FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2019 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 02

【邦画:ヒューマン系】 博士の愛した数式(映画)

【評価】★★★★☆

hakase_lovemath_mov.jpg
2005年/日本
監督:小泉堯史
主演:深津絵里、寺尾聰


最近続けている、本で読んだことある作品の映画化シリーズ視聴。普通だったら手にしないジャンルの作品ですが、こういう縛りがあるので(どうでもいい縛りですが)、レンタルすることに。

【ストーリー】
=========================
事故ににより、記憶を80分しか保てない数学者の家政婦をすることになった主人公。
日常生活に支障をきたすような記憶障害を持ちながら、純粋に数学を愛し、穏やかに過ごす数学者と主人公の間に、心の交流が芽生える。
80分の記憶しかないため、毎日、初対面のような状態の主人公と数学者だったが、シングルマザーである主人公の息子も数学者との交流が生まれ、息子と数学者の間にも尊敬の念で結ばれる関係が生まれる。
数学者と日々を過ごす中で、息子も成長をし、大人になると数学の教員となり、子供たちに数学者と過ごした日々を語るのだった(完)。
=========================



【博士並みの記憶力】

小川洋子さんの小説が原作の映画。
小説が非常に良かったので、今回、映画を借りたのですが、実は、小説の内容、すっかり忘れていました(笑)。
これじゃあ、博士なみの記憶力じゃないか(博士は、事故により、80分しか記憶が保てない)。

じゃあ、なんで、「非常に良かった」と思ったかと言うと、家の本棚に、小川洋子さんの「博士の愛した数式」が置いてあって、たいていの本は読んだら捨ててしまう中、本棚に置いてあるのは、よっぽど面白いとおもったものだけなので、そういう事情から、「非常に面白い」と思ったに違いないと推察したわけです。
こんな風に書くと、ほんと、博士並みの記憶力だなと、思ってしまうわけで(笑)。



【数学が良いアクセント】

映画は、記憶障害を持つ数学者と主人公とその息子の交流が描かれます。
何か特別なことが起こるわけではありませんが、3人の心の交流が、時折混ざる数学の話が良いアクセントになって、心地よく観ることができました。

学生時代に数学を専攻していたので、今でも、数学が関わってくる話は少し気になって、おそらくそれで、小川洋子さんの小説も読んだんだろうと思いますが(この他人事感が、博士の記憶障害と相通ずるところがある気がする(笑))、この映画についても、おそらく、数学の話が入ってこなかったら、単なるよくある人情映画かなくらいの感想になっていたかもしれません。
自分の気になることが、少しでも入ってくると、途端に興味が持てるようになりますね。



【やっかいな数式が・・・】

数学については、学生時代、結局、非常に難しくて自分には歯が立たないという思いにしかならず、どちらかというと数学には挫折して卒業したという認識の方が強かったので、数学に精通ているわけではなく、卒業から大分立った今では、大方忘れてしまっているのですが、それでも、数学の話が出てくると、できる・できないは別として、懐かしさやら、興味が惹かれるものがあります。

しかし、この映画を見ていて、ほんと、数学はすっかり忘れているなぁと思ったは、「e」が出てきた時。
映画ではネイピア数と紹介されいていましたが、「日本語だと、なんて言ったっけ・・・」とずーっと思いながら見ていました(高校では、自然対数の底という言い方をする)。
ほんと、博士の記憶障害とタメを張るなぁ、この忘れっぷり(笑)。

それから、もうひとつ感慨深かったのは、「e(πi乗)=-1」の数式。
数学では、非常に奇麗な式として有名で、本作でも、そういった扱いで出てきましたが、学生時代は、この式が成り立つことの証明をしたりしないといけなかったため、正直、やっかいさと面倒さの象徴でしかなかった印象が(笑)。

今回、観ていて、成り立ちが全く異なる3つの無理数が、-1になるというのは、非常に不思議で驚きだなぁなんて感じました。たぶん、証明をする必要がない心の余裕がそう思わせるのかも(笑)。
学生時代、この数式をやっかいとしか思っていなかったあたり、数学にはほとほと向いていなかったんだなぁと、ちょっと苦い思いを噛みしめながら本作を見終わりました。

この感想を書く前に、小川洋子さんの小説「博士の愛した数式」についてどんな感想を持っていたか、このブログを読み返そうと思ったのですが、ブログに感想が書いてなかった・・・。
記憶障害により(?)読んだ内容もすっかり忘れていたので、これを機会に読み直して、このブログにも感想を書いてみることにしよう・・・(記憶障害で忘れていなければ(笑))。


