FC2ブログ

読書と映画

読んだ本、見た映画について感想を書いています。
2020 031234567891011121314151617181920212223242526272829302020 05

【書籍:軍事】 兵士を見よ

【評価】★★★★☆

look_soldier.jpg
著者:杉山隆男
出版:新潮社


【救難ヘリのパイロット】

「兵士に聞け」の続編。
「兵士に聞け」では、陸海空の自衛隊を網羅的に取材されていましたが、本作は、航空自衛隊に焦点を当て取材がされています。
航空自衛隊と言うと、戦闘機パイロットがイメージされますが、戦闘機乗りだけでなく、救難ヘリのパイロットなども取り上げられており、航空自衛隊の活動の幅広さがうかがえます。

航空自衛隊の中における位置づけは、戦闘機のパイロットが最上位に位置し、救難ヘリのパイロットはかなり格下に考えられているそうで、戦闘機パイロットから救難ヘリのパイロットへの転向は、「F転」と呼ばれ、格落ち、都落ち的に捉えられているようです。
そのため、予算その他、色々な扱いが救難ヘリに対しては、手薄になっており、気の毒というか、寂しいというか。

ただし、救難ヘリの良い点(?)としては、戦闘機パイロットと異なり、実際の事故の救助であり、仕事の達成感は格段に大きい点。
戦争がない日本において、戦闘機パイロットの仕事に実戦がなく、訓練中心となっている点からすると、救難業務の良いところなのでしょう。



【戦闘機パイロットの訓練】

戦闘機パイロットにまつわる話として興味深かったのが、パイロットの技量を高めるため、パイロットの訓練を担当する部署がある点。
訓練の担当というのは、格闘戦の敵側パイロット役(具体的にはソ連空軍役)となり、訓練の相手をするという役割で、普段から、ソ連空軍に徹するため、オフィスにはソ連の国旗が掲げられ、貼り紙などもロシア語で書かれているという徹底ぶり。

そして、訓練を担当する教官は、凄腕揃いで、各航空隊にいるエースパイロットを一ひねりできるくらい、実力差があるそうで、相手に訓練を付けるには、やはり相当の実力差がないとできないということなのでしょう。

こういった訓練の方法は、米軍の訓練方法から導入されたそうで、米軍の訓練もベトナム戦争での戦訓から生まれたものだそう。
ベトナム戦争後半、アメリカ空軍が撃墜される割合が高くなり、敵機の撃墜数より自軍の撃墜数が上回る状況となったことから、その原因などが分析されました。
分析の結果は、十分な訓練を積んだベテランパイロットも訓練時間が少ない新米パイロットも、実戦を10回くぐり抜けると、撃墜割合が少なくなり、撃墜される率はベテランも新米も変わらないというもの。

当初は、訓練時間の足りない新米パイロットを投入したがために、撃墜される率が高まったと思われていたのですが、実は訓練時間はあまり関係なく、実戦に慣れているかどうかが、撃墜との関係が強いという結論で、訓練がほとんど効果を上げていないことがわかったわけです。

分析して、「今までの訓練は効果がなかった」と言い切ってしまう辺り、アメリカのすごさという感じがします。
そして、分析に基づいて生まれたのが、実戦形式の訓練で、これが自衛隊の訓練にまで活かされているというあたり、アメリカの強さの象徴のように感じます。



【戦闘機への体験搭乗】

著者は、パイロットへの取材だけでなく、実際に戦闘機にも体験搭乗をしており、その様子も非常に面白い内容です。
F15戦闘機の戦闘訓練に同乗したわけですが、同乗するには、耐圧訓練を受けることが必要。
訓練室で、気圧を徐々に減らされると、お腹が急激に張り出してきて、おならをして、お腹の空気を抜かないといけないなど、実際に体験した人でないと分からない面白い話もでています。
他にも何名も一緒に訓練を受けていたのですが、みんなで一斉に大きな音のおならをするなんていうのは、なかなかない体験です(笑)。

その他、酸素欠乏により身体(頭脳)機能の低下実験もあり、高度8000mレベルの気圧下で、数字を順番に書いていくだけなのに、きちんと書くことができなくなる、なんていう結果も、予想以上に身体への影響があるんだなぁと驚いた点でした。
まぁ、日常でも酒を飲むと前後不覚になる経験はたくさんしているので、同じようなものでしょうか(同じにするなって!)

