FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2019 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 02

【書籍:軍事】 専守防衛

【評価】★★★☆☆

著者:外山三郎
出版:芙蓉書房


【専守防衛の戦史紹介】

「専守防衛」という言葉は、冷戦時代に日本の防衛方針のあり方としてよく聞いた言葉だったと思いますが、最近は、この言葉はほとんど聞かなくなったように思います。
「専守防衛」の定義があまりはっきりせず、本書を読んでもその当たりはいまいちはっきりしませんが、広義に取れば侵略戦争を目的とした戦争、狭義に取れば、相手に攻撃を受けて反撃し、かつ、敵国領土には攻撃をしかけない、といったあたりでしょうか。

本書では、専守防衛の戦史紹介、戦史を踏まえた日本の専守防衛のあり方が提言されています。
戦史は、攻め込まれて受け手に回って勝利した側にスポットを当てた内容で、これをもって専守防衛の事例というと、専守防衛の範囲はかなり幅広いことになるなぁという印象。

イギリスの事例は3件と最も多く、スペイン無敵艦隊との戦い、ナポレオン戦争、第二次大戦が取り上げられており、日本と同じ島国でありますが、ヨーロッパ大陸の国々と関わりがあるだけに、置かれている情勢もかなり異なる感じで、外交と戦争の両方をにらみながら、かなり繊細な駆け引きがイギリスには求められていたようです。



【通商破壊作戦】

戦史紹介で興味深かったのが、第一次世界大戦、第二次世界大戦におけるドイツの無制限潜水艦攻撃-いわゆる海上通商破壊作戦に関するもの。

第一次大戦においては、ドイツがもっといち早く、無制限潜水艦攻撃に踏み切っていれば、イギリスを屈服させることができたのではないか、というのが著者の主張ですが、無制限潜水艦作戦が中立国-特にアメリカの対ドイツ参戦を誘発してしまったことを考えると、戦術面では効果はあっても戦略面では失策のきらいがあり、そう簡単ではないでしょう。
戦争が自国と相手国だけの問題ではなく、中立国など利害関係を持つ国も多数ある中で、どれだけ、中立国を味方に付けられるかが、戦争の帰趨を決するということを示唆する事例と思われます。

第二次大戦のドイツのユーボートによる海上通商破壊作戦は、連合国側の対潜水艦技術-ソナー技術開発や空爆による潜水艦攻撃などの技術進歩が、ドイツの作戦を頓挫させており、日米の航空機戦でもそうでしたが、技術開発競争が戦争の行方も左右するという、まさに国家の総力戦こそが第二次大戦であったことを示しているように思われます。



【海上輸送の防衛】

ドイツの通商破壊作戦を戦史の教訓として、本書では専守防衛の要として、海上輸送防衛に主眼を置く軍事力整備を提言しています。
日本が、補給軽視で戦争に敗れたことを踏まえると、海上輸送をきちんと確保する戦略・戦術は非常に重要に思われます。

本書が書かれた当時は、仮想敵国(ソ連)との直接戦争を想定しての海上輸送防衛なので、現在の戦争のあり方からすると、現実とだいぶかけ離れた提言ではあります。
戦争が、国家間の直接戦闘から、テロや破壊活動など正規の軍事力を使わない方法で攪乱を主流とするような状況は、当時からすると考えられないことでしょうから、これは致し方がなく、むしろ、戦争のあり方が大きく変わったことの驚きの方が大きいように思います。

とは言え、通商安全の確保は、現在の日本にとっても、命綱ではあるので、防衛の仕方は変わっても、様々な方法を用いて、通商確保に努めることは重要です。



=============================
【『専守防衛』より】
しかしこれらの事実は、圧倒的な大軍の侵入に対しては、それが地続きの国境を越えてくるときは、究極的には阻止できないことを示したことになる。

(書き出し)
世界史を顧みるとき、大敵の直接侵攻を見事に撃退した大戦争の歴史が燦として輝いている。

(結び)
後者については、日本周辺海域を含め米海軍のシー・パワーに依存しなければならないことを認め、米海軍との協力に万全を期さなければならない。
=============================


