FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2019 01123456789101112131415161718192021222324252627282019 03

【邦画:ホラー】 口裂け女 vs メリーさん2

【評価】★☆☆☆☆

kuchisake_mery.jpg 
2017年/日本
監督:工藤渉
主演:高城亜樹

ホラー映画で対決物と言えば、Z級駄作の可能性大というのは相場が決まっていますが、ついつい怖い物見たさで借りてしまうんですよね。無駄な時間があるほど贅沢と言えるわけですし、贅沢を味わうためにレンタル(強引な理屈付け・・・)

【ストーリー】
====================
謎の連続怪死事件の真相を探っている事件記者の主人公。
事件の真相に近づいた結果、口裂け女とメリーさんの2大都市伝説妖怪に命を狙われる羽目になってしまう。
助かるため、口裂け女とメリーさんの正体を探ると、この2人の妖怪は、一人の男を奪い合って死んでしまった姉妹が妖怪へと転生したという事実に行き当たる。
そして、その男はまだ生きており、その男を巡って、口裂け女とメリーさんが直接対決し、口裂け女が勝利するのだった。
そして、勝ち残った口裂け女は、不実な男を殺し、復讐も果たし終えるのだった。
しかし、その怨念は、主人公に乗り移り、主人公が口裂け女へと変貌してしまうのだった(完)。
====================


【姉妹対決】

VSシリーズ、今回は、口裂け女とメリーさんの対決。
2大妖怪が直接対決する理由が、またすごかった。

口裂け女とメリーさん、実は姉妹で、一人の男を巡って争うという構図。
色々とVSシリーズ見てきましたが、このアイディアは初かなぁ。

斬新でも、それがナイスアイディアなのかは別ですけどね(笑)。



【超能力 VS カマ】

どのVSシリーズでも、展開はだいたい同じで、主人公が事件に巻き込まれたりして、調べていくうちに、もう一つの妖怪にも狙われてしまい、妖怪同士が直接対決する展開。

本作も、だいたい同じですが、調査協力に、口裂け女とメリーさんが奪いあった男が絡んできてしまうことで、男を巡って、口裂け女とメリーさんの戦いが再燃することになります。

メリーさんは、超能力を使って人を操縦できる(ただし、1度に1人しか操縦できない)一方、口裂け女はカマを振り回すだけなので、戦前の下馬評では、断然、メリーさん有利といったところでしょうか。



【口裂け女の勝利】

幽霊(妖怪)なのに、物理攻撃でダメージを喰らう辺りは、大いに疑義があるところで、一緒に見ていた妻も「怨霊なのに、なんで、物理攻撃がきくわけ!?」と疑念の声を発していましたが、まぁ、厳密さを求めてもしょうがないので、多めに見るとしましょう。

対決では、やはり超能力を使えるメリーさんが優勢で、口裂け女がカマで攻撃を仕掛けるも、その腕を超能力で止められ攻撃は届かず、むしろ、自分のカマで自分の体を切りつけさせられてしまい、口裂け女、大いに苦戦します。

こりゃあ、メリーさんの勝利かなと思いきや、メリーさんの超能力を打ち破って、カマで一撃を喰らわせることに成功。そのまま、カマで切りつけメリーさんを倒す口裂け女なのでした。

