FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2020 031234567891011121314151617181920212223242526272829302020 05

【洋画:ファンタジー】 ザ・マミー -呪われた砂漠の王女

【評価】★★★☆☆

mummy_tom.jpg
2017年/アメリカ
監督:アレックス・カーツマン
主演:トム・クルーズ

「インディ・ジョーンズ」みたいな映画も結構好きなんだよね、との妻の一言により、テレビ放映された本作品を視聴。トム・クルーズ主演作品ですが、結構若いな、トム!

【ストーリー】
==========================
古代エジプトで、悪魔に魂を売り渡した罪で地下深くに封印された王女のミイラが偶然のきっかけで発掘された。しかし、王女のミイラは死んでおらず、人々の生気を吸い取り復活すると、更に悪魔を復活すべく、主人公に悪魔を乗り移らせようと画策するのだった。
超常的な存在を研究し、悪魔を封印するミッションを遂行する組織が、蘇った王女を捕らえるものの、王女の圧倒的パワーに抗しきれず、王女は脱走させてしまう。
そして、主人公の体に悪魔が乗り移るが、主人公は悪魔の意志を抑えつつ、その力を使って王女を倒すのだった。しかし、自身の体の中に人間と悪魔が拮抗する状態となった主人公は、その呪いを解くべき、世界を放浪するのだった(完)。
==========================



【トム、まだまだ現役】

トム・クルーズ主演作品とのことでしたが、トムも(←こうやって書くと知り合いのようである)だいぶ年を取っているよな、おそらく60歳は超えているんだろうと思いつつ観ましたが、思ったよりだいぶ若くびっくり。
かなり昔の作品だっけ?と思ったものの、2017年の作品ということで、比較的最近の作品。

映画を観た後、トムの年齢を調べてみましたが、まだ57歳くらいなんですね。映画撮影当時は、50代前半なので、まだ十分(?)若かった。
どうも、最近は、昔活躍していた俳優さんが、寄る年波でだいぶ老け込んでいることが多いので、てっきりトムもとおもっていたのですが、大いなる勘違いでした。
まだまだ、現役ですね。



【ジキル博士とハイド氏まで】

うちの妻が、「『インディ・ジョーンズ』っぽい作品、以外と好きなのよね」ということで一緒に視聴しましたが、うん、インディ・ジョーンズと言うには、2ランク、3ランク落ちる出来かなぁ。

悪魔と契約を交わした呪われた王女のミイラが現代に蘇って騒動を引き起こす(こう書くと、ドタバタ喜劇みたいな作品に思えてくる(笑))という展開。

蘇ったミイラ(じゃなくて王女か)に主人公は付け狙われ、その体に悪魔を降臨させられそうになるわけですが、そこに悪魔ハンター組織が絡んできて、更に、その組織のボスが、なぜか「ジキル博士とハイド氏」のジキル博士(ハイド氏)という設定だったり、なんだか不思議な設定です。

もっとも不思議なのが、蘇った王女の強さでしょうか。
あっさり、悪魔ハンター組織に捕まってしまうほど、「あれっ、弱くない?」と思ってしまうほどの強さかと思いきや、捕まった後は、鋼鉄の鎖を引きちぎり、重装備の兵士達を瞬殺する圧倒的強さを発揮。
映画のシナリオの都合と言えばそれまでですが、王女の強さがあまりにムラがあり過ぎて、もうちょっとなんとかして欲しかった。



【デビルマン誕生?】

最後は、呪われた王女により、その体に悪魔を降臨させられそうになる主人公。
それを拒否るかと思いきや、逆に、率先して悪魔を体に受入れ、その力をもって呪われた王女を倒すのでした。
悪魔のヒーロー誕生! って、デビルマン!?

