ボニー&クライドを描いた作品。

映画冒頭から、いきなり、ボニーとクライドが出会ったかと思ったら、「毎日が退屈だから、面白いことしようぜ」という感覚で、いきなり銀行強盗をおっぱじめる展開は、最近の映画ではなかなか見ない、単刀直入な展開です。

こういう展開が、今見ると、非常に新鮮。



【チームの難しさ】


銀行強盗をして、追いかけてきた銀行員は射殺、自分たちを遮る警官隊も射殺と、普通に考えると、かなりひどいことをしていますが、基本的にボニーとクライドの立場で描かれ、全体的に軽妙な雰囲気を漂わせているため、残忍な行為に気が滅入ってくるなんてこともなく、楽しんで(という表現も変ですが)見ることができます。

銀行強盗を繰り返すうちに、クライドの兄夫婦や前科者が仲間に加わり、さらに、荒らしまわりぶりが派手なため有名にあり、警察隊に追われる立場になります。

仲間となった面々が、有能というわけでもなく、逆に足を引っ張りかねない存在で、チームや仲間意識にかけ、メンバー内で対立や亀裂が走るという展開も、なかなか現実的というか、チームを作ることの難しさを実感させます。



【兄夫婦の射殺、逮捕】


銀行強盗で荒らしまわり、有名になればなるほど、警官隊の追及は厳しくなり、まさに、映画のタイトル「俺たちに明日はない」という状況に追い込まれ、それが、ますますメンバー内の亀裂を大きくすることになるわけです。

結局、メンバー内の対立や不協和音が原因で、警官隊に居場所を突き止められ、兄夫婦は射殺、逮捕されることに。

破局の予兆という感じがする一方、不協和音の原因であった兄夫婦がいなくなったことで、先が開けたとも感じられるわけで、さてさて、どうなることやら。



【ボニー&クライドを支持する人々】


ボニーとクライドは、仲間に加わっていた前科者の実家に避難することに。
前科者の父は、いまや有名人であるボニーとクライドを表向きは歓迎するものの、本心では無法者として敵視しています。

映画の中では、ボニーとクライドを助ける人が多く登場し、結構びっくりしたのですが、それだけ、政府に対して反感を持ち、政府を敵に回すボニーとクライドを応援する気持ちが強かったということでしょうか。
犯罪者や無法者が支持を集める状況というのは、それだけ、政府に対する信頼がない裏返しなのかもしれません。



【アメリカらしい作品】


もちろん、ボニー&クライドを支持する人ばかりでなく、基本的には、彼らを無法者として恐れ、敵視する人も多くいるわけです。

ボニーとクライドは、そんな人により、警察に密告され、最後は、警官隊の待ち伏せ攻撃に会い、二人ともハチの巣になって最期を迎えます。

うーん、西部劇の世界だなぁ。
実際、ボニーとクライドの最後が、ここまで激しいものだったかは分かりませんが、アメリカが舞台だとリアリティがありまくりです。

もし、これが日本を舞台にしていたら、話も、全体的にジメジメした感じになりそうですし、ハチの巣にされて殺されてしまうなんていう結末は、すごく嘘っぽくなるだろうなぁ・・・。
そう考えると、この映画は、まさにアメリカらしい作品です。


ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
212位
[サブジャンル]: レビュー
106位
カレンダー