まぁ、妖怪だから、超能力もなんのそのってところなんでしょうか。

とりあえず、口裂け女とメリーさんでは、口裂け女が強いということが分かって、めでたしでした(投げやりな感想だ(笑))。

関連記事
スポンサーサイト

【邦画:ホラー】 口裂け女vsカシマさん2

【評価】★☆☆☆☆

kuchisake_kashima2.jpg 
2018年/日本
監督:沖田光
主演:冨手麻妙

vsシリーズ、内容的には駄作の可能性が非常に高いのですが、つい、どっちが強いか知りたくて借りちゃうんですよね。借りてくると、妻からは強烈なクレームの嵐が(笑)。

【ストーリー】
=======================
妹が行方不明になってしまったため、その消息を探る主人公。
行方を探すうちに、どうも口裂け女が関わっているのではないかという事実に突き当たり、主人公自身も口裂け女に狙われるはめに陥る。
さらに、町には、妖怪かしまさんによる被害も発生しており、主人公は、どういうわけか、かしまさんにも狙われてしまう。
妹の消息を探すのを助けてくれている男性に相談したところ、口裂け女とかしまさんをぶつけて退治してしまおうという作戦を実行することになる。
作戦を実行したところ、主人公は、自分が子供の頃、母親が幼い妹を虐待の末、殺して自殺した記憶を呼び覚まし、口裂け女は母親であることに気づく。更に、自分自身も、恋人の男性に線路に突き飛ばされ、かしまさんに変化してしまっていたことに気づく。
口裂け女は、さらに、恋人の男性に乗り移り、かしまさんとなった主人公は、口裂け女に襲い掛かるのだった(完)。
=======================



【ゴールデンラズベリー賞】

妻も本作品を一緒に見ましたが、鑑賞後の感想、「歴代史上、もっとも酷い作品じゃない!?」
我が家のゴールデンラズベリー賞、でちゃいました(笑)。

まぁ、その評価も分かります。
何せ、序盤、中盤は見どころがない上に(これは、多くの映画でもある話ですが)、終盤、支離滅裂なストーリーで、意味不明な結末になるという展開で、映画としての体をなしていない点、史上最悪の呼び声も仕方がなかったかと・・・。



【「貞子vs加耶子」の影響】

映画は、主人公が行方不明になった妹を探すうちに、妹の失踪に口裂け女の関与が明らかになり、さらに、なぜか、かしまさんまで登場してきて、主人公が、口裂け女とかしまさんの両方から命を狙われるという展開に。

打開策として、口裂け女とかしまさんの両方をかみ合わせて、二人とも相打ちさせようと目論みます。
この打開策は、映画「貞子vs加耶子」そのまんまですな。
こんなところでも、「リング」(貞子)、「呪怨」(加耶子)の影響力が及んでいるとは。
Jホラーの金字塔、「リング」、「呪怨」の偉大さを感じさせます。



【フェルマーの最終定理なのか?】

とりあえず、この辺りの展開は、普通のC級映画並みの展開でしたが、その後が総崩れ。
実は、口裂け女の正体は、主人公の母親で、かしまさんは、主人公自身だったという急展開。

この辺りのロジックは・・・おそらく理解できるのは、世界で3人くらいしかいなさそう(笑)。
以前、数学の難問フェルマーの最終定理が証明され、世界中で話題になりましたが、「その証明の内容は世界でも数人しか理解できないでしょう」なんていうことが言われていたことを思い出させます。

ある種、フェルマーの最終定理にも通ずる、映画の展開なのであります(フェルマーの最終定理に対して失礼な発言だ(笑))。

映画の終盤、完全に崩壊してしまっていますが、おそらく、「貞子vs加耶子」のパクリ展開では面白くないと思って、一ひねり、二ひねりしようとして、総崩れしてしまったんだろうなぁ。
チャレンジ精神は買うものの、見事な失敗事例な作品になってしまいました・・・。

関連記事

【洋画:ホラー】 都市伝説:長身の怪人

【評価】★★☆☆☆

long_man.jpg 
2015年/アメリカ
監督:ジェームズ・モラン
主演:アレクサンドラ・ブレッケンリッジ

洋画のホラーにしては珍しい「都市伝説」なんていう言葉がタイトルに入った作品。こんなタイトル、邦画ホラーしかないんじゃないかと思っていたので、物珍しさもあってレンタル。