悪魔を体に受け入れ呪われた体となった主人公ですが、悪魔に体を支配されないように、その呪いを解くため、世界各国を巡るのでした・・・と、明らかに2作目狙いの終わり方。

なんか、悪魔を体に受け入れると、悪魔によって世界が滅ぼされる的な内容だったのに、受け入れてみれば、そんな大層なことは起きず、せいぜい、主人公の身の上にちょっとした変化があったのみ。世の中、大げさに物を言う人、多いよなぁ・・・。

竜頭蛇尾(もともと竜頭で始まってないという突っ込みもありそうですが)で終わった感があり、妻も「なんか、だいぶ安っぽい」という感想。

「たしか、2作目があったような。TSUTAYAで見かけたような・・・。2作目は、悪魔になった主人公が活躍したりして」と、適当なことを言ったら(その時は、2作目があったと勘違いしてたんです・・・)、つまらないと言っていた妻が思った以上に食いつきがよく、「借りてきてよ」と言ったのにはびっくり。

「つまんなくても、一応、続編は気になるじゃん」ということでしたが、2作目存在説がガセネタであることが判明した瞬間、厳しく指弾され、うろ覚えの話を簡単に口にするもんじゃないな・・・というのが、この映画を観ての教訓だったのでした(映画の教訓ではないだろっ!)




スポンサーサイト



【洋画:ファンタジー】 キング・アーサー

【評価】★★★☆☆

king_arther_a.jpg
2017年/アメリカ
監督:ガイ・リッチー
主演:チャーリー・ハナム

アーサー王関係の映画は、過去にもいくつか観た覚えがありますが、本作は観たことがなかったのでレンタル。
ヨーロッパ(イギリス?)では、アーサー王はおなじみの話らしく、色々なバリエーション、脚色されて作品化されているようです。

【ストーリー】
============================
イングランド国王のオーサーは、弟の反逆により殺され、幼い息子アーサーは、城を落ち延び、スラム街で育てられ成長する。
アーサーが自分の出自を知らず、青年に達した頃、湖に沈んでいた伝説の剣エクスカリバーが、岩に突き刺さった状態で出現する。
イングランド国王は、エクスカリバーに選ばれる真の王の出現を恐れ、年頃の青年に、剣を抜くよう試させるが、アーサーが、剣を引き抜いたことから、捕らえて処刑をしようとする。処刑の土壇場で、魔術師に助けられるアーサー。そして、アーサーこそ真の王だと信じる民衆は、圧政を敷く現イングランド国王への反乱を起こす。
アーサーは、反乱に後押しされる形で、悪魔に魂を売り、悪魔と化したイングランド国王と対決し、エクスカリバーでイングランド国王を倒すことで、新しい国王になるのだった(完)。
============================



【立身出世ストーリー】

キング・アーサー伝説は、ヨーロッパ(イギリスかな?)では馴染みの話で、色々と脚色しやすい話なのでしょう。日本で言うところの「忠臣蔵」的な馴染み感があるのかもしれません。

本作では、正当な王位継承権を奪われていたアーサーが、市井から身を起こして、正当な王として玉座を回復するというストーリー。
洋の東西を問わず、立身出世ストーリーというのは庶民に好まれるということなのでしょう。
変則的ながら、本作も立身出世ストーリー的な要素を含んだ作品となっています。



【東西にみる名刀の性能】

幼子の頃に、父である王が殺され、反逆者の魔の手から逃れ、スラム街で育ったアーサー。
自身が王家の血筋だとは知らなかったものの、伝説の剣エクスカリバーに導かれることで、正当な王座の継承者であることを知り、エクスカリバーの力と周囲の力によって、王位復権へとつながっていきます。

まぁ、しかし、西洋の名剣ってすごいですね。
この映画でも、エクスカリバーを使いこなしたアーサー、周辺の敵、100人くらいは一振りであっさりなぎ倒してしまうんですから。

日本にも名剣はありますが、こうはいかない。
せいぜい、妖刀で持ち主に不運を呼び込むとか、小豆が刃先に落ちたら、小豆が真二つになるくらい切れ味が良い、程度だもんなぁ(笑)。

ただし、エクスカリバー、すさまじい力を秘めているものの、主人公のアーサーがなかなか使いこなせず、絶体絶命のピンチの時くらいにしかその力を発揮しないので、一応、バランスは考えられてはおります。