スポンサーサイト



【邦画:ヒューマン系】 まほろ駅前多田便利軒(映画)

【評価】★★★☆☆

mahoroeki_mov.jpg
2011年/日本
監督:大森立嗣
主演:瑛太、松田龍平

以前読んだ本の映画化シリーズの第?弾。この本も確かに映画化しやすそうだなぁと思ったら、映画化どころか、それ以前にドラマにもなっていたんですね。意識しないと、そういう情報が自分の認識の中に入ってこないですね。

【ストーリー】
================================
まほろま町駅前でしがない便利屋を営む主人公多田。
ある日、中学の同級生・行天が転がり込んできて、便利屋の事務所で2人で生活しながら、まほろま町で起こる些細な事件に、便利屋稼業を通じて関わっていくことになる。
多田と行天は捨てられた飼い犬の新たな飼い主捜しからはじまり、そこからのつながりで、いつしか、町の覚醒剤取引に関わってしまった小学生の問題にまで関わることになる。
人付き合いが苦手な二人が、不器用ながらも、事件を通じて町の人と関わり、事件を解決することで、少しだけ、町と共に生きる存在となっていくのだった(完)。
================================



【原作を忠実に再現】

原作の本は、それほど面白いなぁとは思わなかったのですが(←こらっ!)、それは脇に置いておくとして、映画は、原作の雰囲気や内容をかなり忠実に再現している感じがあり、原作が良かったと思った人は、この映画も良いと思うのではと思います。

ストーリーは簡単に表すと、人間関係に不器用な二人が、町で起こる些細な出来事に関わって少しだけ人間関係を築いていく、そんなところでしょうか。



【意外と重いテーマ】

内容は、原作と変わらないので、感想も基本的には原作本と変わらないものになりますが、話は些細な感じがするものの、突き詰めて考えると、覚醒剤取引の片棒を担ぐ小学生とか、覚醒剤の売人と娼婦のトラブルとか、結構、重いテーマだったりします。

自分の住んでいる町は、さすがにこんなことはないだろうなぁと思いつつ、町のことは表面的なことしかわからないので、実は、奥深く関わると、こんなディープな世界があったりしたら嫌だなぁと思ったりしながら、本映画を見たのでした。



【美人でびっくり】

それから、どうでも良い感想ですが、本作に登場するコロンビア人娼婦、映画では結構美人の女優さんが演じていて、びっくり。こんな人だったら良いかななんて思ったり(一体、何が良いんだ 笑)
原作本を読んだイメージでは、IKKOさんあたりのイメージだったので、映画でのギャップに結構驚きだったのでした(IKKOさんに失礼だろ)。



【邦画:ヒューマン系】 海賊とよばれた男(映画)

【評価】★★★☆☆

pileat_call_movie.jpg
2016 年/日本
監督:山崎貴
主演:岡田准一

本で読んだ「海賊と呼ばれた男」が面白かったので、映画の方も見てみようとレンタル。

【ストーリー】
=============================
戦前より、石油を扱っていた国岡商店は、敗戦により石油の輸入が止まり、存亡の危機に立たされていた。
会社の存続のため、ラジオの修理業なども手掛けるが、戦後の復興とともに、アメリカの政策にも変化が起こり、石油を取り扱えるようになる。
しかし、業界の異端児であった国岡商店は、石油業界から有形無形の嫌がらせも受けながらも、それを跳ねのけ、発展する。
そして、イギリスとの争いで国際的に孤立したイランから、イギリスの海峡封鎖を潜り抜け、イランにタンカーを送り、イランの石油を輸入するなどの世間を驚かせることも行うのだった。
戦前から、日本に石油の安定供給を行おうと獅子奮迅の努力をしてきた国岡商店は、いつしか、日本の石油業界でも影響力のある会社へとなったのだった(完)。
=============================



【いきなり駄作宣言されましたが】

「海賊と呼ばれた男」、先日、本で読んだので映画もみてみようと思い、レンタルしました。
観る矢先、妻が、「それねー。なんか、CG感がすごくて、なんか白けて面白くないらしいよ」といきなり、ネガティブ情報を吹き込んできます。

こらこら、これから観ようという矢先に、何てことを。

しかし、毎回、駄作のゾンビ映画とか見て、駄作覚悟で映画観るのにはなれているので、その程度のネガティブ情報で映画を観ようという意欲は失せないのでした(自慢にならん・・・)



【原作のダイジェスト版】

実際、観た感想は、「別にCG感すごいとかなかったけど?むしろ、CGを感じさせない出来だったなぁ」というもの。
人に噂というのは当てになりません。

作品の流れも、本を前もって読んでいるので、「あぁ、この話ね」とか、「本で書いてあったなぁ」とか思いながら観たわけですが、原作にかなり忠実に作った作品という印象でした。
しかし、それは言葉を変えると、原作のダイジェスト版っぽい印象も受けました。