【ストーリー】
======================
テレビカメラマンを仕事にする主人公は、ある日、テレビの仕事で、忽然と消息を絶ってしまった家族の取材を行う。
取材を進めるうちに、その家族が謎の人物にストーキングされ、さらに、その人物は、カメラの中にしか映らないという謎があることを突き止める。
家族がどうなったか取材を進めるうちに、その謎の人物は、主人公と取材チームの周辺にも出現、やはり、現実には見えないものの、カメラを通すとその存在が見えるという事態が生じる。
恐怖を感じた主人公たちは、その謎の人物が自分の周辺に現れていないか感知するため、常にカメラを回し続けるとともに、家族の消息を探ることで、この事がどのような事態につながるかを探ろうとする。
家族は、恐怖に耐えられず、家族間で殺し合いの末、一家が全滅するという経緯をたどっていた。主人公は、その事態に恐れをなし、殺し合いをするくらいならと自殺をするが、死んだ主人公の死体が動き出し、残った取材チームを殺戮、結局、主人公たちも全滅してしまったのだった(完)。
======================



【もう少しコンパクトだったら・・・】

全体的な感想としては、かなり間延びした作品だったなぁというもの。
展開が遅くて長いので、かなり退屈してしまうところがありました。
この半分くらいの長さに、コンパクトにまとめると良かった感じがします。

それから、あともう一点。「都市伝説:長身の怪人」って、絶対、原題はこんなタイトルじゃないですよね(笑)。
このタイトルで、ますます、怪しげなC級ホラー映画臭が漂う結果に。

内容も、都市伝説とか関係なかったですしね。



【存在感が薄い?】

内容は、ビデオカメラにしか映らない、謎の怪人(幽霊)の話。
この謎の怪人、ターゲットに定めた人のそばに現れ、その人の体にマークを付けるくらいで、後は、実害となるようなことは行いません。

ストーカーのように周辺をうろうろするので、非常にうざい気もしますが、肉眼では感知できず、ビデオカメラを通じてしか認識できないので、日常生活では、ほとんど気づかれにくいのではないか・・・。
気付いた人は、ビデオカメラで日常風景を移すのが趣味みたいなことがあって、それによって気づいたわけなので、この怪人の存在に気付けるのは、ごく一部の人のような気がします。

気付かぬ間に、体にマークを付ける・・・うーん、どことなく蚊と変わらないレベルの存在感(笑)。かなり、存在感の薄い幽霊(?)であります。



【実はネクロマンサーだった?】

この怪人のターゲットになった一家は、最終的に、ノイローゼ状態になって一家心中してしまいます。怪人の存在に気付かなければノイローゼにならなかっただろうと思うと、気にしないのが一番という気がします。

一方、主人公とそのお仲間も、怪人の存在を恐れて逃げ回り、最後は、主人公が追い詰められて自殺してしまうという結末。
人をノイローゼに追い込むのが怪人の得意技?

ただし、主人公たちの結末は、最初の一家とはちょっと違って、主人公が自殺した後、怪人がその死体を操って、残りの仲間を殺させてしまうという、驚愕の展開。

・・・怪人、すごい能力持ってるじゃん。死体を操れるって、ネクロマンサーみたいな存在なのでしょうか?
こんなすごい能力持っているんだったら、能力の出し惜しみをせず、映画の最初から、もうちょっと使って、映画に緊迫感を与えて欲しかったなぁ。

結局、怪人が能力を出し惜しみして、映画の中でほとんど活躍しなかった点が、映画全体が盛り上がりに欠けるものになってしまったかなあ・・・とつくづく、惜しいと思ってしまったのでした。



関連記事

【書籍:推理小説】 夢現 -日本推理作家協会70周年アンソロジー

【評価】★★★☆☆

dream_real.jpg 
著者:日本推理作家協会 編
出版:集英社文庫



【14編の短編集】

日本推理作家協会所属の作家の作品を集めた短編集。
推理小説の短編集かと思いきや、内容は、推理小説に限らない、バラエティーに富んだ内容となっています。
14編入っており、ジャンルは様々と言った印象です。