【ちょっと斜に構えすぎか】

そんなこんなで、王座を支配する偽王とアーサーがタイマンで決着を付けるクライマックスへとストーリーは進んでいきますが、スラム街育ちのアーサーは、王位に興味がなく、むしろそんな話めんどくさいというスタンス。
それでも、周囲の圧力で、王位奪取へと進まざるえなくなるわけですが、本人がその気がないという設定なので、見ている側としては、ちょっと、肩入れしづらい感じ。

やっぱり、こういう話は、本人にもやる気になってもらわないとねぇ・・・そんな気がします。
その点で、立身出世ストーリーとしては、ちょっと物足りなさもあったかな。

日本の立身出世ストーリーの定番(実話)、豊臣秀吉並に、がむしゃらさが欲しかった。

斜に構えている人より、暑苦しいくらいに熱心な方が良いかなぁ・・・本作の主人公を見ての感想でした。



【邦画(TV):SF】 進撃の巨人 ー反撃の狼煙

【評価】★★☆☆☆

going_titan_tv.jpg
2015年/日本
監督:足立公良、尾上克郎、西村喜廣
主演:石原さとみ

「進撃の巨人」映画版のスピンオフ作品として作られたテレビドラマ短編3話。
先日、映画版を見たので、参考までに(何の参考だ!?)視聴。

【ストーリー】
==============================
巨人が出現し、外側の防壁を壊されてから数ヶ月。
巨人討伐のための研究や訓練が早急に行われる中、生け捕りにした巨人の研究から、新兵器が開発される。
空中を飛んで、巨人の急所のうなじを破壊するという作戦は、高度な身体能力を必要とされるが、訓練生の中での軋轢や偶然の行為から、その手法が見いだされることになる。
ついに、巨人討伐の光明が見いだされることになるのだ(以下、映画版に続く)(完)
==============================



【映画のスピンオフ作品】

「進撃の巨人」映画版のスピンオフドラマ。
スピンオフドラマなので、映画版を見ていないと、話がよく分からないかも、という点では、単体で見るにはちょっと厳しいかなと言うストーリー。

巨人襲撃後、巨人退治のための新兵器開発に至るまでのストーリーが描かれます。
ストーリーは3編。1編が新兵器開発の経緯にまつわるエピソード。残り2編が、新兵器を使いこなすための新兵訓練にまつわるエピソードとなります。



【予算査定会議】

新兵器開発をめぐるエピソードでは、各担当部署の責任者が、予算査定会議で、それぞれ新兵器の案を提案しま
こんなに素早く判断が決まる会議があったらいいなぁ(笑)と、なかばうらやましく思いながら、見ていました。

実際には、一言で即決というのは、現実にはないでしょうが、物事の決断にはこれくらいの思い切りの良さが必要かもしれません。
ただ本作では、採択された新兵器は、開発責任者が持論を滔々と5時間も語り続けて、それに関心をもった査定官が案を採択したという流れになっていて、やっぱり、相手のお構いなしに、長々と話を続ける方が強いのかもしれません(笑)。



【兵器としてはかなり未熟】

無事、新兵器が開発されたものの、それは、使いこなすのが非常に困難な代物。
開発研究者曰く、「新兵器を使いこなすためには、精鋭による十分な訓練を!」
・・・結局、人の技量と身体能力頼みという兵器は、誰もが使いこなせないという意味では失敗作ではという感じもするわけですが、飛行機の操縦など、現代の最新兵器も、人の能力と十分な練習時間が必要とされる点では、致し方なし、というところでしょうか。

しかし、実際の訓練では、全然ものにならず、結局、新兵たちが引き起こした騒動が偶然のきっかけとなって、兵器の扱い方が見いだされるという、やっぱり、兵器としては、かなり未熟な代物だなぁと感じるわけです。

それでも、どうにか、兵器の扱い方を新兵たちがマスターし、ようやく、巨人討伐への光明が見いだされたというところでお話しは終了。
後は、映画での展開のとおりということで、映画で描かれなかったニッチな部分を描いた作品ということで、映画なくしては成り立たない作品ではありました。

