プロフィール

kappa1973

Author:kappa1973
 
読んだ本と映画について、感想を書いていきたいと思います。
 
評価は5段階で・・・
★☆☆☆☆:焚書坑儒!
★★☆☆☆:時間の無駄
★★★☆☆:損はない
★★★★☆:良い作品!
★★★★★:殿堂入り!?

訪問者数
アクセスランキング
[ジャンル]: 映画
102位
[サブジャンル]: レビュー
39位
最新コメント
トラックバックリスト
ただいまの時間
カレンダー
FC2拍手ランキング
【記事の一覧】

紹介映画・DVDリスト     紹介書籍のリスト     紹介漫画のリスト

【洋画:ダンス映画】 ストンプ!
【評価】★★★☆☆

how_she_move.jpg
2007年/カナダ
監督:イアン・イクバル・ラシード
主演:ルティナ・ウエスリー


ここ最近、「ストンプ・ザ・ヤード」、「ストンプ・ザ・ヤード2」とストンプ関係の映画を見つづけてきた流れを受けて、本作をレンタル。
ずばり、そのまんまのタイトル!

【ストーリー】
======================

黒人の女子高生レイヤは、家庭の破綻から、通っていた名門私立高校の学費が払えなくなり、実家のあるスラム街に戻ってくることになった。
なんとか、名門私立高校への復帰をしたいと考えるレイヤは、奨学金試験を受けるが、試験の出来はよくなく、奨学金試験を通過できるか、非常に不安なところ。
そこで、かつて得意としていたダンス「ストンプ」の大会に出場し、優勝賞金を獲得し、そのお金で私立高校の学費に充てようと考える。
幼馴染のビショップが率いるストンプチームに紅一点で参加することにし、大会に向け、熱心に練習をするレイヤ。
しかし、大会前の腕慣らしの地元の大会で、レイヤが独断専行で勝手なダンスをしたことにより、ビショップたちとの間に亀裂が走り、レイヤは、ビショップたちのライバルチームに移籍してしまう。
全国大会では、レイヤの所属チームとビショップのチーム両者とも決勝戦に勝ち進む。
レイヤは、ビショップたちに行った仕打ちを反省し、謝罪し、決勝では、ビショップのチームに加わり、決勝戦を戦う。
レイヤ、ビショップのチームは見事優勝を果たす。
また、奨学金試験の結果も同じタイミングで返ってくるが、予想外にも見事試験を通過し、奨学金を受けることができるのだった(完)。

======================

【原題は「How She Move」】


最近、「ストンプ・ザ・ヤード」などのストンプ関係の映画を見ていたので、その流れでこの映画もレンタルしました。
しかし、借りるまでに、結構、躊躇しました。

なぜかというと、DVDのジャケットが、超ダサいです(笑)。
そして、タイトルもひねりなく、「ストンプ!」だし。
ジャケットのダサさと、タイトルのイモッぽさに、ダサい感のコンボ成立(笑)。
もうちょっと、なんとかならなかったのかと言いたい。

ちなみに、原題は「How She Move」とのことで、直訳すると「彼女の動き方」とでもなるのでしょうか。ダンスと生き様を掛けたタイトルのような気がします。
まだしも、原題そのままの方が、ダサい感じは薄れたかもしれない。



【叛服常無き女、レイラ!】


さて、ストーリーはというと、優等生の女子高生レイヤが、ストンプ(集団ダンス)を通じて、仲間との絆を築き上げるというものです。
こう書くと、非常に王道ストーリーなのですが、映画では、主人公レイヤと仲間の間には、優等生で野心家のエリートと、スラム街でくすぶる下層住民たちみたいな階級格差が見え隠れする上に、レイヤが利に敏く、その利によってあっちに走ったり、こっちに走ったりと、「お前は呂布か!」と突っ込みを入れたくなるほど、叛服常無しの状況。