スポンサーサイト



[ 2020/01/12 14:18 ] 軍事 | TrackBack(0) | Comment(0)

【書籍:軍事】 われら張鼓峰を死守す

【評価】★★★☆☆

choukohou_shisyu.jpg
著者:冨永亀太郎
出版:芙蓉書房



【ノモハン事変の前哨戦となった国境紛争】

張鼓峰事件というのは、戦前、満州国境を巡って日ソ間で起こった国境紛争の局地戦。
ソ連の機工化された部隊に日本側が苦戦するという結果となり、後年発生した、更に大規模な国境紛争-ノモハン事変では、日本が張鼓峰事件の教訓を生かし切れなかった結果、ソ連に大敗北するという結果となります。

その観点から、非常に興味深い事件なのですが、大規模な紛争ではなかったこともあり、あまり知られていません。
本書は、張鼓峰事件で、70名ほどの隊を率いて防戦につとめた中隊長が実体験を綴ったもので、貴重な作品と言えます。

本書は、戦後になってから記されていますが、当時の戦後日本の防衛戦略が「専守防衛」という言葉で語られていたこともあり、張鼓峰事件を専守防衛という考え方に結びつけているのは、時代を感じますが、その当たりを差し置くと、当時の日本の国力の限界なども見える内容で、戦前の日本の軍事情勢を知るには面白い本だと思います。



【戦術レベルの課題では結論出せず】

満州国を占領していた日本に対して、国境線が未決着で争いとなっていた地に、ソ連軍が進駐してきたことがきっかけで、張鼓峰事件が起こることになります。
ソ連と日本において、当初から戦力差が大きかった上に、日中戦争を戦っていた日本としては、ソ連との紛争を拡大したくないという思惑もあり、戦力投入をためらった結果、ソ連軍にかなり押される結果になりました。

日本側の課題として、戦力不拡大の方針がために、戦力の逐次投入の愚に陥ったとか、ソ連を甘く見ていて、国境の防衛強化が弱かった等、色々あったようですが、どちらかというと戦術レベルの課題は、元々国力差の違いなどが前提にあったことを考えると、では、どうすれば良かったか、という答えはなさそうだなぁという印象でした。

むしろ、外交方針やら国家方針レベルの戦略が誤っていたひずみが、張鼓峰事件の勃発や苦戦に繋がっているように思われるので、張鼓峰事件だけ切り取って論じても、結論は出ないように思われます。



【川中島の合戦のよう】

張鼓峰事件をめぐる日ソの関係を見て感じたのは、戦国時代の上杉・武田による川中島の合戦を思い起こすなぁというもの。

張鼓峰事件は、停戦するまで、張鼓峰の山頂を日本軍が辛くも死守しましたが、停戦後、余力のない日本軍は張鼓峰から撤退、いつの間にやらソ連が張鼓峰に陣地を構築、実効支配してしまうという結果になりました。

川中島の合戦でも上杉・武田の激闘が繰り広げられ、戦闘自体はどちらが勝ったとも甲乙付けがたい状況になったものの、戦後は武田側が川中島一帯を支配してしまったわけで、政治力などで武田側に分があったともいえます。

ソ連も、川中島の合戦の武田方のようなしたたかさも感じられ、戦争を、戦場だけでなく、戦後も含めたトータルの計算をすることができたソ連が一枚も二枚も上手だった、そんな印象です。

現在、ソ連(今はロシアですが)とは、北方領土が国境紛争の種ではありますが、このしたたかさがロシア側に有る限り、なかなか日本の思うとおりにはいかないか・・・そんなことも考える内容でした。



======================================
【『われら張鼓峰を死守す』より】
従って独断専行は、上司の意図にそったもので上官の意図外に出ることは許されない。

(書き出し)
張鼓峰は、朝鮮の北部国境を流れる豆満江に近い、湖沼と河にはさまれた丘陵地帯にそびえる標高149メートルの山で、その名の通り鼓を張ったような、稜線のきわだった、きれいな山である。