映画を見た後、おつまみ代わりに見る作品と言えそうです。


【邦画:SF】 進撃の巨人(映画)

【評価】★★★☆☆

going_titan.jpg
2015年/日本
監督:樋口真嗣
主演:三浦春馬


アニメの実写版映画を見てみるかぁという、謎の自分縛りを入れてレンタル。
先日は、「テラフォーマーズ」を見たので、今回は、「進撃の巨人」をレンタル。

【ストーリー】
=========================
人類は突如出現した巨人たちに喰われ、滅亡の危機に瀕していた。
巨人からの脅威を逃れるため、三重の防壁に囲まれた土地に逃げ込み、100年が経過しようとしていた。
防壁の外には巨人の存在は感じられず、人々の中で防壁の外に出て行こうという機運が高まる中、突如、巨人たちが襲来、外側の壁が壊され、多くの人々に被害が出てしまう。
主人公は防壁の修復のための決死隊に参加し、巨人討伐と防壁修復に向かう。
その戦いの最中、主人公は突如、巨人に変身、襲ってくる巨人をなぎ倒した後、元の人間の姿に戻ってしまう。
巨人ではないかと疑われる主人公は処刑を免れ、仲間と共に再度、防壁修復に向かうが、巨人たちは、人類の生み出した生物兵器によって、人間自身が巨人化したという事実、防壁の為政者も実は、変身できる巨人であり、人類を支配するため、再度、巨人を集め防壁を襲撃させたという事実を知ることになる。
主人公は、人類を支配していた巨人を倒し、再度、防壁を修復させることに成功するのだった(完)。
=========================



【ウルトラマンでした】

「進撃の巨人」は原作を読んだことはなかったので、断片的な知識しかなかったのですが、前回見た「テラフォーマーズ」が仮面ライダーだとすると、「進撃の巨人」はウルトラマンだったなぁ、というのが、総論的感想でした。
本作は、前編の「ATTACK ON TITAN」と後編の「END OF THE WORLD」の2本立てになっていますが、前編は、人間たちによる巨人討伐の話、後編は、巨人に変身した主人公と巨人たちの戦いとなっています。

前編が、ウルトラ警備隊の活躍を描いているとすれば、後編が変身したウルトラマンと怪獣の戦いという構図で、巨人に変身した主人公に時間制限がある当たりも、ウルトラマンだなぁと思うところだったのでした。



【子供の時と同じ気持ちで・・・】

子供の頃、ウルトラマンが好きでよく見ていましたが、話の前半(というか大半)のウルトラ警備隊や人間中心のドラマは正直退屈で、最後の5分に登場するウルトラマンを見たいという一心でテレビに齧り付いていた記憶があります。

本作も、前半のウルトラ警備隊の話(そうじゃないって)は、少々退屈してしまいましたが(子供の時と精神構造が変わっていないようだ(笑))、後半のウルトラマン話(そうじゃない!)は、それなりに楽しめました。

やっぱり、ウルトラマンは、ウルトラマンが登場してナンボですね。



【ラスボスがまさかね!】

ただ、単純なウルトラマン話ではなく、巨人の出現が、人類の生み出した生物兵器のせいで、しかも、同じ人間が巨人化して襲ってきているという、これは、ゾンビ話的な設定だなぁと、ウルトラマン×ゾンビなのか!と、なかなか驚かされたのでした。

そして、一番のびっくりが、ラスボスが、人類を支配する為政者で、しかも、その為政者は変身できる巨人でした、というオチ。
突き詰めると、色々と突っ込みどころがありそうですが、巡り巡って、敵に支配されていたという構図は、なかなかのどんでん返しでした。