こういう訓練の風景を読むだけでも、航空自衛隊の仕事というのは、普通の仕事からはだいぶ違うなぁというのが実感でき、自分が体験したことのない非日常的な業務を日常としている自衛隊が面白そうに感じられました。
私の場合は、非日常を味わうには、お酒を飲んで酩酊するくらいですが、これは時と場所によっては批難の対象なので、あまりしょっちゅう出来ないことが悩みですね(悩むな!)



===============================
【『兵士を見よ』より】
どんな組織でも、その組織にとってより重要とされる部分に金はつぎこまれていく。とすれば、槍の「穂先」と「柄」とでは金のかけ方が違ってきて当然なのだろう。

(書き出し)
その朝も、航空自衛隊のF15戦闘機パイロット、竹路昌修三佐は、出がけに十歳年下の妻の手で清めの塩をかけてもらった。

(結び)
唯一の気がかりは、四十代も折り返し点を過ぎた僕の体力が、彼らの強靭な歩みについてゆけるかということである。
===============================


関連記事
スポンサーサイト



[ 2020/04/07 00:00 ] 軍事 | TrackBack(0) | Comment(0)

【洋画:ファンタジー】 ザ・マミー -呪われた砂漠の王女

【評価】★★★☆☆

mummy_tom.jpg
2017年/アメリカ
監督:アレックス・カーツマン
主演:トム・クルーズ

「インディ・ジョーンズ」みたいな映画も結構好きなんだよね、との妻の一言により、テレビ放映された本作品を視聴。トム・クルーズ主演作品ですが、結構若いな、トム!

【ストーリー】
==========================
古代エジプトで、悪魔に魂を売り渡した罪で地下深くに封印された王女のミイラが偶然のきっかけで発掘された。しかし、王女のミイラは死んでおらず、人々の生気を吸い取り復活すると、更に悪魔を復活すべく、主人公に悪魔を乗り移らせようと画策するのだった。
超常的な存在を研究し、悪魔を封印するミッションを遂行する組織が、蘇った王女を捕らえるものの、王女の圧倒的パワーに抗しきれず、王女は脱走させてしまう。
そして、主人公の体に悪魔が乗り移るが、主人公は悪魔の意志を抑えつつ、その力を使って王女を倒すのだった。しかし、自身の体の中に人間と悪魔が拮抗する状態となった主人公は、その呪いを解くべき、世界を放浪するのだった(完)。
==========================



【トム、まだまだ現役】

トム・クルーズ主演作品とのことでしたが、トムも(←こうやって書くと知り合いのようである)だいぶ年を取っているよな、おそらく60歳は超えているんだろうと思いつつ観ましたが、思ったよりだいぶ若くびっくり。
かなり昔の作品だっけ?と思ったものの、2017年の作品ということで、比較的最近の作品。

映画を観た後、トムの年齢を調べてみましたが、まだ57歳くらいなんですね。映画撮影当時は、50代前半なので、まだ十分(?)若かった。
どうも、最近は、昔活躍していた俳優さんが、寄る年波でだいぶ老け込んでいることが多いので、てっきりトムもとおもっていたのですが、大いなる勘違いでした。
まだまだ、現役ですね。



【ジキル博士とハイド氏まで】

うちの妻が、「『インディ・ジョーンズ』っぽい作品、以外と好きなのよね」ということで一緒に視聴しましたが、うん、インディ・ジョーンズと言うには、2ランク、3ランク落ちる出来かなぁ。