原作自体が、話のボリュームが多い上に、時系列が戦前・戦中の昔に話が行ったかと思ったら、戦後の復興期に戻ってきたりと、分かりづらい構成になっているので、映画も、その流れを忠実に(?)再現していたので、原作を読んでいないと、わかりづらそうでした。

映画化する際には、映像化しやすいよう、脚本やシナリオを原作とは違った形で上手に再編する必要があるのだろうなぁと思いつつ、過去、様々な作品の映像化で、そういったことをやったが故に、原作者やファンから、「原作の改変だ!」みたいな批判を浴びる歴史があるので、なかなか難しいのかもしれません。



【船を出せ~!】

原作の様々なエピソードを盛り込んでしまったので、話が取っ散らかってしまった感もあり、もう少し、主人公に焦点を当てたシナリオだったら面白かったかもと思いました。

一例あげると、綾瀬はるかさんには申し訳ないですが、奥さんのエピソードや存在意義があんまりなかったかな・・・。

だけど、主人公の「船を出せ~!」の台詞は格好良かったです!
さすがは、海賊!? ・・・と呼ばれた男。

【邦画:ヒューマン映画】 聖の青春

【評価】★★★★☆

satoshi_seisyun_movie.jpg 
2016年/日本
監督:森義隆
主演:松山ケンイチ


以前、原作本を読んで非常に良かったので、映画も見ようと思いつつ、うっかり見忘れていた作品。
ビデオ屋で目に付き、「あぁ、そうだ。借りないといかんなー」と思い、パッと手にとり借りたのでした。

【ストーリー】
===================
村山聖は、子供の頃から病弱で、重い病気を患いながら、若手棋士として頭角を現す。
聖の同世代には、あの羽生善治がおり、羽生は将棋界のエースとして、着実に頂点へと上り詰めていたが、村山は、そのライバルとして羽生の後を追う存在になっていた。
しかし、子供の時に発病した病気の状況は思わしくなく、常に、病弱な体に悩まされながら、将棋を指し続けることになる。
それでも、羽生に追いつき、対等な立場にたどり着くが、今度は、聖は膀胱ガンを発症、いつ死ぬかもしれないという状況となる。
日に日に体力を削られる日々を過ごしながら、聖は、羽生との対局を迎える。
土壇場まで羽生を追い込むが、終盤、最後の一手を誤り、聖は負けを喫する。
そして、その半年後、病により聖は帰らぬ人となるのだった(完)。
===================



【同名本が原作の作品】

羽生さんと同世代で、その才能から、怪童と呼ばれた将棋の棋士、村山聖さんの生涯を描いた作品。
同名の本が原作となっている映画。

中盤くらいまでは、少々淡々としている印象で、少し盛り上がりに欠ける感じもありましたが、生涯を病気に苦しめられながら将棋の才能を開花させた村山聖さんの心象風景を描いているので、盛り上げろと言っても難しいかもしれません。

後半、ガンになり、死期を意識せざる得いない状況になってからの展開は、涙なくしては見られない展開でした。



【運命のいたずら】

病気でなければ将棋には出会っていなかったけれども、病気のせいで、試合を棄権せざる得なかったり、不調の体調で試合に臨まなければならなかったりと、病気が将棋の足かせにもなるという、病気と将棋の関係が非常に微妙というか、矛盾せざる得ないところが、運命の厳しさを感じさせます。

病気だったから将棋と出会えたのだから、後は、病気と折り合って将棋に向かうしかない、ということなのかもしれませんが、やはり、なぜ、こうも皮肉な巡りあわせなのかと、映画を見ていても、考え込んでしまいます。

運命のいたずらというと、軽すぎる言葉ですが、人の生涯、運命って、そういうものななのですかね。



【良かった場面も映像化】

以前、原作となった本を読んでおり、その時、一番印象に残った場面-昇級試験で負け、将棋界を去らねばならなくなった先輩(後輩だったかも)が、その送別会で、負け惜しみと悔しさを押し隠し達観したセリフを吐くのを見て、「負け犬」と罵って、殴り合いの喧嘩を演じる-も映画では、描写されていたのは、嬉しいというか、良かったところでした。

本を読んで、「この場面、良かったよなぁ」というシーンが、映画でも表現されているのは、その場面の良さを認められ、共感を得られた気がして、うれしいものですね。

本映画は妻も一緒に見たのですが、妻の感想は、「なんか、共感できなーい。たんに、わがままな人ってだけじゃない??」

・・・・妻とは、どうも本映画に関しては共感を得ることはできなかったようです(笑)。

【邦画:青春映画】 ぼくらの七日間戦争2

【評価】★★☆☆☆

our_7war2.jpg 
1991年/日本
監督:山崎博子
主演:渋谷琴乃、具志堅ティナ、佐野史郎

「僕らの七日間戦争」に続いてレンタル。
二作目なんてあったんだ、と非常に印象が薄いのですが、出来栄えの方はその印象を覆すものになるのでしょうか?