(結び)
列車は降りしきる雨の中を、英霊に黙祷を捧げるかのように、白い煙りを残して、ひたすら南へ、南へと走り続けた。
======================================



[ 2020/01/01 00:00 ] 軍事 | TrackBack(0) | Comment(0)

【書籍:社会派小説】 大地の子(全4巻)

【評価】★★★★☆

daichinoko.jpg
著者:山崎豊子
出版:文藝春秋



【日本と中国の関係を描いた大作】

中国残留孤児となった陸一心を主人公に、中国の文化大革命、日中合作による製鉄所建設、残留孤児の肉親捜しと広範なテーマを描いています。
本作も、中国での綿密な取材を元に描かれており、後書きには、中国政府の情報統制による取材の難しさなどにも触れられているので、本作、大作であることの大変さに加え、取材の困難さも加わり、大変な苦心作だったことが、直に伝わってきます。

また、主人公の陸一心は、日本人ではありますが、6歳の時に敗戦となり、満州(中国)に取り残され、中国人として育ったため、中国人的な感覚・文化を持った人物として描かれており、中国人の文化や思想様式を知ることのできる面白さもあります。

そして、製鉄所建設を通じて、日本と中国の考え方の違い、ぶつかり合いなども描かれており、現在とは多少違う面があるとは思いますが、現在も起こっている日中間の相違を考える上でも、参考になる面があるようです。



【文化大革命の嵐】

序盤は、残留孤児となった陸一心が、中国人に拾われ育てられますが、文化大革命が吹き荒れる中国で、日本人の出自であるが故に、それこそ、死線をいくつもかいくぐらなければならない苦難の道を歩むことになります。

特に、中国人の養父・養母によって、苦心して大学まで出してもらったものの、出自が日本人であるということで、強制収容所送りになる展開のすさまじさ。

カンボジアにおいて、ポルポト派が、自国の知識人を全て強制収容所送りや虐殺して、国をボロボロにしたという悪夢がありましたが、本書を読むと文化大革命もその状況にかなり似たような状況だったようです。
毛沢東死後、文化大革命は終結し、その後の指導者によって、「文化大革命によって、中国の発展は30年遅れた」と、文化大革命は痛烈に批判されることになりますが、知識や技術を持つ人を抹殺しようという発想自体が不可解でしかありません。

本書で描かれる強制収容所の様子や、些細な理由から突如としてつるし上げが行われ苛烈な懲罰が加えられるなど、理屈が通らない世界ほど恐ろしいものはありません。
本書では、文化大革命の状況は、一つの大きな山場となっています。



【日中合作の製鉄所建設プロジェクト】

文化大革命が終わり、陸一心は、養父の命がけの働きかけにより、強制収容所から解放され、日中合同による製鉄所建設プロジェクトに携わることになります。

山崎さんが、色々取材しているなぁと感じたことの一つに、日本の製鉄所の様子を描いた1シーン。
「環境規制で、敷地の20パーセントを緑化することが義務づけられている工場であるから、グリーンベルトが多く、しかも煙が殆ど出ていない。」

この記述、今もある日本の工場に規制を掛けている法律、工場立地法に関するものです。
以前、仕事で工場立地法について調べたことがあるので、こんなところまで調べて書いているんだと、びっくりするやら、自分が知っている法律が出てきてうれしい(?)やら。

製鉄所建設プロジェクトは、日中間の考え方の相違、それこそ交渉術から仕事の考え方、情報の扱い方、責任の取り方まで大きく違い、そのぶつかり合いが見所になっています。

特に興味深かったのが、製品品質に関する考え方。
中国側の方が適当なのかと思いきや、中国は製品に錆一つあっても不良品扱いするのに対し、日本は、機能面に問題ないのでそこまで追求する必要はないとの主張。
中国側の主張が無意味に厳しすぎるのではと思う反面、日本の製造業の品質の良さは、細かなところまで気を配っている点にあったのではないかと思うと、日本側の方が少々ルーズで、複雑なところでした。