えーと、結局、どうすれば良いのか。敵を倒せば良いのか、味方だと思っていた政府を倒せば良いのか。世界は難しくできているようです。

しかし、そんな難しい話も、高い城壁の上から遠くの海を見下ろせば、すっぱり吹き飛ぶという、まさに、青春ですなーというオチも意外に良かったですな(笑)。

【邦画:SF】 テラフォーマーズ

【評価】★★★☆☆

terafomers_mov.jpg
2016 年/日本
監督:三池崇史
主演:伊藤英明

「テラフォーマーズ」が一時、話題になったときに、原作の漫画をその時、出ている最新刊まで一気読みした覚えがあります。単純なゴキブリ駆除の話ではなく、火星の権利を巡る各国間の駆け引きなど、原作は、なかなか複雑な展開を示していました。これ全部を2時間弱で映画化するのは難しそうですが、果たしてどんなふうにまとめたのでしょうか。

【ストーリー】
================================
火星移住を計画する人類は、火星にコケなどの下等植物と大量のゴキブリを投入することで、火星の環境を地球と同じような環境にしようというプロジェクトを開始した。
それから、500年。火星は地球環境にほぼ近づいたことから、大量繁殖したゴキブリを駆除し、火星への人類移住を進めることを決断する。
しかし、500年の間、ゴキブリは人類の予想を上回る進化を遂げ、二足歩行型の凶暴で俊敏な生物へと生まれ変わっていた。
駆除チームのメンバーは、進化型ゴキブリに対抗するため、昆虫のDNAを組み込まれ、驚異的な能力を付与され、火星に送り込まれる。
しかし、圧倒的な数と、予想を上回る強靱な能力を持つ進化型ゴキブリに駆除チームは苦戦、次々と命を落としていく。
そして、駆除チームは捨て駒として火星に派遣されたことを知った生き残りメンバーは、苦難の末、ゴキブリの大群を打ち破り、脱出ポットを使って、地球に戻るのだった(完)。
================================



【実は仮面ライダー?】

映画では、原作と比べ、だいぶ単純化され、火星において、ゴキブリショッカー軍団と、昆虫型変身ヒーローが戦うという、ヒーロー戦隊もの的作品だなぁと思いました。
主人公側が、昆虫の遺伝子を組み込まれているという当たり、これは、仮面ライダー(ご存じ、バッタの遺伝子が組み込まれた正義のヒーロー)みたいな話だと、はっと気づいたのでした。

そうやってこの映画を観てみると、なんだか、昔ながらに懐かしい作品でした。
仮面ライダーと違って、ショッカー軍団(ゴキブリ)は、凶暴なほど強いのですが。



【昆虫、マニアックすぎか】

本作の見所は、なんと言っても主人公側の能力の多様さでしょうか。
色々な種類の昆虫の能力が組み込まれているのですが、登場する昆虫のほとんどが、超マニアック。
敢えて、その選択肢ですかと、おそらく昆虫マニアにとっては垂涎ものなのでしょうが、素人からすると、「全然、分かんないぞ」と突っ込みが入ること必然(笑)。

なかには、オケラとかゲンゴロウの能力を組み込まれた人がおり、この人たちはあっさり、ゴキブリ軍団に殺されてしまうのですが、「なぜ彼らの能力に、オケラやゲンゴロウと言った、地中探索や水中探索能力しかもたない昆虫が選ばれたのかは謎である」という、ちびマル子ちゃんのナレーションのような突っ込みが入ったりして、「そんな突っ込みをいれられても」と苦笑してしまうお茶目なシーンもあったりします。



【ゴキブリ君にもう一踏ん張り!】

少々、物足りないかなぁと思ったのは、ゴキブリ集団、仮面ライダーのショッカー集団の数十倍強いものの、思ったほど、圧倒的強さがあるわけではなく、ずば抜けて強いボス的キャラもいないことから、ちょっと、敵としては中途半端だったかなという感じがしました。

最後も、カイコの能力により、鱗粉がばらまかれ、そこに火が付いて鱗粉爆発(?)が生じて、ゴキブリ集団一掃という、あっけない最後でしたしね。

うーん、ゴキブリ君たちに、もう少し見せ場があると良かったかなぁなんて思いました。



ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
212位
[サブジャンル]: レビュー
106位
カレンダー