悪魔と契約を交わした呪われた王女のミイラが現代に蘇って騒動を引き起こす(こう書くと、ドタバタ喜劇みたいな作品に思えてくる(笑))という展開。

蘇ったミイラ(じゃなくて王女か)に主人公は付け狙われ、その体に悪魔を降臨させられそうになるわけですが、そこに悪魔ハンター組織が絡んできて、更に、その組織のボスが、なぜか「ジキル博士とハイド氏」のジキル博士(ハイド氏)という設定だったり、なんだか不思議な設定です。

もっとも不思議なのが、蘇った王女の強さでしょうか。
あっさり、悪魔ハンター組織に捕まってしまうほど、「あれっ、弱くない?」と思ってしまうほどの強さかと思いきや、捕まった後は、鋼鉄の鎖を引きちぎり、重装備の兵士達を瞬殺する圧倒的強さを発揮。
映画のシナリオの都合と言えばそれまでですが、王女の強さがあまりにムラがあり過ぎて、もうちょっとなんとかして欲しかった。



【デビルマン誕生?】

最後は、呪われた王女により、その体に悪魔を降臨させられそうになる主人公。
それを拒否るかと思いきや、逆に、率先して悪魔を体に受入れ、その力をもって呪われた王女を倒すのでした。
悪魔のヒーロー誕生! って、デビルマン!?

悪魔を体に受け入れ呪われた体となった主人公ですが、悪魔に体を支配されないように、その呪いを解くため、世界各国を巡るのでした・・・と、明らかに2作目狙いの終わり方。

なんか、悪魔を体に受け入れると、悪魔によって世界が滅ぼされる的な内容だったのに、受け入れてみれば、そんな大層なことは起きず、せいぜい、主人公の身の上にちょっとした変化があったのみ。世の中、大げさに物を言う人、多いよなぁ・・・。

竜頭蛇尾(もともと竜頭で始まってないという突っ込みもありそうですが)で終わった感があり、妻も「なんか、だいぶ安っぽい」という感想。

「たしか、2作目があったような。TSUTAYAで見かけたような・・・。2作目は、悪魔になった主人公が活躍したりして」と、適当なことを言ったら(その時は、2作目があったと勘違いしてたんです・・・)、つまらないと言っていた妻が思った以上に食いつきがよく、「借りてきてよ」と言ったのにはびっくり。

「つまんなくても、一応、続編は気になるじゃん」ということでしたが、2作目存在説がガセネタであることが判明した瞬間、厳しく指弾され、うろ覚えの話を簡単に口にするもんじゃないな・・・というのが、この映画を観ての教訓だったのでした(映画の教訓ではないだろっ!)




関連記事

【TVドラマ:歴史】 陰陽師

【評価】★★★☆☆

onmyouji_tv.jpg
2020年/日本
監督:篠原哲雄
主演:佐々木蔵之介

妻の「絶対に観たい!」という強い希望により、一緒に視聴。
野村萬斎版の作品をイメージしてみましたが、だいぶ異なる印象。さてさて・・・。

【ストーリー】
=========================
平安時代中期、900年代後半の頃。
その頃、京の都では、怪異が起こっていた。
陰陽師・安倍晴明は怪異の原因について調査を進める中、全ての出来事が、20年前の平将門の乱に繋がっていることに気づく。
平将門に繋がる者が、鬼と化した将門を復活させんと、画策を行っていたのだった。
その陰謀を食い止めるべく奔走する晴明だったが、将門復活の呪いは成就してしまうのだった。
しかし、復活した将門と対決した晴明は、将門の怒りと悲しみを沈め、将門は人に戻ってあの世へと戻るのだった(完)。
=========================



【平安を舞台とした現代劇】

野村萬斎版の映画「陰陽師」を期待して見ると、だいぶ期待外れに感じてしまうかも。
なんか、雰囲気がそぐわないなぁ・・・と思うのですが、おそらく、本作は、話し方や所作、その他諸々が非常に現代風で、平安時代をテーマにした現代劇を見ている感じ。
その一方で、貴族の顔がおしろいで白塗りという、おそらく当時の風俗を再現したメイクなのでしょうが、明らかにバカ殿だし(苦笑:志村けんさん、ご冥福をお祈りします・・・)。