【各短編の紹介】

「防空壕」  江戸川乱歩
江戸川乱歩ぽい、背徳感、反社会的な雰囲気の作品。
太平洋戦争の時の空襲や焦土と化した東京に対し、高揚感を感じると言った記述は、現在に置き換えると、東日本大震災の津波の様子や死者の姿に興奮を覚える、といった感想を書いているようなものかもしれません。
今の日本で、こんなことを書いた日には、大炎上でしょうから、なかなか度胸のある表現ともいえそう。
内容は、関係を持った美女が、実はおばあさんだったと言う、日本の民話にありそうな滑稽話のような内容で、背徳感と話の展開のギャップがなんだかすごい作品。


「なぜ「星図」が開いていたか」 松本清張
自然死に見える死亡事故が実は殺人事件だったという、推理小説的な作品。
ささいな事実から、殺人事件にたどり着くという展開ですが、その思考展開は、シャーロックホームズ的な想像力といったところでしょうか。


「殺人演出」 島田一男
会社の社員寮で起きた密室殺人事件。氷を使ったトリックは、懐かしい。


「尾行」  佐野洋
尾行を頼まれた探偵が、殺人事件のアリバイ作りに利用されるという展開。人の入れ替え、成りすましという古典的なトリックが懐かしい。


「存在の痕跡」 三好徹
水難事故を装って恋人を殺害した男の犯行を暴くという内容。
トリックはあまりなく、一見関係のない2つの事件がつながるというのが見どころ。


「絞刑吏」  山村正夫
SF的な作品。人に乗り移れる男が、乗り移っている間に、自身が死んでしまい、元に戻れなくなるという展開。あまり、論理的な流れではないので、雰囲気を味わう作品。


「推理作家協会四十年」  中島河太郎
推理小説や作家の歴史など、興味のある人には面白いのかな?


「夜の腐臭」  生島治郎
自分の若い妻と男が交わるのを眺めて性的欲求を満たすおっさんの話。まぁ、のぞき趣味ですな。


「趣味を持つ女」  阿刀田高
これ、昔読んだことあるなぁト懐かしく読みました。
他人の葬式に出て、殺した男の体の一部を棺桶に紛れ込ませて、死体を処理しようとする女の話。死体隠ぺいには意外と良さそうな方法だなぁと思った記憶があります。


「生きている樹」  北方謙三
僻地であったおじいさんとハードボイルドな話をして心の交流を感じるも、じつは、そのおじいさん、全くの嘘っぱちを話していましたという、どことなく、身も蓋もない話。


「非常線」  逢坂剛
横領犯と銀行強盗、やくざのだまし合いといった内容。最後は、やくざの勝利。


「人喰い」  大沢在昌
女に、パトロンの男を殺すことを持ちかけられた若者。
女の言うことを聞くふりをして、女ごとパトロンを殺し、大金を手にするも、思わぬミスで、自分が犯人である痕跡を残してしまったという話。


「あるジーサンに線香を」  東野圭吾
「アルジャーノンに花束を」のパクリ作品じゃん!、と思ったら、それもそのはず、「アルジャーノンに花束を」のパロディー作品。
タイトルを見れば、「あるジーサンに線香を」と、パロディ作品であることが分かりますが、最初、全く、気づかなかった。一本取られたなぁ。


「入梅」 今野敏
警察小説。コンビニ強盗の正体を突き止める経過を、警察の組織を通じて描く作品。
警察という組織の空気や人間関係が感じられます。


=========================
【『夢現』中「防空壕」より】
人間というものは複雑に造られている。生まれながらにして反社会的な性質をも持っているんだね。それはタブーになっている。人間にはタブーというものが必要なんだ。

(書き出し)
君、ねむいかい?

