FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2020 031234567891011121314151617181920212223242526272829302020 05

【書籍:ヒューマン系】 博士の愛した数式

【評価】★★★★★

hakase_love_math_book.jpg
著者:小川洋子
出版:新潮社



【数学の雰囲気漂う作品】

先日、映画で観たので、再度読み返して感想を書いてみました。
数学がうまく織り交ぜられて、ストーリーの中心となる、記憶障害を負った数学者の、純粋さと奇人っぽさが数学者らしさを表現していて(もしかして、ステレオタイプなのかもしれませんが)、全般的に数学の雰囲気が漂う作品で、非常に好きな作品です。



【数学の楽しさ】

本書には、数学者のお世話をする家政婦が主人公として登場しますが、学歴としては高校中退で、数学に対する造詣や興味を持ち合わせているわけではなかったのに、数学者と接するうちに、ふと、数字のことを考えたり、「この冷蔵庫の製造番号は素数なのかしら?」なんてことを考えるようになったりします。

数学が嫌いとか興味ない人からすると、「そんなことあるわけないじゃん」と思うかもしれませんが、ちょっとでも気になってくると、そういうこともあるのではないかなぁと思います。
私も、学生時代、数学を専攻していたものの、正直、数学は手に負えず挫折したような気分で卒業しましたが、本書の中に出てくる公理なんかについて、実際、そうなるかなぁとか計算してみたり、証明を考えてみたりして、久々に、数学の楽しさをちょっと味わった気分でした。



【素数は4n+1か4n-1】

数学については、小難しさや取っつきにくさがある反面、憧憬のような気持ちを持つ人もいるのかもしれません。本書の著者にもそういった気持ちがあるのかなぁと思いながら、本書を読みましたが、憧れや驚きに近い気持ちが素直にくみ取れて、数学ってちょっといいよねと思っている自分としてはうれしい本でした。

本書の中には、一見、難しそうな数学の法則が出てきますが、中には簡単に証明が付く(証明なんて堅苦しく呼ぶほどでもない)ものもあって、そういったものについて、考えてみるのも面白いかもと思います。
例えば、本書の最後に出てきた「2以外の素数は、4n+1か4n-1のいずれかの式で表せる」なんていうものは、実は、素数でなく、奇数に当てはまる話で、意外と簡単に分かったりもします。



=============================
【『博士の愛した数式』より】
本当に正しい証明は、一分の隙もない完全な強固さとしなやかさが、矛盾せず調和しているものなのだ。

(書き出し)
彼のことを、私と息子は博士と呼んだ。

(結び)
縦縞のユニフォームの肩越しに背番号が見える。完全数、28。
=============================


スポンサーサイト



【書籍:恋愛小説】 変奏曲

【評価】★★☆☆☆

hensoukyoku.jpg
著者:五木寛之
出版:新潮社


いつのまにか家にぽつんと置いてあった本です。
妻も自分もこういうのを読まないので、多分、病院にお見舞いに行ったときに、間違って紛れて持ってきてしまったものなのでしょう。

本屋で選ぶのだったら、絶対に手に取ることのないジャンルでしたが、手元に読む本がちょうど不足していたので、時間潰しに読んでみることにしました。

内容はというと、主人公の人妻杏子が、パリのバーで、偶然、昔の恋人で革命家の森井と再会する。
人生に飽き気味の杏子は、そのまま森井と1週間の旅に出る。
実は、森井は長い革命家生活の影響で、インポなのでした(驚)!

ということで、当然、出会った当初のベッドインでは、上手くいかなかったのですが、1週間の旅でのセックス絡みのあれやこれやの体験を通じて、旅の終わりにインポを克服し、めでたくベッドインに成功するのでした。

旅が終わりパリに戻ると、森井が1週間パリを離れたせいで仲間の一人が逮捕されてしまうという事件が発生していたのでした。
森井は、その責任を取らされるため、革命家仲間によって車でどこかに連れ去られてしまうのでした。(完)

といったストーリー。

予想通り、こういう恋愛小説(?)は性に合わなかったです。
著書の五木寛之が、後書きで、「内灘夫人」、「デラシネ の旗」と併せた3部作に位置づけられる作品ということで、この変奏曲を最後に、このテーマで作品を書くことはないだろうと述べていました。

それを読んで、「テーマって一体何のこと・・・?」と頭に疑問符が一杯浮かんでしまったのですが、どうも、学生運動、革命絡みのテーマは書かないと言った趣旨のようでした。
正直、学生運動がテーマになっていたとは思いもよらなかったです、どっちかというとイン○がテーマなのかと(笑)。

結局のところ、読後もあまり作品を理解で気はしませんでしたが、強いて言えば、映画にでもすれば、フランス映画のような官能恋愛映画になりそうかなと思ったくらい。

そして、他の人はこの作品にどんな感想を持っているのかなと思ってネットで調べてみたら、なんと、タイトルも「変奏曲」そのまんまで1970年代に映画化されていたそうです。
そうと知っても、映画も見ることはないだろうなぁ。

ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
212位
[サブジャンル]: レビュー
106位
カレンダー