また、製鉄所建設プロジェクトが、中国側の権力争いの具に利用されたり、純粋な経済活動であるはずの話が、政治に翻弄される当たりも、中国らしいなぁと思うところでした。

本作、文化大革命の嵐から、日中の文化や考え方の違い、中国内の権力闘争まで幅広いテーマが綿密に描かれており、日本と中国の関係を知る上でも非常に面白い作品でした。




===================
【『大地の子』より】
一体、あの日本人たちの精神構造は、どのように成りたっているのだろうか。曾て武力を以て中国大陸を侵略し、無辜の人民まで殺戮しておきながら、国交回復では、『遺憾』という曖昧な表現で、過去の罪業を詫びたのみであった。

(書き出し)
北京の空は、紺青に澄みわたり、秋の陽が眩く地面を照しつけている。

(結び)
一心は、父の胸中を察しつつも、固く口を閉ざした。船は、滔々たる長江を下って行った。
===================


【書籍:自伝】 ダライ・ラマ自伝

【評価】★★★☆☆

darairama.jpg
著者:ダライ・ラマ
出版:文藝春秋



【ダライ・ラマとは】

ダライ・ラマというと、チベット仏教の最高指導者で、ダライ・ラマが亡くなると、転生した幼子を探しだし、次のダライ・ラマに任命される、そして現在は、チベットの中国からの独立のため、国外で亡命政権を樹立していて、それらの活動が評価されノーベル平和賞をもらった、というくらいの知識しかありません。
ちなみに、この間、亡くなったんだっけ、なんて思って、ネットで検索したら、健在でした(汗)。

自分に関わりが少ないと、どうしても生きてるか亡くなってるかすら定かではなくなってしまうわけで、たまに、こうやって本を読むと興味がわいて、少しは調べてみようという気にもなるので、本を読むことに一定の意味があるなぁと思います(弁明)。



【驚くべき政治指導者の選出方法】

ダライ・ラマは、亡くなったダライ・ラマが転生した人(と認定された人)がその地位に就くという話は聞いていましたが、本書を読むと、ダライ・ラマだけでなく、その他の高僧の転生者も何人も認定されて、チベット仏教における高い地位に就いているという話も本書には出てきます。
チベット仏教では、転生という仕組み(?)が浸透していて、転生者を探す方法などもしっかり決められていて、なんだか、すごいなぁと思います。

何せ、転生した人が、チベット仏教の高い地位に就き、更には、チベットの政治指導者の立場にも就くわけなので、政治指導者を選ぶ方法が、世襲でも投票でもない、まったく予想だにしない第三の方法(?)があるのだなぁということに、驚きを感じたのでした。



【対中国に対する姿勢】

ダライ・ラマと言えば、チベット独立運動であるわけですが、戦後、中国がチベットを占領した経緯、ダライ・ラマがインドに亡命して亡命政権を樹立した流れなども理解することができます。

ちょっと意外だったのは、ダライ・ラマが、中国に対して妥協的な姿勢に感じられる点。
独立を目指すというよりは、チベットに対する中国の支配をまっとうなものにしたいという意志の方が強く、中国支配は容認しているのかなぁとも思われます。

中国の指導者、毛沢東などに対する評価もかなり好意的で、政治的手腕や人間性などを高く買っている記述もちらほらあり、かなり不思議な印象を持ちました。

本書に書かれている中国によるチベット占領は、完全に独立国を中国が占領してしまったもので、チベットが独立を主張する正統性はもっともに思われますが、ダライ・ラマは、その点は、さほど拘泥せず、戦争や争い回避の中で、チベット民族が安定して生活できれば良いという考え方が強いように思いました。

この点は、仏教徒としての思想が非常に色濃いため、声高に独立を主張して争いを引き起こすことを避けたいという思いがあるのかもしれません。独立という点から考えると、ちょっと妥協的過ぎるのかなぁと感じる点で、チベット国内の独立派とは相容れない部分が多いような感じもします。

中国は、香港の問題で揺れていますが、ダライ・ラマの中国容認の考えがチベット独立派に受け入れられていなければ、その火はチベットにも飛び火するやもしれません。



=====================================
【『ダライ・ラマ自伝』より】
寛容を学ぶことのほうが、石を拾い、怒りの対象にぶっつけるよりはるかに有益である。