(結び)
相手が美男だけにねえ、いよいよ気づかれては大変だと、そ知らぬ顔をするのに、それは、ひと苦労でございましたよ。オホホ・・・。
=========================



関連記事

【インド映画:歴史ファンタジー】 バーフバリ2 -王の凱旋

【評価】★★★★☆

bahubali_2.jpg 
2017年/インド
監督:S・S・ラージャマウリ
主演:プラバース

インドの歴史ファンタジー作品「バーフバリ」の続編。「バーフバリ」が完全に、次回に続くという、途中までの内容だったので続編を楽しみに待っていましたが、レンタルDVD屋に並んでいるのを発見、早速レンタル。

【ストーリー】
==================
バーフバリからの続き。
蛮族を打ち破り、王国の危機を救ったバーフバリは、次期王位継承者として指名される。
しかし、王妃を巡る問題で、国母と対立してしまったバーフバリは、王位継承者の地位をはく奪され、兄が王位を継承することになる。
王位継承者の地位をはく奪されたとはいえ、民衆からの人気は高く、王位の座に不安を抱いた兄は、バーフバリを宮廷から追放し、ついにはバーフバリを暗殺してしまう。
真相をしった国母は、バーフバリの幼子を王位継承者に指名しなおすが、兄は、国母を殺し、王国を簒奪するのだった。
その話を聞いた、青年となったバーフバリ2世は、王国を奪還すべく、兵を挙げるのだった。
バーフバリの再来として民衆の支持を受けたバーフバリ2世は、王宮に攻め寄せ、王位を簒奪して現国王と対決。現国王を倒し、王国を奪還するのだった(完)。
==================



【インド版ヘラクレス】

インドの王位継承をめぐる王国の物語。
主人公がめちゃくちゃ強靭で、ギリシャ神話に出てくるヘラクレスを彷彿とさせます。

ストーリーに類似性があるわけではないですが、ヒーロー性、戦士としての能力などがどことなく、ヘラクレスといった感じで、インド版ヘラクレスといった雰囲気を感じさせます。



【火牛の計!】

物語の主人公は、暴君を倒し奪われた王位を回復しようとするバーフバリ2世ではありますが、実際は、バーフバリの父、バーフバリ1世が物語の中心。
1作目も、バーフバリ1世の事績が中心に描かれ、2作目である今作も、3分の2くらいは、バーフバリ1世の物語が描かれています。

バーフバリ1世の物語が、なかなか面白いので、主人公がどうとか、まぁ、関係ないですけどね。

今作では、バーフバリ1世が嫁探しの旅に出て、ある小国で盗賊退治をするという展開。
バーフバリ1世、超肉体派ですが、戦いは、知恵を使って行うことが多いので、見ごたえがあります。
嫁探しの旅では、押し寄せる賊を、火牛の計にて撃退。
本家の火牛の計は、尻尾に松明を付けて、牛を暴走させるという策ですが、本作では、角に松明を付けるというアレンジになっていましたが、ビジュアル的には美しく、楽しめる展開でした。



【「少年ジャンプ」的な内容?】

後半は、本来の主人公である、バーフバリ2世が、王座を奪還すべく、宮城に攻め寄せるという展開。
堅固な宮城に攻めあぐねるバーフバリ2世に対し、「父と同じよう、頭を使うのだ!」と叱咤され、考えついた作戦が、木をしならせ、その反動で、兵士たちを、城壁を超えさせて城の中に突入する作戦。

・・・死ぬだろ(笑)。
頭を使った作戦というよりは、頑強な肉体を前提とした、体力任せの作戦のような気がする。
まぁ、面白いから良いですけどね。

この無茶な作戦が功を奏して、城への突入に成功したバーフバリ2世は、最後は、現国王と一騎打ちを制し、ついに王座を奪還。

現国王も、相当のつわもので、現国王とバーフバリ2世の戦いは、ギリシャ神話の英雄同士の戦いにも匹敵。

ほぼ不死身としか思えないキャラクター同士が、現実離れした作戦を駆使しつつ戦う構図は・・・「少年ジャンプ」系の漫画に近いものがあるかも。
頭では、「ありえない」、「そんなバカな」とは思いつつも、ついつい楽しんでしまいますね。

ということで、「少年ジャンプ」なんかに慣れ親しんだ人には、意外と楽しめる作品かなと思います。




関連記事
ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
116位
[サブジャンル]: レビュー
53位
カレンダー