【ストーリー】
======================
七日間戦争から1年後。
相変わらず、中学校は管理体制が厳しく、生徒の遅刻を端に、生徒と学校が対立する事件が起きる。
騒動を引き起こしたと学校に決めつけられた生徒たちは、ペナルティを与えられるが、それに反発して、生徒9名は学校をサボタージュして沖縄へと旅立ってしまう。
沖縄の離島に行った中学生たちは、島の自然が壊されリゾート開発されてしまうという事実も知り、大人たちに一泡吹かせるため、離島に立てこもるのだった。
学校からも生徒を連れ戻しに先生たちがやってきて、先生とリゾート会社の社員vs中学生の闘いが始まる。
島に様々な仕掛けを施し、大人たちを翻弄する中学生たち。
最後は、気球に乗って島を脱出し、大人たちの手から逃れるのだった(完)。
======================


【バブル時代の作品】

1991年の作品だけあって、中学生を主役にした作品であってもバブル感漂う作品でした。
なんせ、今回は、中学生たちが、学校に反発して沖縄まで行っちゃう話ですから。

家出すら、沖縄かぁ・・・。バブリーだよなぁ。



【沖縄のプロモーションビデオ】

内容は、沖縄が舞台だけあって、沖縄のプロモーションビデオみたいな内容に仕上がっています。
なつかしの、沖縄出身のタレント、具志堅ティナが出ていたりして、南国ムードが高まる作品です。
具志堅ティナ、水着で泳ぐ姿は、中学生とは思えないプロポーションで、なんだかびっくり(出演当時は中学生よりももっと年齢が高かったのかもしれないですが)。

ここいらは、具志堅つながりで、いっそのこと、「ちょっちゅねー」とか言って、具志堅用高を出してもらえれば、もっと良かった。



【バブルの甘さが・・・】

今回の中学生の敵役は、学校の先生はもちろんのこと、離島のリゾート開発を目論む開発会社となります。
バブルの時代は、どこもかしこもリゾート開発ブームだったからなぁ。時代を感じさせる設定です。

しかし、当時は、リゾート開発が良しとされていた時代なのでしょう、本作でも中学生の敵役として登場する割には、リゾート開発会社やリゾート開発を徹底的に懲らしめる展開にはならず、せいぜい、ちょっといちゃもん付けてみました、な感じ。

これが今の時代だったら、断然、原発がテーマとなり、もっと、厳しく糾弾する内容になってそうだよな、と考えると、映画全体がバブルの甘さに捕らえられている感じです。



【激闘!硫黄島】

中盤くらいまで、沖縄のプロモーションに注力した展開ですが、後半は、ようやく大人vs中学生の離島を巡っての攻防戦。
さしずめ、上陸作戦を強行する連合軍と、それを迎え撃つドイツ軍と言ったところでしょうか。
・・・いや、立場的には大人側がドイツ軍的な立ち位置ですから、この例えは、あまり正しくないかもしれませんが、最後は、島を中学生たちは脱出してしまうことを考えると、連合軍-大人たち、ドイツ軍-中学生ということで、いいのかもしれません。

孤島で奮闘し、硫黄島の日本軍並みに頑張った中学生たちですが、最終的には、大人たちの上陸は阻止できませんが、そこは日本軍とは大違い。
玉砕するなんてことはせず、島から見事脱出。

脱出の方法は、気球を使って太平洋を横断。

・・・・日本軍と変わらないくらい、玉砕的手法でした(笑)。

案の定、後日、新聞ネタになり、「環境保護を訴える中学生(・・・訴えてたっけ?)、気球での太平洋横断に失敗!」と大見出しを打たれることに。

あらま、かわいそう、中学生、全員、海の藻屑になっちゃたのかと思いましたが、新聞には、中学生9名が、肩を組んだ集合写真が載っていたので、太平洋横断は失敗しても、命はとりとめたということでしょうか。
いっそのこと、玉砕して、みんな死亡の方が、パンチが利いてて良かったのではとも思うのでした。



ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
239位
[サブジャンル]: レビュー
121位
カレンダー