全体的にちぐはぐな感じが否めず、主役の佐々木蔵之介さんも頑張っているのですが、なんか違うなぁという印象が最後までぬぐえずじまいでした。



【ツンデレトークが・・・】

夢枕獏さんの原作「陰陽師」では、安倍晴明と源博雅の掛け合いが魅力の一つとなっている作品ですが、ちょっと間違えると、男同士でツンデレトークを交わすボーイズラブな雰囲気が出てしまう危険があります。
本作では、原作のやり取りが、なかなか忠実に再現されていましたが、どうしても、男同士でいちゃついているやばい雰囲気だった(笑)。
難しいよね-、そしてやっぱりそうなっちゃった。

晴明と博雅の会話は、よほど工夫しないと、そうなっちゃうよねぇという見本でした。
野村萬斎版では、ボーイズラブ的な雰囲気はなかったけどなぁ・・・。
演じ方によるのかなぁと、ちょっと気恥ずかしく見ておりました。



【誰が一番の適役だったかというと・・・】

ストーリーは、平将門の乱と絡んだ、歴史的に壮大なお話。
わりと面白い話だったなぁと思います。
人間一人、あの世から蘇らせても、世界が滅ぶとは思わないので、(例えば、現在にヒトラーを蘇らせたところで、さほどたいしたことはないのではと思うわけで・・・)平将門を蘇らそうと言う執着は、正直不思議ではありますが、ここはお話なので、平将門が蘇ったら大変なことになるという前提でドラマを見るのが正しい観賞のしかたでしょう。

ストーリーは、定番どおり、結局、平将門、一回蘇るものの、やっぱり、安倍晴明に倒されちゃうというもの。
鬼と化した平将門が、人間に戻って死んでいくという泣ける展開ですが、鬼の将門も人間の将門も、小汚いおっちゃんで変わらなかったのに、ちょっとびっくり(笑)。
人間に戻った時は、もうちょっとこぎれいになって欲しかった。

ちなみに、安倍晴明のライバル、芦屋道満は竹中直人が演じており、最初適役かなと思ったのですが、ちと、エネルギッシュ過ぎて、思ったほど適役ではなかった。怪しげな人間役には竹中直人かなと思ったのですが、意外と難しいもんです。

全体的に、みんな役がはまってなかったなぁと思いましたが、予想外に剛力彩芽の鬼女ぶりだけは、なかなかでした。ZOZOの前社長、前澤氏への怨みがうまく炸裂!?したわけではあるまいな・・・。


関連記事
[ 2020/04/05 03:15 ] 東洋史 | TrackBack(0) | Comment(0)

【書籍:軍事】 兵士に聞け

【評価】★★★★★

soldier_hear.jpg
著者:杉山隆男
出版:新潮文庫



【等身大の自衛隊】

昔、自衛隊に入隊しようと本気で思っていた頃があり、その頃にこの本も読んで結構影響受けたなぁと、ちょっと懐かしく思いながら読み返しました。懐かしくっていうか、若かりし頃の、少々厨二病的だった自分を思い出す感じで、どっちかというと気恥ずかしいかなと言う気分。

本書は、自衛隊で働く人々(いわゆる兵士ですかね)の等身大の姿を描きつつ、自衛隊という組織の実像を描き出した名著。
自衛隊に入隊した若者も多数取材しており、その中で、自衛隊に入隊した動機として、「自分を向上させるため、より厳しい環境に身を置いたら良いかと思って」と語る若者が出てきますが、わかるー、と思う自分がいます。
私が自衛隊に入ろうと思った動機にかなり近い考えなので。

妻に、昔、私が自衛隊に入ろうとした話がばれていて、時折、「昔、自衛隊に入ろうとしたんだよね(ニヤニヤ)。なんで?」と、話のネタにされることもあるのですが、「自分を向上させたかったから」という動機は恥ずかしくて言えないので、「いやぁ、当時、世界征服を考えていたんだよね(←もっとやばい人になっている)」と言ってごまかしてます。
しかし、この答えも弊害があり、シミュレーションゲームとかをちょっとやっていると、「あー、また、バーチャルな世界で世界征服とか企んでるよ!」などとからかわれてしまっています(苦笑)。