友情ストーリーを描くにしては、この裏切り体質はまずいだろう(苦笑)。

この裏切りストーリーを概略すると、
レイラ:「学資のために大金が必要」
女友達:「ストンプ大会に出場して、優勝賞金を稼いだら?うちらのチーム、欠員出てるから、メンバーに加わったら?」

そこで、レイラは考えました。
「そのアイディア、ナイス!だけど、女性チームじゃ勝ち目ないから、男性チームを見つけて、そこに混じろう!」

レイラの発想は、大会で優勝できるか(金が手に入るか)が基準なので、友情とか手助けとか、義理人情とか一切無視して、勝利につながる道をシビアに選んで行くわけです。

この後も、幼馴染の男性チームに加わるも、レイラの独断専行でチームの輪を乱した上に、チームを抜けて、あろうことか、ライバルチームに参加。
さらに、決勝戦では、そのライバルチームを抜けて、再び、幼馴染の男性チームに再加入と、その裏切りの繰り返しは、かなり壮絶。

黒人、ダンス、スラム街というキーワードが揃うと、テーマに裏切りが入らざる得ないのでしょうか。
主人公の叛服常無しの行動が、どうも、ダンス映画にあるはずの爽やかさを吹き飛ばしてしまっているような・・・。



【裏切りの末のハッピーエンド】


ストーリーは、裏切りの連続で、どうにも後味の悪い感じが残りますが、ダンスシーンは、なかなか見ごたえがあります。
90分の中で、たっぷり、スタンプシーンが描かれており、最後のスタンプ大会の模様もたっぷり中継。

決勝戦に残る3チームだけでなく、他のチームのスタンプも描かれていて、これは楽しめます。
ラストは、レイラが裏切りに次ぐ裏切りで(笑)、最後に落ち着いた幼馴染のチームのスタンプ。
車を使った派手な演出のスタンプで、最後は、レイラのステップの一撃で、車のフロントガラスがパーンとはじけ飛ぶなんていう演出も盛り上がります。

この派手な演出で、見事優勝。
そして、当初の目的であった、奨学金試験もレイラは見事通過したことが分かり、全てがハッピーエンドに終わりました。

ハッピーエンド、いいんだけどね・・・。
だけど、裏切りの末のハッピーエンドってのは、はたしてどうなのよ?と、ちょっとモヤモヤするところも無きにしも非ず。





【その他のレビューブログ】
「ストンプ・ザ・ヤード」も見て、この作品も見たなんていう人も多いようです。
ストンプ、アメリカでは結構流行しているのでしょうか。
日本で言うところの、「ヨサコイ踊り」みたいなものかなぁ。
「ヨサコイ踊り」も集団ダンスで、色々なアレンジがあって、全国各地で大会が開かれているし、ストンプのアメリカでの位置づけにちょっと似てるのかもしれないですね。

映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)
http://ameblo.jp/pep-talk/entry-11294685755.html

つれづれ映画日記
http://blog.goo.ne.jp/moconie7/e/d21a82fe4ce6cdd15b1de1048f6a957b

潤改め 麗光 ~幸せの種をあなたに~
http://null-0.jugem.jp/?eid=1385

Kamitani79-メロンとバナナとブログ
http://www.kamitani79.com/2008/10/how-she-move.html

ぽんすけの日々
http://koporu.blog.so-net.ne.jp/2009-02-15

映画ベース
http://eigabase.puroya.jp/movie.php?ID=62460

アマゾン カスタマーレビュー
https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B001CSMGX8/ref=cm_cr_dp_see_all_summary?ie=UTF8&reviewerType=all_reviews&showViewpoints=1&sortBy=helpful

スポンサーサイト


音楽・ダンス | 【2017-03-16(Thu) 00:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

表示中の記事
  • 【洋画:ダンス映画】 ストンプ!
  • 2017年03月16日 (木)
  • 00時00分00秒
by AlphaWolfy
カテゴリ

openclose

ブログなどを(勝手に)紹介


紹介ブログの最新記事