(書き出し)
1959年3月31日、チベットを脱出して以来今日まで、わたしはインドに亡命している。

(結び)
せかいが苦しみに耐え
生類が苦しみつづけているかぎり
この世の苦痛を取り除くために
願わくはわたしもまたそれまで
共にとどまらんことを
=====================================



[ 2019/12/02 00:00 ] その他ルポ | TrackBack(0) | Comment(0)

【書籍:歴史】 天翔ける女

【評価】★★★★☆

tenkakeru_onna.jpg
著者:白石一郎
出版:文藝春秋



【まさかの実在人物-大浦慶】

幕末に長崎で、外国と茶葉貿易を初めて行った女性を主人公とした作品。
てっきり、創作かなと思ったら、実在の人物。大浦慶という女性。

何せ、没落した油販売の家業から、長崎に出入りする外国商人に日本茶を売ることを思い立ち、当時、茶葉をヨーロッパに輸出する本場である上海の状況を知るため、上海への密航まで行い、長崎で茶葉輸出と言えば大浦慶と言われるまでの大商人になるという、てっきりフィクションとしか思えない人生行路なのですから。

これが男性だったら、「実在の人物かぁ」と感心するくらいだったかもしれませんが、幕末という、女性が活躍するには非常に制限のあった時代で、これだけのことをした女性がいたというから、事実は小説より奇なり。小説以上に小説みたいな話です。



【茶葉を巡る国際貿易】

主人公の大浦慶、茶葉の輸出商人として大成功しますが、他方で、激動の幕末。尊皇攘夷の志士たちとも交流を深め、まだ海のものとも山のものともしれない志士たちを食客として養ったり支援することで、裏から、明治維新を支える役割も担っています。

交流のあった中には、坂本龍馬率いる亀山社中の面々もおり、商売っ気のある坂本龍馬と交流があったというのも面白いところです。

茶葉を通じて、当時の国際貿易の様子を知ることができるのも本書の面白いところであり、大浦慶は、日本茶を中国で生産するのと同じ釜入り製法で、おそらくウーロン茶に近いような茶葉を生産し、中国がアヘン戦争で敗れ、供給能力を失った間隙を突いて、商売を伸ばすことに成功します。
しかし、その後、インドで大量に安い茶葉の生産が行われるようになると、価格競争に勝てなくなり、商売は衰退してしまいます。

なんだか、近年、製造業が、日本から韓国・中国、ベトナムや東南アジアへ中心が移っていった歴史と近似する話で、商売の栄枯盛衰は今も昔も変わらないように思われます。



【成功体験から失敗へ】

晩年、大浦慶は、茶葉の商売が衰退し、さらには、志士たちとの交友で商売で稼いだ金を散財してしまった上に、詐欺にひっかかったりして、茶葉輸出の大商人という面目を失ったまま、亡くなってしまいます。

葬儀には、幕末に世話になり、明治政府では大出世し高官となった政府要人たちが多く駆けつけたそうで、人生、トータルすると、やはり人を支援したり、助けたりすることは、自分にとって大きな財産を残してくれるもののようです。

ただ、晩年の没落を見るにつけ、成功することよりも、それを維持することの難しさが感じられます。
特に、大成功すると、その成功体験にとらわれ、それが原因で失敗に至るというのは、ビジネスの世界では、ダイエーの中内功を思い起こさせますし、歴史的には、旧日本軍の歴史なども想起させます。



==========================
【『天翔ける女』より】
これは賭けなのだ。賭けである以上、勝つとは限らない。

(書き出し)
場所がらに似合わぬ華やいだ挨拶の声をかけて、その女は長崎会所の払方の詰所に入ってきた。

(結び)
いまでは輸出茶から年々しめ出されてゆく九州の黒茶を、お慶はこんどは冥土で売り込むつもりだったのかもしれない。
==========================

[ 2019/12/01 09:57 ] 歴史 | TrackBack(0) | Comment(0)
ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
239位
[サブジャンル]: レビュー
121位
カレンダー