【待ったなしの本番では】

自衛隊は、事実上、軍隊であるわけですが、日本国憲法による制約のため軍隊という本質は隠され、そのためのゆがみというものが生じているようです。
組織自体が官僚化して、現場より組織内部のことが優先されがちになり、出世するのは、現場をよく知る人間ではなく、中央で紙のキャリアを重ねた人間だったりします。

又、本書では、著者が護衛艦の同乗取材の最中、偶然、遭難したヨットに遭遇し、護衛艦が救助を行う場面に立ち会うというまたとない機会に出会います。
しかし、救助では、救助に向かった救助艇が逆に遭難したヨットに絡まり、救助する側から、救助される側になるという、不手際となる結果に。
結局、近隣の他の護衛艦を呼び出して救助してもらう結果になります。

自衛官が、苦笑交じりに、「マニュアル通りの訓練ならきっちりできるけど、待ったなしの本番になるとたちまち右往左往して腰砕けになってしまう。」とつぶやいた言葉に象徴されるように、軍隊という本質を隠すため、実践を経験できない自衛隊という組織のもろさが露呈した結果のようでした。



【用意周到 一歩後退】

自衛隊には、陸上自衛隊・航空自衛隊・海上自衛隊がありますが、それぞれ組織の特徴を表す言葉があるそうです。陸上自衛隊は、「用意周到 一歩後退」、航空自衛隊は、「勇猛果敢 支離滅裂」、海上自衛隊は、「伝統墨守 唯我独尊」という言葉。

「自衛隊は紙で動く」と皮肉られるくらい、何事も書類を通さないと物事が動かない組織だそうですが、その中でも陸上自衛隊は、その傾向が非常に強く、慎重に慎重を重ねた上、結局物事が進まない組織ということで、「用意周到 一歩後退」という言葉が捧げられています。

戦前の日本軍は紙で動くどころか、勝手に暴走して制御がきかない組織だったので、その反省が陸上自衛隊に取り入れられているのでしょうが、軍隊が、「書類でがんじがらめ」というのも、いかがなものかなぁという感じもします。
どうも、日本人は生真面目なのか、両極端に走る傾向があります。

ただし、この本は、20年ほど前に書かれたものなので、自衛隊を巡る環境も、自衛隊自身も変化している野田と思います。それでも、今、読んでも、「確かに、組織ってこういうところあるよなぁ」と感じるのは、組織の有り様が進歩していないのか、そもそも、組織っていうのは変わらないということなのか・・・。



===============================
【『兵士に聞け』より】
自衛隊とは本にならない原稿を書きつづけるところ、という元将軍の比喩はミットのど真ん中めがけて投げ込まれた直球のストライクのようにすっぽり僕の中に収まった。

(書き出し)
自衛隊の建物には一つの特徴がある。

(結び)
彼の「カンボジア」は終わっても、あの半年の間、離れ離れの二人を結びつけていた、だから、あの半年の記憶がしみこんだ十二通の手紙は、いまも、そしてこれからも、ずっと二人のそばにある。
===============================


関連記事
[ 2020/03/24 00:00 ] 軍事 | TrackBack(0) | Comment(0)

【邦画:歴史】 真田幸村の謀略

【評価】★★★★★

yukimura_bouryaku.jpg
1979年/日本
監督:中島貞夫
主演:松方弘樹

先日、映画「風林火山」を観たら、この映画を観たくなってしまったのでレンタル。子供の頃、テレビ放映で観たことを覚えていますが、ラストシーンがすさまじく印象的だったのを覚えています。

【ストーリー】
=========================
関ヶ原の戦いで西軍についたため、家康により九度山蟄居となった真田昌幸・幸村親子。
真田昌幸は九度山蟄居となった後も家康の首を取ることに執念を燃やしていたが、その思いもむなしく病没。昌幸の意志を継ぎ、家康の首を取ることを誓う幸村は、江戸幕府に反感を持つ草の者達を集め、その準備を着々と整えるのだった。
そして、紀州にやってきた家康爆殺を企てるが失敗。この暗殺計画を大阪方の仕業になすりつけた家康は、これを口実に大阪討伐の軍を上げるのだった。
家康征伐の絶好の機会と、幸村は草の者達を引き連れ大阪城に入城。しかし、大阪方は、家康の策略にはまり、城の堀を埋め立てられ、防衛力を奪われた末、大阪城の主・豊臣秀頼は自刃して果てるのだった。
江戸に凱旋し油断する家康を、幸村は影武者とともに、襲撃。
大勢の影武者に翻弄され、家臣とはぐれた家康を、幸村はついに仕留めるのだった(完)。
=========================



【幸村と真田十勇士】

子供の頃、TVで見たことは覚えていますが、ラストシーンだけ、すごく印象に残っている作品。
今でも目をつぶると、この映画のラストシーンが・・・(しみじみ)。

映画のストーリーは、日本人にはおなじみ、真田幸村と真田十勇士の活躍を描いた内容。
昔は、真田十勇士って、そこそこ知られていましたが、今はあまり知る人も少なくなってきているかも。
まぁ、私の子供の頃でも、真田十勇士って、そんなに知られているヒーローというわけではなかったわけですが。



【仲間集めとサービスシーン】

序盤は、真田十勇士が集まるところが描かれ、正直、少々退屈。
黒沢明監督の「七人の侍」の影響なのか、仲間を集める場面が一つのストーリーとして描かれるのは日本の作品の特徴かも。映画だけでなく、「ワンピース」のような漫画でも、そういうシチュエーション、結構、多いですね。

後は、一昔前の日本映画に多い気がしますが、なんか、無駄に裸のシーンが出てきて、この作品もご多分に漏れず。時代劇「水戸黄門」で由美かおるの入浴シーンが、視聴者へのサービスシーンであると、冗談半分に語られるのは、一定の世代には定番の小話ではありますが、裸とか入浴とかがサービスシーンだと思っているあたりも、少々、時代の古さを感じさせはします(苦笑)。



【アナーキー幸村】

正直、序盤、中盤辺りまではまどろっこしいんですが、家康の首を狙うぞという展開になり始めてから、面白くなってきます。
初っぱなの作戦が、「フランキ砲」という大砲の視察にきた家康を、大砲の火薬に引火し、大砲ごと吹き飛ばしてしまえという、ぶっ飛んだ派手な大作戦。
もちろん、失敗するわけですが、これが、家康と豊臣方の大阪勢との手切れのきっかけになるという設定も、歴史の実話とうまく織り混ざっていて、なかなかに面白い。

更に、面白いのが、幸村の立ち位置。大阪の冬・夏の陣で大阪方に与するものの、大阪方への忠義立てなどは一切なく、目的は、家康の首をとることのみ。
さらに、「家康の首を取り、仮に豊臣が幕府を作るようなことがあれば、今度は、豊臣の首を取るだけ」と、かなりアナーキーな幸村。もう、たまらんです(笑)。

こういう設定なので、ラスト、幸村が家康を討ち果たす展開は、大阪城が落城し、豊臣家が滅亡した後の話という、豊臣家はどうでもよいという、思い切りぶり。いやぁ、いいです!

幸村の影武者10人と幸村本人が、家康を追い詰め、最後、幸村が家康の首を一刀両断!
家康の首は、種子島宇宙センターで打ち上げる「はやぶさ」の如く、上空高く吹っ飛んでいく。
子供の頃、印象に残っていたのは、まさにこのシーン。
大人になって再見でしたが、やっぱりいいです。この場面をみるためだけに、この映画(140分程度)を見る価値ありというものです。


関連記事
[ 2020/03/23 00:00 ] 東洋史 | TrackBack(0) | Comment(0)
ページ最上部へ

プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
212位
[サブジャンル]: レビュー
106位
カレンダー